>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】いまだ謎多き超限定モデル「マクラーレン・セナLM」!その細部が動画にて公開される

投稿日:2020/06/29 更新日:

| マクラーレンはこのクルマについて詳細を語る気は無いようだ |

マクラーレンの「謎」限定モデル、セナLMの姿が動画にて公開に。

ちなみにマクラーレン自身はこのモデルについて何も語っておらず、しかし以前にマクラーレン正規ディーラー「マクラーレン・グラスゴー」がSNSへとその姿を投稿したことでようやく存在が明らかになったわけですね。

そしていまだマクラーレン本体がセナLMについて何も語っていないのは変わらず、しかし今回はニュージーランドのマクラーレン正規ディーラー、マクラーレン・オークランドが細部を紹介する動画を公開することに。

マクラーレンの最新ワンオフモデル?「セナ」をベースにした軽量スパルタンモデル「セナLM」が製造される模様

この記事のもくじ1 | すでにプロトタイプもマクラーレンの施設にて目撃済み |1.1 Fフェンダーのルーバーとフール状のシュノーケルは「ハイパフォーマンスモデルの証」1.2 過去にはこんな「LM」も1 ...

続きを見る

オーストラリア唯一のマクラーレン・セナLM

そしてこのセナLMはオーストラリア大陸でただ一台の個体だそうですが、どこかの地下にて撮影されているようですね。

7

そしてアンヴェール。

ボディカラーはいかにもマクラーレンな「パパイヤオレンジ」。

ちなみにマクラーレンのカンパニーカラーは”オレンジ”ですね。

22

「最初にオレンジを採用したマクラーレン」、1967年のM6Aをイメージしたエルヴァが公開。なぜ当時マクラーレンはオレンジを採用したのか?

この記事のもくじ1 | 実はマクラーレンのコーポレートカラーは”パパイヤオレンジ” |1.1 エルヴァは珍しくルーツを振り返ったクルマ1.2 1967年のM6Aは「はじめて」オレンジを採用したマクラー ...

続きを見る

セナLMのインスパイアもとはもちろんかの有名な「F1 LM」で、この5本スポークホイールはもっともF1 LMを連想させる部分です。

9

ウイングステーはかなり「ゴツい」構造を持っていますね。

8

テールパイプは4本出し。

以前にマクラーレン・グラスゴーが公開したセナLMのテールパイプとカラーはよく似ているものの、パイプの太さは若干異なるようです(グラスゴーの個体は太いパイプ2本、細いパイプ2本だった)。

11
マクラーレンがさらに新たな限定セナ「LM」追加!ディーラーがその姿を先行公開。エアロパッケージ変更の過激モデル

この記事のもくじ1 | 「GTR」「LM」はすでにアルティメットシリーズの定番に |1.1 マクラーレンは限定シリーズをどんどん拡大1.2 マクラーレン・セナLMはこんなクルマ1.3 この記事を読んだ ...

続きを見る

ウイング、そしてウイングステーやベース部はカーボンファイバー製。

1

フロントフェンダーは専用品で、ホイールハウス内の圧力を抜くルーバーつき。

213

ブレーキはレーススペック。

マクラーレンは曙ブレーキをずっと採用していて、しかし曙ブレーキは現在事業再生ADRにて現在再建中であり、今後マクラーレンがどうするのかは気になるところですね。

21

サイドには「LM」のロゴ。

グラスゴーの個体にはリアウイング翼端に「LM」のロゴがあったものの、この個体にはウイング翼端のロゴが無いようです。

4

セナLMは「セナGTR」をベースとして20台のみが製造されると言われますが、実際のところ限定台数やスペックなどは全く不明。

マクラーレンはこれまで限定車を逐一公開し、ワンオフモデルについてもそのほとんどを発表してきているだけに、これほど不明点の多いクルマも珍しい、と思います(マクラーレン688HSも謎多きクルマであったが)。

6

おそらくはこれから「いくつかは」今回のように動画が公開されたり、もしくは転売される個体が出てくると思われるものの、マクラーレン本体がこのクルマについて語ることはなさそうですね。

42

参照:Giltrap TV

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5