■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ロレックス正規店販売店に聞いてみた!「購入規制導入後に買いやすくなったの?」「コロナウイルスの影響は?」

投稿日:2020/04/07 更新日:

| 正直、状況はほとんど変わってない |

さて、コロナウイルスの影響にて大きく相場の崩れたロレックス。

かなり価格(相場)が下がってきたこともあり、さらには購入規制が導入されてしばらく経過して正規店での入手が容易になってきたとも言われるため、「いっちょ何か買うか」と考えることに。

現在のところ購入を検討しているのは「エクスプローラー」「サブマリーナ(ノンデイト)」「ゴールドのデイトナ(エバーローズかイエローゴールド)」「サブマリーナのゴールド」のいずれか。

これらを正規店にて「定価」で狙うか、もしくはロレックス専門店(非正規)にてプレミア薄の価格にて買うか、ということになります。

まずはロレックスの正規店へ行ってみる

そこで訪れたのがロレックスの正規販売店。

何度かお世話になっているので、ぶっちゃけて「購入規制導入後の現状」を聞いてみたところ、スポーツモデル(スポロレ)入手難易度としては以前とさほど変わらない、との弁。

購入規制が導入され、事実上「ひとり一本」しか購入できなくなったわけですが、それによる変化は「スポーツモデルであればなんでもいい」と考える人が減り、(スポロレの在庫に遭遇しても)第一希望のモデルしか買わないという人が増えたということ。

朗報か悲報か!?デイトナはじめロレックスのスポーツモデルに対し正規販売店が11月から購入制限導入開始。なぜ導入されたのか、中古相場がどう変わるのかを考える

その意味では「買い占め」に遭わなくなったのでスポーツロレックスの浮動在庫が増えることになるものの、いかんせんロレックスマラソンを続ける人々、とにかくスポロレが欲しいという人が多すぎて「浮動在庫もすぐに売れる」ため、購入希望者が欲しいモデルに遭遇する確率は(購入規制前に比較して)変わっていないのが現実だそう。

ちなみにこの日、店頭にあったスポーツロレックスはヨットマスターIIのゴールドモデル、コスモグラフデイトナのホワイトゴールドモデルのみ。

いずれのスポーツモデル(エクスプローラー、GMTマスターII、サブマリーナ、デイトナなど)も月に数本は入荷するようですが、まずそれらを入手するのは今でも「無理」ということになりそうですね。

この状況でスポーツロレックスを購入しようとなると、ひたすらロレックスマラソンを続けるということになりますが、ぼくは正直ロレックスマニアでもなんでもないので、そこまでの情熱を割けないのもまた事実。

スポーツロレックスを定価で入手する方法は

このほかにスポーツロレックスを入手する方法としては、ブラックカードに入会し、パーソナルアシスタンスに(自分のかわりに)欲しいスポーツモデルの在庫を片っ端から探してもらうというものも。

ぼくは以前にこの方法でコスモグラフデイトナを入手していますが、時間があるときに「パーソナルアシスタンスに、”大阪市内のロレックス専門店に全部電話をかけ、指定したモデルの在庫を聞いてくれ”と依頼する」わけですね。

ただ、在庫があったとしても取り置きはできないので、在庫があったと連絡を受けたのちにすぐに該当店舗に行けるよう、大阪市の真ん中あたりに「バイクで待機」しておき、連絡があればバイクをぶっ飛ばしてそのロレックス正規販売店にまで買いにゆくということになります。

ちなみにブラックカードの年会費は25万円くらいかかるので(ぼくが入ったカード会社の場合)、「欲しいモデルのプレミア価格がそれ以下」であればまったく無意味(そのぶんのプレミアを払ってロレックスを購入した方がいい)。

そして当時はこの方法を活用すれば短期間で数本のスポーツロレックスを入手でき、そのうち何本かを売ればブラックカードの年会費を捻出できたのですが、今は購入規制のためにこの方法もできなくなっています(今はブラックカードを解約してある)。

そんなわけで、適度にロレックス正規販売店を回りながら在庫を探しつつ、同時にプレミア価格もやむなしで専門店から購入するかとも考えていて、やや当初からトーンが落ちてきている状態です。

ロレックスにまでコロナウイルスの影響は及ぶのか?

そしてちょっと気になったのが、ロレックスとコロナウイルスの影響。

実際のところ製造や入荷に影響あるの?と聞いてみたところ、今のところ「ない」。

製造や輸送、入荷も(コロナウイルス問題発生)以前と同じで、なんら影響は出ていないようですね。

ただ、今後の状況によっては製造に影響が出る可能性も否定できず、あくまでも「現時点では」という但し書き付き。

そして購入者、購入希望者が(コロナウイルスの影響で)減ったのかどうかを聞いてみると「まったく減ってない」。

これにはさすがロレックスと納得させられるよりほかなく、この状況を見る限りでは「ロレックスのスポーツモデルの相場が定価を割ることはないだろう」とも考えられます。

オメガ「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は大人気

そしてついでにオメガが発売したばかりの007とのコラボウォッチ、「シーマスター・ダイバー300M 007エディション」を見にオメガの正規販売店に。

実物を見るのははじめてになりますが、これはかなり魅力的な一本で(トロピカルブラウンのインデックスや、マット仕上げの文字盤は味がある)、現在購入を検討中でもあります。

今回の007とのコラボウォッチについては「限定」ではなく誰でも待てば買えるというのが特徴ではありますが、チタン(メッシュ)ブレスバージョンのほうはすでに国内在庫がなく「入荷待ち」。

ただしNOTOベルトの方は在庫があるので、まずはNATOベルトバージョンを購入し、のちにチタンベルトのみを購入する、という人もいるようですね。

オメガが007映画「ノー・タイム・トゥ・ダイ」で使用されるのと同じ腕時計”シーマスター ダイバー300M 007 エディション”を発表!今回は限定じゃなく通常販売モデル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5