>フォード(FORD) ■ニュース

現存するのは世界に一台、「実際にル・マンを走ったフォードGT40”ロードスター”」。落札金額は10億円超えか

投稿日:2020/07/10 更新日:

| 近年のフォードGT40人気は凄まじい |

フォードが”フェラーリを打ち負かすため”にGT40を開発し、見事にその目的を果たした様子は映画「フォードVSフェラーリ」にて描かれていますが、今回はそのフォードGT40の珍しい「オープンモデル(ロードスター)」がオークションに登場する、というニュース。

これは7月10日から18日にかけて開催されるメカム・オークションに出展されるもので、落札価格が10億円に達する(もしくは超える)のではという予想もあるようですね。

現存するフォードGT40ロードスターはわずか二台

なお、このフォードGT40ロードスターは当時5台のみが試作車として英国のフォード・アドバンスト・ビークルによって製造され(クーペは7台が製造されている)、現存するGT40ロードスターはわずか2台のみ(残りはクラッシュによって廃車になったり、ルーフが追加されてクーペ化されている)。

「もっともレアな」フォードGT試作車が競売に登場、予想落札価格は10億円。打倒フェラーリのためにフォードが全精力をかけて開発したレーシングカー

| 自動車史上、これほど明確な目的のもと開発されたクルマも珍しい |  わずか5台のみ製造された「フォードGTロードスター」。今回、RMサザビーズが8月に開催するオークションにて出品すると発表していま ...

続きを見る

そのうちの1台はオリジナルコンディションのまま保存されていて、残る一台は今回オークションに出品される個体となりますが、これは「唯一ル・マンを実際に走ったGT40ロードスター」なのだそう。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (7)

ル・マンではモーリス・トランティグナン/ギ・リジェ組によってドライブされ、その後もいくつかのレースに参加し、レストアを受けたのちにフォードとキャロル・シェルビーによって買い取られ、1968年にはディーン・ジェフリー氏の手にわたっています。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (8)

そして2013年にはディーン・ジェフリー氏の息子であるダナ・メカム氏が購入することになりますが、その後に彼はル・マン出場時のスペックと外観へとレストアし、2016年の完成後にはペブルビーチ・コンクール・デレガンスへと出品しています(2位を獲得)。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (6)

なお、一般に「フォードGT40」と呼ばれるものの正式名称は「フォードGT」で、「40」はその車高が40インチだったたため(約1メートル)記者がそう呼び始めたのが定着したといいます。

GT40ロードスターのスペックは不明ではあるものの、GT40クーペだと搭載されるエンジンは7リッターV8、出力は458馬力、全長4293ミリ/全幅は1778ミリ、車体重量はわずか908kg。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (13)

見た感じだと完璧にレストアされており、まるで新車コンディション。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (3)

よくここまでレストアしたなという感じですね。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (2)

ホイールおよびホイールスピナーも新車同様。

映画「フォードVSフェラーリ」を見ていると、ハンマーでガンガンスピナーを叩いていて驚きましたが、どうやら「ハンマーでぶっ叩く」のが本当に正しい使用方法であるようです(全然知らなかったが、よくよく考えるとそれしか方法はない)。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (10)

コクピットには消化器。

映画を見ていると、消化器は非常に重要だということもわかり、文字通りの「必須」装備でもありますね。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (1)

カーナンバーは「15」。

おそらくル・マンに出場した際のゼッケンだと思われますが、現存する「もう一台の」フォードGT40ロードスターにはこのナンバーがなく、そしてストライプ両脇の細いラインがブルーであるなど、ちょっとづつの相違があるようですね。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (12)

メカム・オークションの予想では「最高で8億円ほど」と見られており、しかしここ最近のフォードGT40人気、そして近年の落札傾向から推測しても、やはり10億円を超えてもなんら不思議はなさそうです。

1965-ford-gt-competition-roadster-prototype-for-sale (11)

【競売】歴史上、最も高い価値を持つクルマのうち一台。1966年にル・マンでフェラーリを破ったフォードGT40が登場

| 1966年、フォードがはじめてフェラーリを破ったクルマ | 自動車の歴史上、「もっとも価値が高い」とされるクルマのうち一台が競売に登場予定。 これは「フォードGT40」となりますが、1966年にル ...

続きを見る

参照: Mecum Auctions

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フォード(FORD), ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5