>マクラーレン(McLaren)

【動画】マクラーレンの新型ハイパーカー「セイバー」の実車を紹介する動画が初登場!F1マシンをイメージした内外装を見てみよう

投稿日:

マクラーレンのF1マシンをイメージしたハイパーカー、マクラーレン・セイバー

| マクラーレン・セイバーは思っていたよりも特別感が高いようだ |

さて、マクラーレンが先日発表したばかりの新型ハイパーカー、「セイバー」。

北米市場のみを対象に15台のみが限定にて製造され、その仕様はすべて顧客によってカスタムされた内容を持つとされています。

今回は人気ユーチューバー、MrJWW氏が15台限定のうちの「3番目」となるセイバーを動画にて紹介しており、その内容を見てみましょう。

「3番目」のマクラーレン・セイバーはこんな仕様を持っている

このマクラーレン・セイバーはのイメージはマクラーレンのF1マシン、MCL33/MCL34/MCL35ルノー。

2021-01-11 21.43.16

マクラーレンのカンパニーカラーであるオレンジにブルーをあしらったデザインを持っています。

もちろんこの仕様を実現したのはマクラーレンのパーソナリゼーション部門である「MSO(マクラーレン・スペシャル_オペレーションズ)」。

2021-01-11 21.40.07

オレンジはグロス(光沢)仕上げ、そしてブラックに見える部分はマット仕上げのカーボンファイバー。

021-01-11 21.40.36

フェンダーやフィンの一部はブルーにてハイライトされています。

2021-01-11 21.40.59

リアもやはりフェンダー、エアアウトレットがハイライト。

2021-01-11 21.43.58

シャークフィンもブルーにてハイライト。

なお、ルーフのガラスにあわせたのか、リアフードはグロスブラック仕上げです(ガラス部分と一体化してスマートに見える)。

2021-01-11 21.44.03

サイドには大きく「03」の文字。

先日公開されたセイバー(2台)には数字が入っておらず、しかしこの個体には数字が大きく表示されているところを見るに、「3」という数字にこだわりがあるのかもしれませんね。

2021-01-11 21.43.38

ホイールは新デザイン、そしてスポークはフィン形状を持ち、軽量化のためか肉抜き穴が設けられています。

カラーはグロスブラックにダイヤモンドカット、そしてブレーキキャリパーはオレンジ、センターロックナットはブルー。

021-01-11 21.42.02

テールパイプはリアエンドにインテグレート。

021-01-11 21.44.23

リアディフューザーはフルカーボン。

やはりブルーにてハイライトされ、ボトム部には「03」そして王冠マークがペイントされています。

2021-01-11 21.47.18

マクラーレン・セイバー「03」のインテリアはこうなっている

そしてこちらがマクラーレン・セイバー「03」のインテリア。

ダッシュボードやシートはブラックとオレンジのアルカンターラ、そしてブルーカーボンにオレンジのアクセントが組み合わせられています。

2021-01-11 21.47.37

シフトスイッチのケーシングはブルーカーボン、エッジはオレンジ、そしてパネルフェイスはブルーとブラックとのグラデーション。

2021-01-11 21.47.49

マットはブラックにオレンジのエッジ、そしてブルーにて王冠マーク。

2021-01-11 21.47.43

ダッシュボードには「SABRE」の文字、そしてSABREの意味する”サーベル”のグラフィック。

2021-01-11 21.41.11

リアバルクヘッドには「SABRE VIN 03」の文字。

2021-01-11 21.40.29

ステアリングホイールにも美しいブルークリアカーボンにオレンジのトリム。

2021-01-11 21.39.34

オレンジアルカンターラのシートにはブルーのステッチ、そしてパーフォレイト(穴あき)加工の内側にもブルー、さらには王冠の刺繍入り。

王冠はこのセイバーのオーナー氏が使用しているSNSでのアカウント名「The KING」に由来するようですね。

2021-01-11 21.39.53

マクラーレン・セイバーを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、マクラーレン関連投稿

マクラーレンのキー
マクラーレン「ハイパーカー市場はもう過密状態。ちょっと息継ぎが必要だ」。当面ハイパーカーを発売せず、2025年にP1後継を発表する模様

この記事のもくじ1 | さすがにマクラーレンはハイパーカーを「連発」しすぎた |1.1 ハイパーカー市場は飽和に近い1.2 マクラーレンはハイパーカー戦略を練り直し2 次のマクラーレン製ハイパーカーは ...

続きを見る

マクラーレン
マクラーレン「ファンの要望は"台数を抑えて欲しい""SUVを作らないで欲しい"」。ただしこれを守るとマクラーレンは破綻しそう。あらためてスーパーカービジネスの難しさをつきつけられる

この記事のもくじ1 | やはりどう考えても逃げ道はSUVしかない |2 マクラーレンはSUVを作らない2.1 ただし他社の動向は異なる3 マクラーレンは「希少性」を維持3.1 どうすれば少ない台数でも ...

続きを見る

マクラーレン570スパイダー
マクラーレン「ここからの10年は困難。2026年にはラインアップをフル電動化、2028-29年にはピュアEV発売」。なおレース部門の株式15%を米投資グループに売却

この記事のもくじ1 | ガソリンエンジン車の新車販売禁止はスポーツカーメーカーにとって大きな打撃 |2 マクラーレンはこの機会を困難だと捉えている2.1 とにかくポジティブワードで前向きな印象を3 マ ...

続きを見る

参照:Mr JWW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f