>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレンP1のオーナーが「エレクトリックモード」での加速、HVモードでの加速を比較!モーターのみだと0-100km/h加速は10秒以上かかるようだ

投稿日:

| こんなレビューはオーナーでないと絶対にできない |

さて、3台のブガッティはじめ、数々のスーパーカーやハイパーカーを所有する北米のコレクター、マニー・コシュビン氏。

今回は6年間所有しているマクラーレンP1の加速、そしてピュアエレクトリック走行が可能な「Eモード」を紹介しています。

このマクラーレンP1はエレクトリックモーターを搭載するPHEVで、ガソリンエンジン(3.8リッターV8ツインターボ)は737PS、エレクトリックモーターは179PS、そしてシステム合計では916PSを発生。

マクラーレンP1の充電器は非常に高価

なお、マクラーレンP1にはこういった充電器がオプションで用意されており、「320万円くらい」するようですね。

ちなみにP1の充電はこの充電器経由、もしくはエンジン経由での発電のみ(回生ブレーキは装備されない)。

11

そして同氏はブガッティ・シロン・エルメスを所有していることでも知られていますね。

5

今回の動画では、このシロン・エルメスを移動させるサービスシーンも収録。

7

その後はマクラーレンP1で出動。

インテリアはかなり珍しい「ホワイト」で、この人はとにかくホワイトが好きなのかもしれません。

4

ガレージからP1を出すところ。

段差にて大きく車体が揺れており、相当に足回りが硬いということがわかります。

6

そしてまずはEモードでの走行。

動画では時速55km/h程度で走行していますが、これくらいの速度で「航続可能」なのは5キロ位、とのこと(公式には12.5キロくらいはエレクトリックモードで走ると言われている)。

8

その後はガソリンエンジンを始動させ、その加速を披露する準備。

2

静止画ではその速さが伝わらないものの、とにかくすごいスピード。

マニー・コシュビン氏いわくIPAS(アイパス)ボタンを作動させた状態とのことですが、このIPASとは「Instant Power Assist System」を指し、エレクトリックブーストをかける機能のようですね。

ちなみに同氏は「6年所有し、1,300kmくらい走行してはじめてこのボタンの存在を知った」「IPASボタンを押してからの加速はテスラも目じゃない(同氏はモデルXも所有している)」とも。

1

そのほか、同氏はEモードにて0-100km/h(0-60マイル)加速にも挑戦。

Eモードだと出力が大きく制限されるのか、なんと加速にかかったのは「10秒」。※ガソリンエンジン+IPASを使えば2.8秒以下で加速させることができる

9

参照:Manny Khoshbin

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5