>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >ランボルギーニ(Lamborghini) >スズキ(SUZUKI) ■そのほか車関連のネタなど

塗料メーカーによる「今年イチオシのボディカラー」はプリウスやジムニーでおなじみ、あの「明るい黄緑色」だそうだ!調べてみるとけっこう多くのクルマが採用しているぞ

投稿日:2021/01/16 更新日:

ランボルギーニ・ウラカン(ヴェルデ・スキャンダル)

| けっこう特殊な部類の色なのに、オフローダーやコンパクトカー、エコカー、はてはスーパーカーにも採用される摩訶不思議な色 |

さて、塗料メーカーのアクサルタ(Axalta)が2021年の「オートモーティブ・カラー・オブ・ジ・イヤー」として”エレクトロライト”を選定。

これは最近良く見かけるようになった「明るい黄緑色」ですが、アクサルタがこの色を選んだ理由は「他者から認識されやすく、とくに自動運転システムに採用されるLiDARから識別しやすい」「サステナビリティ、幸福感、安全性を表現」という要素を重視したため。

塗料のサプライヤーは複数社あり、どの自動車メーカーにアクサルタが供給しているのかはわからないものの、たしかにこういった「明るい黄緑色」はここ数年けっこう増えているように思います。

たしかに明るい黄緑色は増えてきた

そこでどういったクルマがこの「明るい黄緑色」を採用しているのか見てみようと思いますが、日本車だとプリウスやアクアに採用される「サーモテクトライムグリーン」が有名です(実際に車体温度を下げる効果がある”機能的な”ボディカラーらしいが、あまりこの色を選ぶ人は少ないようだ)。

6

そしてスズキ・ジムニーだと「キネティックイエロー(これもあまり選ばれないようだ)」

xc-dg5

海の向こうだと、シボレー・カマロの「ショック」。

5

ダッジだと「サブライム」。

4

アルピーヌには「ヴェール・ティユール」。

1

スーパーカーにも「明るい黄緑色」

そしてスーパーカーにもこういったカラーは多く、マクラーレンだと「ライムグリーン」。

3

アストンマーティンでは「ライムエッセンス」。

8

ランボルギーニだと「ヴェルデ・スキャンダル」。

なお、ランボルギーニのカーコンフィギュレーターがちょっとだけリニューアルされており、ボディカラーがいくつかに「分類」された模様。

内容を見てみると、標準的な選択肢である「Base Offer」、モータースポーツを連想させる「Sportiva」、現代的なカラーの「Contemporanza」、おそらくは高輝度塗装だと思われる「Eclettica」、クラシックモデルに採用される「Classica」、カスタムカラーの「Ad persoam palette」。

2

そしてちょっと面白いのは、フィニッシュについて「ぴかぴか」「マット」という表現がなされていること。

もちろん「ぴかぴか」というのは光沢のあるグロス仕上げということになりますが、ランボルギーニのエクストリームなイメージ、そこに突如出現した「ぴかぴか」というフレンドリーな表記とのギャップに思わず笑みがこぼれます。

9

なお、ぼくはこういった「明るい黄緑色」が大好きで、現在メインで使用しているヘルメットはノーラン製、カラーは「ビジビリティ」。

よって、ランボルギーニ・ウラカンでも「ヴェルデ・スキャンダル」を選ぼうかと考えたものの、今回はまず優先順位の高かったブルー・ル・マンを選択しています。

イタリアは「ノーラン」のヘルメットを買ってみた!イタリアンデザインに加え高い機能性を持つ優秀なフルフェイス

| 正直、ここまでよく出来ているとは思わなかった | さて、バイク(CBR250RR)を購入したのでヘルメットを新調。ほかにもBELL、ROOFのヘルメットを持っていますが、せっかく新しくバイクを買っ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ボディカラー関連投稿

ブルーのホンダNSX
ホンダNSXの2021年モデルには「初代NSXで最も不人気だった」ロングビーチブルーパールが復刻!ヘリテージカラーはこれで3色に

この記事のもくじ1 | あえて不人気だったボディカラーを復刻するところがホンダらしい |1.1 その名称の由来はカリフォルニア州ロングビーチから2 当時のNSXにはこんなボディカラーが用意されていた3 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ
世界における人気ボディカラーは1位ホワイト、2位ブラック、3位グレー、4位シルバー、5位ブルー。日本だと白黒人気が圧倒的、BMWやアルファードでは約80%が白黒

この記事のもくじ1 | 日本では意外と「ブラック」も人気だった |1.1 意外や「ブルー」も多かった2 ホワイトは2010年前後から「もっとも人気のあるボディカラー」に2.1 日本だと「白黒」で80% ...

続きを見る

また出た「羨ましいガレージ」。テーマはグリーン、フェラーリF40やポルシェ911GT3もグリーン

| またもや羨ましいガレージ登場 | Ferrari 先日、フェラーリF40を驚愕のグリーンにペイントした人物現るという記事を公開しましたが、その人物は「Automobili Amos」の代表、Eug ...

続きを見る

参照:Axalta

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f