>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】「ポルシェが993を進化させていたら」がコンセプトのチューンドポルシェ、”400R”がついに納車開始。430馬力、-90kgが路上に解き放たれる

更新日:

| 完成するまでは3年、ここまでの道のりは平坦ではなかった |

さて、およそ3年前に、空冷時代のポルシェ911レストモッドへの参入を表明した「ガンサーワークス(Gunther Werks)」。

ジンガー・ビークル・デザインとは異なる路線で「ちょっとフューチャー」な雰囲気が入っているところがその特徴ですが、数々の試作を繰り返し、ようやく市販モデルのリリースができる状態となったようですね。

なお、3年前に発表された「400R」は文字通り400馬力を発生するまでチューンされた空冷フラットシックスを積んでいたものの、最新の400Rは(技術が進歩したのか)430馬力エンジンを搭載しています。

よくここまで企業の体力が保てたな

3年前のプロジェクトスタートから現在に至るまで市販モデルをリリースしていないということは「お金が入ってきていない」ということになり、しかしよくここまで会社を維持できたな、と感心する部分も。

ただ、アメリカは日本とは異なってベンチャーに対する投資家層が厚いため、なんとかここまで続けることができたのかもしれません。

なお、最初に公開されたバージョンの「400R」はこんなクルマ。

またすごいの出た。5800万円、限定25台のポルシェ993カスタム。妥協なしの「400R」

| 993世代の911はこれからどんどん価値を上げそうだ | ポルシェの新たなチューナーが登場。クラシックポルシェのチューン/カスタムというとジンガーが有名ですが、現在はジンガーのビジネスモデルを参考 ...

続きを見る

その後にはこういったカーボン製ボディを公開したりしていますね。

gunther-werks-porsche-911-993-carbon-fiber-body (1)

空冷ポルシェ911(993)用、フルカーボンボディ公開。完全レストアからのチューン「ガンサー400R」

| 空冷ポルシェのチューンに新星あらわる | 現在はジンガーはじめネオクラシック/クラシックポルシェのレストモッドが盛んですが、昨年993世代のポルシェ911カスタム”400R”を発表したことで話題に ...

続きを見る

市販モデルの「ガンサーワークス400R」はこんなクルマ

そしてこちらが市販モデルの400R。

かなり表面がツルっとしていますね。

コンセプトは「ポルシェが993をそのまま進化させていたら、こうなっていただろう」。

10

ヘッドライトはサークル状のデイタイムランニングランプつき。

この妙に未来的なルックスは、レンダリングアーティストにも影響を与えたようですね。

9

ポルシェ「993プロジェクト」登場!993世代の911をベースに935/RWBポルシェ風のエアロキットで武装

| ポルシェが自ら「993オマージュ」を作ってはくれないだろうか | レンダリングアーティスト、Matthew Parsons氏による「プロジェクト993」のレンダリング。これは993世代のポルシェ9 ...

続きを見る

ホイールはポルシェの「ターボホイール」をさらにダイナミックにツイストさせたようなデザイン。

サスペンションはワンオフ品が奢られ、いい具合に車高が落ちています。

11

リアにはけっこう大きなダックテール。

12

エンジンルームはこう。

エアクリーナー等、かなり精度の高い、そして美しい加工が施されていることがわかります。

ECUはもちろん専用で、トランスミッションは6速MT、そして2速と3速はノーマルよりもクロスさせている、とのこと。

8

ガンサー400Rのインテリアはこうなっている

そしてこちらはガンサーワークル400Rのインテリア。

スカッフプレートは美しいカーボン製で、25台限定であることを示すレターが入ります。

7

レトロとフューチャーがうまく同居したデザインを持っているようですね。

3

シフトノブもちょっとフューチャー。

ペダルやプレート、マットもなかなかいい雰囲気を出していると思います。

5

ステアリングホイールは非常にコンパクト、そして12時位置にはセンターマーク。

6

重めの色調と光沢を持つシルバーが内外装に使用されており、これが質感を高めているようにも思います。

雰囲気的にはちょっと「ジンガーDLS」に近いようですね。

4

ウイリアムズ製、500馬力の空冷エンジン搭載!芸術品のようなジンガー・ポルシェ911”DLS”がついに公開

| ついにウイリアムズ製エンジンを搭載したポルシェ911が完成 | ポルシェ911のレストア&カスタムで有名なジンガー(Singer)ビークル・デザインがついに「911DLS(Dynamics and ...

続きを見る

後部座席は取り払われ、カーボンファイバーのプレートへ。

内外装にカーボンファイバーを多用することで90キロのダイエットに成功している、とのこと。

2

動画では実際に試乗も行っていますが、そのサウンドはまさに刺激的。

1135kgの軽量な車体に対し、430馬力の自然吸気エンジン(しかも空冷)は十分すぎるパンチを持っており、相当に楽しい車であるようですね。

1

VIA:TheSmokingTire

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5