>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】オレがトヨタ2000GTを現代に蘇らせる!カーデザイナーが新型トヨタ2000GTをデザイン

投稿日:2020/04/24 更新日:

| しかしオリジナルを超えるのは容易ではなかったようだ |

toyota-2000gt-2

さて、これまでにも「現代版ホンダCR-X」や「新型フェアレディZ」、「80スープラ風の新型スープラ」といったオリジナル作品を公開してきたカーデザイナーのスケッチモンキー氏。

今回はあの名車、トヨタ2000GTを現代風に手直ししたレンダリングを公開しています。

トヨタ2000GTは1967-1970年に生産されたトヨタのスポーツカーで、トヨタとヤマハとの共同開発によるもの(その意味ではレクサスLFAとの共通点がある)。

350台程度が国内仕様/海外仕様合わせて製造され、オープンの特別仕様車がボンドカー(「007は二度死ぬ/1967年」)として使用されたことでも有名ですね。

q2

2000GT発売時の価格は238万円ですが、これは当時の大卒初任給の価格が3万円以下であったことから推測し、現代の貨幣価値に換算すると2000万円くらいの価格設定だとされています。

現代版トヨタ2000GTはこうやって作る

まずこちらはベースとなる「当時の」トヨタ2000GT。

ジャガーE-Typeを彷彿とさせるデザインでもあり、1969年に登場したフェアレディZもまた「ジャガーE-Typeのデザイン的影響を受けた」クルマでもあるので(フェアレディZの生みの親でもある片山氏=Mr.Kが、デザイナーに対し、”こんなデザインにして”とジャガーE-Typeのミニカーを渡したという)、この時代のスポーツカーというと、ジャガーE-Typeがお手本だったのかもしれませんね。

toyota-2000gt

そしてスケッチモンキー氏は「ここを修正」というところをピックアップ。

フロント、サイド、リアを地面に近づけ、ホイールを大径化し、ランプやドアハンドルなどを現代風に直してゆくようですね。

q

そこでサクサクと不要なパーツを消去。

11

フロント、サイド、リアを調整し、ヘッドライトやドアミラーのポジションを調整。

10

ホイールも現代風に。

9

完成。

フロントにはエアダム風のスポイラー、サイドにもスポイラーが追加され、ウインドウモール類はブラックにペイントされ、ドアハンドルはフラッシュマウントに変更されています。

こうやって見ると、「そもそも他人の作品を修正するのがいかに難しいか」そして「やはりオリジナルを超えるのは難しいか」ということもわかります。

8

ぼくらとしては、「過去の名車のリバイバルを」と考えたりしますが、もとのデザイナーと違う人が手を加えた作品はもうオリジナルではなく、(自動車メーカーの)デザイナーもそれを理解しているために「安易にリバイバル」を行わず、新しいデザインを作成するのかもしれませんね。

7

ほかにはこんな「トヨタ2000GTリバイバル」も

なお、トヨタ2000GTは名車中の名車でもあり、そのために多くのデザイナーが挑戦するモチーフ。

過去にはこういった作品が公開されています。

トヨタ2000GTが現代に復活するとこうなる?クールでクリーンなレンダリングが公開

| トヨタ2000GTが復活するとこうなる | 韓国人デザイナー、李 奕霖氏が考えた「新型トヨタ2000GT」。かつてのトヨタ2000GT風要素をしっかりと残しながらも新型スープラの要素も取り入れるな ...

続きを見る

まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レンダリング9連発

定番のホンダNSX、S2000に加えてトヨタ2000GT、FT-1コンセプトも さて、続々公開される「もしも」系レンダリング。今日はホンダやトヨタなど、国産車のレンダリングを紹介したいと思います。上の ...

続きを見る

なお、トヨタGRスープラは「FT-1コンセプト」のデザインを踏襲していますが、FT-1自体は「フロントとサイドウインドウについて、2000GTを意識した」と公式見解を述べており、これもある意味では「2000GTのリバイバル」と言えるかもしれません。

FT1-2_W1920_H1012

VVIA:TheSketchMonkey, TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5