>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】43万円で買ってきたスクラップから作り上げたフェアレディZのカスタムがスゴい!米ドリフトチャンプの愛車を見てみよう

投稿日:2020/05/06 更新日:

| まさかのGノーズ。ここまでのZ愛はなかなか見ることができない |

nissan-fairlady-z

米ドリフトチャンプ、クリス・フォースバーグ選手が自らカスタムしたS30フェアレディZが動画に登場。

同選手は350Zなどフェアレディにて競技に参戦することも多く、これまでにも何度かフェアレディZにて見事なドリフトを見せる動画も公開されていますね。

なお、今回のフェアレディZは、クリス・フォースバーグ選手が約43万円で購入してきたドンガラ、つまり何もついてないボディだけの状態から理想のクルマを作り上げたもので、彼自身の「お気に入り」だそう。

搭載されるエンジンはRB25DET

このS30フェアレディZに搭載されるのは純正のL型エンジンでも、GT-Rに積まれるRB26DETTでもなく、「RB25DET」。

このエンジンを選んだ理由は不明ですが、RB25DETは可変バルタイシステムを持つため低速トルクに優れており、かつブロックが鋳鉄であることから高い耐久性を持つことで知られ、高いブーストをかけること(とNOSの噴射)を前提にした選択なのかも。

z10

カバー類には美しくバフがかけられていますね。

インテーク(カーボン製)やタワーバーの仕上げも申し分なく、そのほかのパーツを見ても「とんでもなく」手間がかかっている模様。

z11

サイドから見ると、かなり車高が落ちていることがわかります。

z4

全体的に「一部の隙もないほど」手が入っているものの、クロームのドアハンドルやウインドウモール、そしてCピラー上の「Z」エンブレムなど、オリジナルへの敬意が感じられる仕上がりが”さすが”。

z12

フロントはなんと「Gノーズ」。

このGノーズはS30フェアレディZに北米仕様の2.4リッターエンジンを搭載した「240Z」系のひとつとして設定された「240ZG」に装着されたもの。

それまでのフェアレディZはフロントがスパッと切り落とされたような車両先端を持っていて、しかし空力を考慮してノーズを190ミリ延長したエアロパーツ、通称Gノーズが与えられています。※実際に最高速が10キロ伸びている

なお、この「G」は「グランド」を表し、しかし実際には「エロダイナ・ノーズ」が正式名称であるようですね。

フェアレディZは初代から北米での人気が高く、よって多くのカスタムやレストモッドが見られるものの、しかしこのGノーズは(おそらく)国内専用であったためか海外での「フェアレディZカスタム」には見られないモチーフ。

z2

ただ、クリス・フォースバーグ選手はさすが「Z使い」だけあってこれを取り入れたと考えられますが、これを見ても同選手の強いZ愛が感じられます。

そして「240ZG」に装着されていたのがリベット留めのオーバーフェンダー。

もちろん今回のカスタムでもちゃんと取り入れられていますね。

z5

ちなみにヘッドライト、テールランプともにLED。

z

リアにはディフューザー。

マットブラック、かつ目立たないように取り付けられているのも「さすが」。

6

テールにはダックテールスポイラーが装着されており、これももちろん240ZGに装着されていたもの。

z145

ホイールは日本車のチューンに欠かせないSSR、そしてブレーキシステムはウィルウッド。

z7

前後フェンダーにはブラックのストーンガード風アクセントが見られ、これは「カーボン製」。

フロントにストーンガード風パーツを装着するのはかなり珍しいと思います。

z9

そしてよく見ると前後オーバーフェンダーをつなぐ形でサイドウイングも装着。リアディフューザーもそうですが、ボディからフロートして見えるので「目立たない」構造を持っていて、おそらくはそういった視覚的効果を「狙った」のだと考えられ、クリス・フォースバーグ選手は相当に高いカスタムセンスを持っていると言えそう。

z3

インテリアも基本的にはオリジナルに即したもので、しかしゴールドのボディカラーにあわせてかベージュのアルカンターラ貼られます。

z8

海の向こうではZフェアレディZのカスタムがアツい

日本ではオリジナルで乗るのがツウだとされるS30フェアレディZですが、海の向こうではカスタム派も多数。

こちらの「元撃墜王」が所有していたとされるフェアレディZもかなりな手間がかけられています。

「ブラックデビル」として恐れられたドイツの撃墜王が乗っていたS30 フェアレディZ。死後にその自宅から出てきてカスタムされることに

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

続きを見る

「ワイルド・スピード」シリーズのハン役で知られるサン・カンもまたフェアレディZのファン。

「ワイルド・スピード」ハン役俳優の手がけたS30 フェアレディZが走る。「もうちょっとシートが下がれば」

この記事のもくじ1 | フェアレディZはアメリカでも大人気 |1.1 関連投稿:ワイルド・スピード「ハン」役俳優の手がけたZをジェイ・レノがチェック。ドライブに出かける動画1.2 関連投稿:ワイルド・ ...

続きを見る

そのほかにはスープラの2JZへとスワップされたフェアレディZも。

80スープラの2JZエンジンを移植した日産S30フェアレディZが登場!「悪魔のZ」ばりの600馬力、車体重量1,044キロ

| パワーウエイトレシオではフェラーリ、ランボルギーニを凌駕し、マクラーレン・セナに迫る | トヨタ・スープラ(80)に積まれる2JZエンジンを搭載するという日産フェアレディZ(S30)が登場。フェア ...

続きを見る

こちらもS30フェアレディZのカスタム、しかもカーボンボディ。

【動画】悪魔のZどころじゃない!朽ち果てた廃車から全身フルカーボンボディに生まれ変わったフェアレディZがカッコイイ!

この記事のもくじ1 | 納屋に収められたまま錆落ちてしまう運命だったフェアレディZが再び陽の目を見る |1.1 作業う内容は「フルレストア」以上1.2 フルカーボン・フェアレディZのインテリア、エンジ ...

続きを見る

VIA:Hoonigan AutoFocus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5