>マクラーレン(McLaren)

【動画】まさかの「ラッピングでグラデーション」!マクラーレンのハードコアモデル、765LTをカスタムした個体が現れる

投稿日:2021/01/26 更新日:

グラデーションラッピングのマクラーレン765LT

| ブラックのホイール、オレンジのアクセントもナイス |

さて、マクラーレンは2020年3月に765台限定にて720Sのハードコアバージョン「765LT」を発売しています。

これは「パワーアップ、軽量化」を追求したLT=ロングテールの最新モデルであり、おそらくは現時点で「最強」の部類に属するスーパーカー。

加えて相当に希少なクルマであることは間違いなく、本来はカスタムやチューニングの必要すらない一台ではあるものの、今回ホイールメーカー”ヴォッセン”が美しいラッピングやホイール交換を施した個体を公開しています。

もうどこにも敵はいない!マクラーレンが驚異のスペックを誇る「765LT」発表。-79キロ、765馬力、0-100km/h加速2.7秒

この記事のもくじ1 | 生産台数は765台のみ |1.1 マクラーレン765LTはこんなクルマ1.2 マクラーレン675LTはこういったインテリアを持っている | 生産台数は765台のみ | マクラー ...

続きを見る

まさかラッピングでここまでできるとは

このマクラーレン765LT最大の特徴は「グラデーションカラーのラッピング」。

車体の前半分はブラック、そして後ろ半分はナルドグレーというカラーを持ち、ホイールはサテンブラック、ブレーキキャリパーはオレンジ。

なお、デイタイムランニングランプのレンズはグリーンっぽいイエローのフィルムが貼られているようですね。

2021-01-24 22.09.30

フロントはこんな感じでブラックですが・・・。

2021-01-24 22.07.59

リアはナルドグレー。

ちなみにホイールはヴォッセン(VOSSEN)製のEVO3、サイズはフロント20、リア21インチ。

カラーはなんと48色が用意され、サイズは19〜24インチまで、幅は8.5〜13インチまでが揃います。

2021-01-24 22.09.26

おそらくはラッピング用フィルムをグラデーション状にプリントした後に出力していると思われますが、ラッピングでここまで美しいグラデーションが実現できるとは・・・という印象。

2021-01-24 22.08.09

ちなみにシートベルトやシートに採用されるステッチはオレンジで統一されており、これもブラックそしてグレーにマッチしているようですね。

2021-01-24 22.09.23

なお、このマクラーレン765LTは6月11日から20日にかけて開催されるゴールドラッシュラリーに参加する、とのこと(現在の状況を見るに、実際に開催できるかどうかはわからない)。

美しくカスタムされたマクラーレン765LTの動画はこちら

グラデーションは現在注目のカスタム

なお、こういったグラデーションは現在非常に高い注目を集めるカスタムで、ランボルギーニやマクラーレンが積極的にカスタム例を公開しています。

ランボルギーニだと、最近納車されたと報じられているシアンFKP37にグラデーションが採用。

ただしこれは「フロントからリアにかけて」のグラデーションというほど単純ではなく、パーツや部位単位でのグラデーションが採用されています。

6

マットカーボンにゴールドグラデーションのランボルギーニ・シアンFKP37
【動画】今度は"グラデーション"カラーのランボルギーニ・シアンFKP37(3.4億円)納車!自宅にはラ・フェラーリ、ポルシェ918スパイダーも

この記事のもくじ1 | やっぱり限定ハイパーカーは一部の人達のところに集中しているようだ |2 ランボルギーニ・シアンFKP37はこんなクルマ2.1 そのシアンはメキシコのオーナーによって保管されてい ...

続きを見る

そして「グラデーションのランボルギーニ」で有名なのはアヴェンタドールSロードスター 50th Japan アニバーサリー・エディション。

L1040348_edited-1

世界に一台、日本限定ランボルギーニ・アヴェンタドールS ”Ver.風” を見てきた!

| Lamborghini Aventador S Roadster 50th Anniversary Japan、「風」が公開 | Lamborghini Aventador S 50th Japa ...

続きを見る

マクラレーンもグラデーションに対して積極的なメーカーのひとつですが、こちらも単純なグラデーションではなく、「上から光を当てた」「下から光を当てた」といった感じで複雑な濃淡を実現しています。

マクラーレンが「生い茂る緑」をテーマにしたグラデーションの”GT”を公開!ペイントにかかるのは430時間

この記事のもくじ1 |  その名はヴァーダント・テーマ GT バイMSO、内外装ともグリーンづくし |1.1 実車を見ると相当にインパクトがありそうだ1.2 ヴァーダント・テーマ GT バイMSO の ...

続きを見る

mclaren-gt-verdant-mso  (9)

マクラーレンが「グラデーション塗装」を採用した720Sを公開。塗装に要した時間は260時間、これからはグラデーションがカスタムの主流に?

もはやマットカラーも普通になってしまった マクラーレンが新たにMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ。マクラーレンのカスタム部門)にてカスタムされた720Sスパイダーを公開。これは三色を組 ...

続きを見る

アストンマーティンも「ヴァルキリー」においてグラデーションカラーにてペイントされたサンプルを公開していますね。

a7f90841-aston-martin-valkyrie-3

アストンマーティンが現実的になった「ヴァルキリー」最新フォトを公開!まさかのグラデーション塗装

| なぜにAMRライムではなく”ブルー”? | アストンマーティンが突如としてヴァルキリーの画像を公開。 ヴァルキリーはレッドブルとの共同開発によって製造されるハイパーカーですが、現時点では「開発中」 ...

続きを見る

参照: Vossen Wheels

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f