>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】ニュルにナゾのランボルギーニ・ウラカン登場!記録挑戦用の限定モデル、それとも・・・?

投稿日:

| その素性は全く不明 |

lamborghini-huracan-sto

ランボルギーニ・ウラカンのナゾ車両がニュルブルクリンクにて走行する姿が目撃に。

現在ウラカンには「ウラカンEVO」「ウラカンEVO RWD」、そしてそれぞれにクーペとオープンモデル(スパイダー)がラインアップされていますが、今後予定されるのが、”ペルフォルマンテ”に相当するハードコアモデルです。

このハードコアモデルについてはどういった仕様となるのかは不明ではあるものの、これまでの通例からして「ニュルブルクリンク最速」を狙う可能性が高く、相当にスパルタンなモデルとなるのは間違いなさそう。

ウラカンにはまだまだバリエーションが増加?

そして、ここ最近ウワサとなっているのが「超ハードコアなウラカン」。

この超ハードコアなウラカンにつき、ウラカンEVO世代の「ペルフォルマンテ(現段階では名称については不明)」に相当するモデルになるのか、それとも別のラインアップとなるのかはわかりませんが、もしかすると「ニュルブルクリンクのタイム更新用」としごくごく少量だけ生産されるモデルであり、ウラカンEVO「ペルフォルマンテ」とは別のモデルかもしれません。

そう考える理由としては、ニュルブルクリンクのタイムはウラカン・ペルフォルマンテの記録から7秒以上も短縮されており、このタイムを更新するのであれば、いかにチューンしたとしても”量産モデル”だと(性能や価格面での)限界があり、よってランボルギーニはウラカンEVO「ペルフォルマンテ」とは別に、完全なるサーキット志向モデル(一応公道の走行もできる)を出してくるのでは、と考えています。※ブガッティが最高速更新用にシロン・スーパースポーツ”300+”を発売したのと同じ手法

ニュルブルクリンクのランキング2020年最新版。992世代の911カレラSが55位に、TOP100に初のSUVとしてアウディRS Q8が登場

| ニュルブルクリンクのTOP100のうち1/4はポルシェが占めている | さて、ニュルブルクリンクにおけるラップタイムのランキングTOP100最新版。ここしばらくは大きな変動はなく、今回の変更といえ ...

続きを見る

そして、そのモデルこそが現在ウワサされている「ウラカンSTO」なんじゃないかと考えているのですが、今回の動画を見ると、(動画中で)走行しているのはウラカンSTOとはまた別のエアロパッケージを持つ”別モデル”のように見えます。

”ウラカンSTO”?レーシングカーばりのルックスを持つ謎のランボルギーニ試作車が目撃!このまま市販できるのか?

| 画像だと合法に登録できる範囲を超えているように思われる | ランボルギーニ・ウラカンの新バリエーション、「ウラカンSTO」と見られる画像がインスタグラムに登場。おそらくはテスト用のプロトタイプだと ...

続きを見る

ウラカンSTOとの相違はかなり大きく、フロントバンパー、サイドステップ、リアウイング、ルーフ上のシュノーケル、リアバンパー等で、要は「ぜんぜん違うクルマ」。

s

ウラカンSTOはプロトタイプから判断するに「市販モデルのウラカン」をベースにしているように見えるものの、今回のプロトタイプは市販モデルよりもレース用の「ウラカン・スーパートロフェオ」をベースとしているようにも。

ただ、ちょっと奇妙なのは、最新レーシングカーである「ウラカン・スーパートロフェオ”EVO”(下の画像)」とは異なる外観を持つこと。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-11

フロントバンパーやフロントフード、サイドステップ、リアフェンダー、シュノーケルといったところ、その他にも相違が見られます。

ランボルギーニの新しいスペシャルモデルはコイツだ。ウラカン・スーパートロフェオEVO登場

| スーパートロフェオが「EVO」になった | 昨日ティーザー動画が投下されたばかりの「ウラカン・エヴォ」ですが、正式名称「Lamborghini Huracan Super Trofeo EVO(ラ ...

続きを見る

s4

そしてむしろ近いのは、「EVO」になる前、つまり前期型の「ウラカン・スーパートロフェオ」。

DSC01321

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

|ワンメイクレース用の純粋な競技用車両 | ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション、ランボルギーニ・ウラカンLP620-2スーパートロフェオ。2014年8月18日、ペブルビーチにて公開。 この記事を ...

続きを見る

ただ、今回のプロトタイプは「ウラカン・スーパートロフェオ」とも異なるフロントバンパーを持っていて、最も近いのは「ウラカンGT3」かも。

lamborghini-huracan-gt3-001-1-1

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンGT3

| 耐久シリーズ参戦用のレーシングカー | ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション、「ランボルギーニ・ウラカンGT3」。2015年1月、ランボルギーニ本社にて公開。 ランボルギーニとダラーラとの共同 ...

続きを見る

まとめると、「今回ニュルブルクリンクを走っているウラカンのプロトタイプは、ひと世代前のウラカン・スーパートロフェオの外観を持ち、しかしフロントバンパーはウラカンGT3のもので、かつナンバープレートがついている」。

今回、この試作車が目撃されたのは一般車も走行できる日程であり、つまり「メーカー貸し切り」ではなく、かつこのクルマには何ら偽装がなく、そしてランボルギーニ・エンブレムも隠されていないところを見るに、もしかするとランボルギーニのテスト車両ではなく、「個人が先代のスーパートロフェオを登録し、ニュルブルクリンクに走りに来た」だけなのかもしれません。

s3

VIA: statesidesupercars - YouTube

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5