>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >マセラティ(Maserati) ■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

【動画】身長2.2メートルだと車に乗るにもこんな苦労がある!フォード・マスタングやシボレー・コルベットを買いに行ってみた

更新日:

| そこには常人には考えられないよう障壁があるようだ |

さて、世の中には様々な体格の人がいるものですが、今回の動画主であるオリバー・リヒターズ氏は身長218センチ、体重155キロ。

なかなか自身の体格に合うクルマがなく、しかし今回自身が欲しいと思うクルマのディーラーを回り、実際に乗り込んで状況を確認することに。

なお、同氏は世界で最も身長の高い俳優、そしてボディビルダーとして知られているようですね(マイケル・クラーク・ダンカンでも196センチ)。

まずはフォードに行ってみた

そして同氏がまず訪れたのはフォード。

お目当てはマスタングですが、乗り込む時点からすでに困難で、シートを目一杯下げても膝が曲がったままステアリングホイールと接触しており、背中も曲がった状態です。

9

右足をステアリングホイールの右側に通すのも一苦労。

左足はなんとか外側に逃がすことが可能ですが、右足はセンターコンソールがあるために動かしようがなく、この状態では事実上運転が不可能といったところです。

88

スポーツカーにはどうやっても入らない

お次はシボレー・コルベット。

コルベットはオリバー・リヒターズのドリームカーだそうですが、もうこの時点で乗り込むのは無理っぽい感じ。

7

乗り込む前にシートを一番うしろまで下げ、そしてステアリングコラムを一番上に動かすというのが同氏の「常識」のようですね(ぼくには到底想像できない)。

8

それでも無理!

6

セダンは比較的余裕がありそう

そして次に乗ったのはキャデラック。

こちらはボディサイズに余裕があるため、頭上には余裕が(スポーツカーに比べると)存在し、しかし膝は曲がったまま。

ただし運転はなんとかできるレベルにあるようで、実際に試乗を行っています。

71

こちらはボルボの高級EVブランド、ポールスター。

さすがに大柄な人が多い北欧のブランドだけあって、少しだけ余裕があるようです。

71

それでも膝が曲がるのは仕方がなく、これがオリバー・リヒターズさんの「日常」ということになりそうですね。

88

こちらはマセラティ・ギブリ。

オリバー・リヒターズさんが乗るとこんな感じですが・・・。

14

身長183センチの人であれば余裕。

1

足をピンと伸ばすことも可能ですが、オリバー・リヒターズさんの場合、身長に加えて体の厚みもあるため、どうしても体が前に出てしまうのかもしれませんね。

2

ふだんはどんなクルマに乗っているのか?

そして気になるのが、今オリバー・リヒターズさんはどんなクルマに乗っているのか。

なんと現在の所有者はトヨタ・アイゴ(ヤリスよりももっと小さい、欧州で販売されるトヨタの最小モデル)。

112

驚くべきことに、ちゃんと乗って運転もできるとのこと。

凄いなトヨタ!

11

同様の悩みを抱える人はけっこう多い

そして「体が大きすぎて」クルマに入らないという人も世の中には多数いて、ドゥエイン・ジョンソンもその一人。

以前には「ラ・フェラーリを購入したものの、体が入らなかった」ということもあったようです。

なお、身長216センチ、体重156キロと言われるシャキール・オニールはカーマニアとして知られ、しかしその体格から好きな車に乗ることが難しく、よって過去にはランボルギーニ・ガヤルドを「ストレッチ」したことも。

こちらはランボルギーニ本社によってカスタムされたと言われますが、大柄な人の多いアメリカには、ルーフ内張りやシートのクッションを薄くしたり、様々な変更によって車内スペースを拡大してくれる会社も存在する、と言われます。

l_b4871555a4f63850963b7aee90277f85

参照:The Dutch Giant

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->シボレー(CHEVROLET), >フォード(FORD), >マセラティ(Maserati), ■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5