■服や小物、時計、雑貨など

【動画】え?これがG-SHOCK?あの「カシオーク」をオーデマピゲ・ロイヤルオークへとカスタムするキットが"第3世代"に進化し究極の領域へ

投稿日:2021/01/19 更新日:

カシオG-SHOCKをオーデマピゲ風にカスタムするメタルパーツ

| ここまでキットが進化するとは、よほどカスタム需要が高いらしい |

さて、巷では大人気のカシオが発売するGショック、「GA-2100シリーズ」のカスタム。

このGA-2100系の人気に火がついたのは、その形状やデザインがオーデマピゲの腕時計「ロイヤルオーク」に似ていたためで、それゆえ「カシオーク」という(カシオからすると不本意な)愛称にて親しまれることとなったわけですね。

光の速さでGショックを「ロイヤルオーク化」するキットが登場

そうなるとアフターパーツ市場が放っておくわけはなく、このGA-2100系に装着するメタルケース、ブレスレットが早速登場。

ただ、最初はオーデマピゲに配慮したのか、意図的に「ちょっと違う」外観をもたせていたものの、今回紹介する「第三世代」ロイヤルオーク・コンバージョンに至っては「ほぼ、そのまんまオーデマピゲ」。

ここでその内容見てみましょう。

「ロイヤルオーク」コンバージョンキットはこうなっている

まず、こちらがノーマルのGA-2100。

カシオ(G-SHOCK)はオリジナリティの高い腕時計を世に送り出す一方、ときどきこういった「オーデマピゲっぽい」もの、そして「ウブロっぽい」製品を発売するという二面性も。

16

カシオがウブロみたいなG-SHOCKを発売。カーボン製ベゼルを持つ「G-STEEL」新シリーズ

独自路線のカシオにしては珍しく「他社製品に似た」腕時計 カシオGショック(G-SHOCK)から新シリーズ、「G-STEEL GST-B100シリーズ」が登場。 このシリーズは「カーボンベゼル」を使用し ...

続きを見る

こちらがオーデマピゲ・ロイヤルオークへのコンバージョンキット。

おそらく中華製だと思われますが、中華パーツはこういった「立派なケース」に入ったものが多い模様。

16

正直、ちょっと驚いてしまうほどの出来栄えです。

14

早速Gショックをカスタムしてみよう

そして早速カスタム開始。

まずはベルト(バンド)を外します。

13

そして次は「ガワ」も取り外し。

12

こんな感じでパカっと取り外し・・・。

11

中身だけを取り出します。

10

そしてそしてコンバージョンキットにG-SHOCK本体をはめ込み・・・。

9

ビス止めすれば完成。

7

バックルはこんな感じ。

5

セイコー・アストロンのバックルよりも良く出来てるんじゃないかという印象です。

4

アップにしても十分鑑賞に耐えうるほどの精度を持っているようですね。

17

このコンバージョンキットは15,000円程度で販売されているようですが、まさに驚くべきフィニッシュを持っている模様。

1

一度買ってみるか・・・。と思わせるほどのインパクトがありますね。

2

カシオG-SHOCK(カシオーク)をオーデマピゲ・ロイヤルオーク風にカスタムする動画はこちら

あわせて読みたい、カシオGショック関連投稿

カシオGショック
まさかの「Gショックをオーデマピゲっぽく」カスタムするキットが登場!あの”カシオーク”をフルメタルにコンバート

| いくら似ているといえどもこの発想はなかった | さて、「オーデマピゲ・ロイヤルオーク」に似ていることから「カシオーク」なる不名誉極まりない称号を頂戴しているカシオGショック GA-2100シリーズ ...

続きを見る

カシオが発売した「8角形Gショック」。欧米ではロイヤルオークに似ているため「カシオーク」というニックネームでまさかの人気化

| いったい何が起きるかはわからない | さて、以前にも紹介したカシオG-SHOCKのニューモデル、GA-2100。これは八角形のベゼルを持つ新しいデザインを持つアナログシリーズで、一見すると「オーデ ...

続きを見る

参照:Watch Geek

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5