>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリの謎ニューモデルの試作車がSF90ストラダーレとランデヴー中!「V6+ハイブリッド」、そしてディーノの名が復活と言われるが?

投稿日:

| もっともコンパクト、そしてもっとも安価なミドシップモデルになると言われるが |

フェラーリは「新型ハイブリッドスポーツを開発中と伝えられていますが、今回はそのプロトタイプと思われる車両が目撃に。

なお、少し前にはフェラーリ関係者を名乗る人物が「488の上と下に位置するモデルを開発中」だと匿名にて掲示板へと書き込み、上はビッグブラザー、下はリトルブラザーと(社内で)呼ばれている、とリークしたことも。

そしておそらくビッグブラザーのほうはSF90ストラダーレとして実現されたのだと思われ、リトルブラザーのほうは今回目撃されたプロトタイプなのかもしれません。

このハイブリッドスポーツはフェラーリのミドシップ中「もっとも求めやすい」モデルに?

そしてこのリトルブラザーは488(現在だとF8)よりも小さく、そして価格も安めに設定されることになり、ミドシップスポーツレンジの「ボトム」を担当すると言われていますが、そのパワートレーンは「V6ツインターボを核にしたハイブリッド」説が有力です。

今回目撃されたプロトタイプは488GTBのボディを身に纏っているように見えるものの、いくつか相違もあり、たとえばリアフェンダー上のエアインテークは488GTBよりも巨大なサイズに。

エンジンがV6となると、F8に積まれるV8よりも小さく、おそらく排気量も小さいと思われるため、この「大きなエアインテーク」は吸気にせよ冷却にせよ、その理由がちょっと不明です。

4

そしてボディの前後左右にはハイブリッドを表すコーションマーク。

3

そしてインテークからペロンと垂れたワイヤー。

q

現時点ではこの新型ハイブリッドの発表時期やスペック、そして名称などは不明ではありますが、ネット上で根強い見方がビッグネーム「ディーノ」の復活。

もともと「ディーノ」はV12エンジンがメインだったフェラーリの顧客の裾野を広げるために企画された廉価版で、当時はもちろんフェラーリの「ボトム(ただしフェラーリブランドのイメージを毀損しないよう、当初はフェラーリの名を冠さずに展開された)」というポジション。

そして今回のニューモデルが「V6」であるとするならば、「2気筒マイナス分のエクスキューズ」としてディーノの名を用い、それによってフェラーリファンを納得させる可能性もありそうです。

なお、ポルシェはボクスター/ケイマンを6気筒から4気筒へとダウンサイジングするにあたり、かつての”4気筒エンジンを搭載した”レーシングカー「718」の名をリバイバルさせていますが、ちょうどそれと同じような感じですね。

VIA: Varryx / YouTube

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5