>ランボルギーニ(Lamborghini)

【動画】ランボルギーニ・シアンFKP37のレビュー登場!外装のみならず内装もやはり特別製だった!

投稿日:

ランボルギーニ・シアンFKP37

| ランボルギーニ・シアンFKP37の価格は3億8000万円と言われている |

さて、先日ドゥカティとのコラボレーションにて話題となったランボルギーニのハイブリッドハイパーカー、「シアンFKP37」。

現在生産が開始され顧客への納車が始まったようですが、今回はおなじみスーパーカーブロンディさんがプロトタイプを前に動画レビューを公開しています。

ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ
ランボルギーニ×ドゥカティ"初の"コラボ!630台限定、「ディアベル 1260 ランボルギーニ」が発表に。ちょっとドゥカティに問い合わせてくる

この記事のもくじ1 | カラーだけではなく、パーツ形状や液晶表示までも「ランボルギーニ仕様」に |2 ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニのインスパイア元は「シアンFKP37」3 ドゥカテ ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアンFKP37はこんなクルマ

シアンFKP37はランボルギーニ初のハイブリッドカー、かつ63台のみしか生産されない限定車。

ベースはランボルギーニ・アヴェンタドール、そしてフロントのデザインはランボルギーニの未来を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ(下の画像)」から、そしてリアのデザインはあのカウンタックへのオマージュ(このほかにもカウンタックから受け継いだデザインが見られる)。

564044_v2

そして最大の特徴は「スーパーキャパシタ」を核としたハイブリッドシステムを積むことで、時速130km以下の速度域においてトランスミッションに組み込まれたモーターがガソリンエンジンをアシストするという構造を持っています。

これによって出力はランボルギーニとして初の800馬力超えを果たしてトータル出力は819馬力へ、そして0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は350km/hというスペックを誇ります。

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない | ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。そしてその正式 ...

続きを見る

ロケーションはイタリア・ボローニャの「どこか」

そして今回、スーパーカーブロンディさんがシアンFKP37をチェックしたのはイタリアはボローニャの「どこか」。

前回、「ランボV12ヴィジョン・グランツーリスモ」のレビューを行ったのと同じ場所であるようですね。

ランボルギーニ・ランボV12VGT
【動画】まさかのランボルギーニ「ランボV12ヴィジョン・グランツーリスモ」のレビュー登場!ランボルギーニ史上もっとも「未来」に行ったコンセプトカー

この記事のもくじ1 | この目でランボルギーニ ランボV12ヴィジョン・グランツーリスモを見る機会はなさそうだ |1.1 動画の収録は「秘密の場所で」2 ランボルギーニ「ランボV12ビジョン・グランツ ...

続きを見る

実際のランボルギーニ・シアンFKP37はこんなクルマ

そこで早速、スーパーカーブロンディさんはシアンFKP37のレビューを開始。

キーはアヴェンタドール、そしてウラカンと同じものを採用しているようですね。

18

ウインカーはこんな感じで光る!

「Y」字を横にした形に光るわけではないようです。

14

テールランプの「片側3連」はかつてのカウンタックをイメージしたもの。

11

ウインカーはその中央に「バー状」にて光ります。

8

こちらはフューエルフィラーリッド。

「BENZINA」とは「ガソリン」のイタリア語で、こういった”イタリア語表記”はランボルギーニの通例でもありますね。

13

カバーをオープンさせるとその奥にはキャップが登場。

123

ランボルギーニ・シアンFKP37のインテリアはこうなっている

そしてこちらはシアンFKE37のインテリア。

エクステリア同様、アヴェンタドールに対し「ほぼ全て」が新たに設計・製造されています。

1

ドアインナーハンドルも特別製。

2

センターコンソールには「00 di 63」の文字。

この車両はプロトタイプなので「00」ですが、実際に納車される市販モデルには「1」と入るのだと思われます(ランボルギーニは最近まで、この番号をシリアルとしていたが、番号の取り合いが問題となったのか、最近では「1 di ○○」という表記を採用する事が多い)。

10

エンジンをスタートさせるにはこのフラップを開き、その下のボタンをプッシュ(実際に動画ではエンジンを始動させている)。

このフラップ(アヴェンタドールやウラカンではレッド)は通常モデルだとレッド、しかしシアンFKP37では(内外装のほか部分同様)ゴールドが用いられているようですね。

おそらく、このアクセントカラーは自由に変更できるのだと思われます。

9

センターコンソールの表示もシアンFKP37専用。

6

やはりゴールドのアクセントが用いられているようです。

7

ハイブリッドモデルならではの専用設定画面も。

3

ランボルギーニ・シアンFKP37のレビュー動画はこちら

あわせて読みたい、ランボルギーニ・シアンFKP37関連投稿

【動画】ランボルギーニ・シアンを注文した富豪、プライベートジェットにてランボルギーニ本社へ実車を確認しに行く!

この記事のもくじ1 | シアンを注文した富豪、プライベートジェットにてイタリアへ |1.1 ランボルギーニ・シアンFKP37はこういったクルマ1.2 イタリアにはプライベートジェットにて2 ランボルギ ...

続きを見る

ランボルギーニが博物館を再オープン、そしてシアン・ロードスターの機能を説明する動画を公開。けっこう意外な装備もあるようだ

この記事のもくじ1 | さすがシアンはランボルギーニのフラッグシップだけあって技術の見本市状態 |1.1 展示内容からは「ミウラ・コンセプト」が消える1.2 ランボルギーニ・シアン・ロードスターには様 ...

続きを見る

ランボルギーニ「シアンFKP37のデザインはスタンドアローン。今後の市販モデルにその要素が反映されるものではない」

| せっかくの格好良いデザインだけに、ちょっと残念 | ランボルギーニは最新の限定ハイパーカーとして「シアンFKP37」を発売。これはスーパーキャパシタを用いたハイブリッドカーとなり、ブランドの今後の ...

続きを見る

参照:Supercar Blondie

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f