>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■その車関連のネタなど ■ニュース

母親にランボルギーニを買ってくれと頼んで拒否。3ドルだけを持って家のクルマを盗み、カリフォルニアのディーラーへと旅立った5歳の少年

投稿日:

| ただし5分後には警察に発見され、あえなく保護 |

45

アメリカにて、5歳の少年が母親にランボルギーニを買ってくれとせがみ、激しい議論の末にその願いが叶わず、「じゃあ自分で」と家のクルマのキーを持ち出してランボルギーニを買いに行った挙句、警察に保護されたという珍事件が発生。

これは米国ユタ州でのできごとで、ハイウェイパトロールが、15号線をゆっくりと(時速48キロくらい)、複数車線を移動しながら走行するSUVを目撃して車両を停止させたところ、運転していたのが5歳の少年だっとた、という顛末だそう。

走行したのはおよそ5分

そしてこの少年は自宅を出てからフリーウェイへと合流し、走行した時間は5分ほど。

しかし住宅地を抜けて高速道路へと乗っているため、事故もなく走っていたということになりますが、いったいどうやって運転を覚えたのかは気になるところ。

それ以前に、「よく前が見えたな」という驚きもあり、事故に至らなかったのはまさに僥倖だと言えそうです(もし警察の指示に従わず、停車せずに逃走していたら大惨事になっていたと思われる)。

ちなみに警察がこのクルマを止めてドアを開けた時の驚きは想像に難くありませんが、この時少年はシートの前方に座り、ギリギリでブレーキペダルに足が届くくらいだったといい、むしろ「座る」というよりは「立つ」に近い姿勢だった、とのこと。

その際に少年は非常に取り乱していた様子で(むしろ落ち着いていたら怖い)、泣きながら「カリフォルニアへランボルギーニを買いに行くところ」だと語ったと報道されています。

DSC03380

運転方法は「両親を見て覚えた」

警察が両親に連絡を取ったところでは、両親が少年に運転を教えたという事実はなく、「自分たち(両親)がクルマを運転するのを見て、その方法を覚えたのではないか」と語っているそうで、よほどのクルマ好きな少年なのかも(監督責任など、両親になんらかの罪が課せられる可能性が高いようだ)。

なお、保護された際に少年のポケットに入っていたのはわずか3ドルだとされ、おそらくは金銭の概念がまだない年齢だと思われるので、母親がランボルギーニを買ってくれないのも「お金が足りない」のではなく「意地悪をして買ってくれない」のだと考えたのかもしれませんね。

少年がランボルギーニディーラーの正確な位置を把握していたのかどうかはわかりませんが、もし無事に着いた時にどうなっていたのかもまた想像力を要求されるところでもあります。

海外では意外と同様の例がある

日本だとこういった例はあまり(というかほとんど)聞きませんが、欧米ではこれまでに何軒か報道されており、やはり5ー6歳の兄弟が家のクルマを盗んで深夜にマクドナルドへとハンバーガーを買いに行ったり、やはり6歳程度の少年がロシアにて「ジャガーを買いに」家のクルマを盗んで出かけたという案件も。

そして時々聞くのが「子供の頃に見たスーパーカーに衝撃を受け、それを買えるようになろうと努力し、ついにはスーパーカーオーナーとなった」という話。

子供の頃に父親と共にガソリンスタンドに行き、ランボルギーニ・カウンタックを偶然見かけ「どうしたらあんな車に乗れるようなれるのか」と父親に尋ね、「一生懸命働けばきっと買えるようになる」という父親の言葉の通り、それを成し遂げた人も実際に存在するので、今回の少年も「あと十数年後」にはなにかを成し遂げている可能性もありそうです。

子供のころカウンタックを見て衝撃を受けた少年がスーパーカーを購入するために起業→今ではフォードGT他多数を所有

フォードGTの納車を受けた、Andy Frisellaさんがその入手までの過程、そしてレビュー動画を公開。 上の画像がそのAndy Frisellaさんですが、イカツいタトゥーの入るマッチョマンです。 ...

続きを見る

VIA:Utah Highway Patrol

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■その車関連のネタなど, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5