>ランボルギーニ(Lamborghini)

【動画】1800馬力のランボルギーニ・ウラカンがドラッグレースで90cm級のウィリー!よくこれで真っ直ぐ走るな・・・

投稿日:

ウィリーするランボルギーニ・ウラカン

| ドライバーはウィリーしてもけしてアクセルを離さない勇者 |

さて、アメリカや中東にて大人気のドラッグレース。

これまでドラッグレースというとR35 GT-Rが活躍することが多かったものの、最近頭角を表してきたのがランボルギーニ・ウラカン。

比較的軽量であり、もともと5.2リッターV10という強力なエンジンを持ち、さらには同じエンジンを積むガヤルド時代から「ツインターボ」をドッキングさせるというカスタム手法が確立されていること、そして中古価格が下がってきてベース車両を入手しやすくなったことなどが理由として挙げられるかもしれません。

【動画】ついにGT-Rのチューンもここまで来た!見た目ほぼノーマル、しかし2200馬力のモンスター

| 日産R35 GT-Rはどこまででも馬力が出るようだ | 世の中には様々な「チューンドGT-R」が存在しますが、今回紹介するのはその中ではトップクラスの出力、2200馬力を誇るとんでもないシロモノ。 ...

続きを見る

究極のランボルギーニ・ウラカンを製作したのはAMSパフォーマンス

このランボルギーニ・ウラカンは「ウラカン・ペルフォルマンテ」をベースとし、もちろんツインターボにて加給されて1800馬力を発生。

チューンしたのはかつて「ドラッグレース最速の」R35 GT-Rを作り上げたAMSパフォーマンスです。

これがGT-Rのゼロヨン「世界最速」トップ10。記録はついに7秒以下に突入

| 現時点で日産R35 GT-Rはドラッグレース最強 | 「世界最速GT-Rベストテン」がGT SPIRITにて紹介。現在GT-R(R35)はドラッグレースで大人気ですが、すでに登場から10年以上経過 ...

続きを見る

見たところでは通常のウラカンと大きな差異は無い

7

エアロパーツのたぐいは取り付けられておらず、外観上の変更というとドラッグレース用のタイヤ/ホイールそしてパラシュート装着、テールパイプの位置がノーマルと異なることくらい。

6

インテリアはこう。

内装パネルの多くは剥ぎ取られ、カスタムメイドのロールケージが張り巡らされます。

45

シートはもちろん運転席のみ、そして極端に簡素なシート構造を持っています。

4

まさかの「ランボルギーニ・ウラカンがウィリー」

そしてスタートラインにつく前には、タイヤを暖めるためかタイヤを空転。

周囲には他の車やギャラリーがいる中でのバーンアウトです。

3

そしていざスタートするといきなりウィリー。

ここからさらに角度を増し、その後加速が落ち着いてフロントタイヤが設置しますが、そこからまた何度かポンポンとウイリー。

2

最大で90センチほど前輪が浮いて椅子どうですが、これはちょっと前に紹介した「60センチのウィリーを見せるポルシェ911ターボ」を遥かに超えるレベルです。

41

【動画】現実世界でクルマがここまでウィリーするのは見たことない!1000馬力のポルシェが60センチ級のウィリーを見せる

| ドライバーはさぞ恐ろしいと感じているに違いない | 加速競争にて、豪快にウィリーするポルシェ911ターボSが話題に。これはドラッグレース専用のコース(しっかりラバーが乗っている)での出来事ですが、 ...

続きを見る

JUN
よくこの状態で真っ直ぐ走るな・・・

ウイリーしてもドライバーはアクセルを離さない

そしてこちらは走行中の室内。

ウィリーすると「空しか見えず」、その角度を考慮すると、ドライバーの体感上「ひっくり返るんじゃないか」というレベルだと思いますが、驚くべきことにドライバーはウィリー中でもアクセルを踏み続けており、しかも真っすぐ走っているので、そうとうな手練だと言えそう。

なお、このウラカンのドラッグレースにおけるベストタイムは「7秒中央」という異次元レベルです。

1

ランボルギーニ・ウラカンがウィリーする動画はこちら

あわせて読みたい、ドラッグレース関連投稿

【動画】海外でも大人気のスープラ、そしてRX-7。2800馬力の火を吹くスープラ、SF映画風にカスタムされたRX-7を見てみよう

| 意外や日本車は強大なパワーを受け止めるだけのポテンシャルがあるのかも | その出力2800馬力、ゼロヨン6.21秒というとんでもない速さを誇るスープラが登場。もちろんドラッグレース用に改造が施され ...

続きを見る

フォードが1400HPのモンスターEV「マッハE 1400」公開!搭載されるモーターは7つ、ダウンフォースは1000kg。完全にガソリン車超え?

| モータースポーツにおいて、特定カテゴリではEVのほうが向いていそうだ | さて、先日フォードより予告されていたマスタング・マッハEのトンデモ改造車、「マスタング・マッハE 1400」が正式発表。こ ...

続きを見る

曲がることは考えてない!究極のメーカー公式直線番長、マスタング”コブラジェット”に1400馬力のエレクトリックモデル登場

| ドラッグレーサーにもエレクトリックの波がやってきた | フォードが定期的に発売する公式ドラッグレース専用車両、マスタング「コブラジェット」(2年おきくらいに発売されているっぽい)。初代コブラジェッ ...

続きを見る

参照:That Racing Channel

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5