>アストンマーティン(Astonmartin) >ポルシェ(Porsche) >ランボルギーニ(Lamborghini) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■自動車各社業績/ランキング等

【動画】もっとも価値の残るブランド/クルマのランキング!ポルシェ、ランボルギーニ、トヨタ、アストンマーティン、アルピーヌetc。あのクルマは何位?

投稿日:2021/02/16 更新日:

もっとも価値の残るブランド/クルマのランキング。1位はポルシェ・マカン

| やはりSUV人気は強かった |

さて、クルマを買うときに気になるのが「売却時の価格」。

買う前から売るときのことを考えるのはどうかとは思うものの、実際問題としてお金が無限にあるわけではないので、やはり売却価格(残存価値)というのは大きな懸念事項です。

今回、Carwowが「もっとも価値の残るブランド25」なる動画を公開していて、そのうち上位を紹介したいと思いますが、この「残存価格」は3年後の価格維持率として算出しており、しかし発売から3年が経過していないクルマもあるため、ディーラーの設定する(残価設定ローンの)残存価格等を多角的に考慮したものだと考えられます。

10位 ポールスター

こちらはもともとボルボのエレクトリックブランドですが、現在は「独立したひとつのブランド」としての性格を強めているのが現在の状態。

とくに「ポールスター2」の価値が高く、3年後には58.2%を維持するとされています。

101

中国生産となったボルボの高級ブランド「ポールスター」。納車開始からわずか2ヶ月の間に「クルマが動かなくなる」クレームが数十件発生

この記事のもくじ1 | いかに品質管理を徹底しても”チャイナリスク”はゼロではない |1.1 「ディーラーに行って修理を受けろ」との表示1.2 ポールスターは中国製1.3 こんな記事も読まれています ...

続きを見る

9位 アストンマーティン

なお、アストンマーティンというと価格維持率が低いというイメージがあり、しかしDBXについては3年後に58.3%を維持すると予測。

こういった高級SUVについては高い価値を保持することが知られており、ランボルギーニ・ウルスも「驚くべき」価値を持ち続けるようですね。

9

8位 テスラ

一般に電気自動車はリセールバリューが低く、しかしテスラの場合は「唯一」とも言える例外。

とくにモデルS、モデルXの価格維持率は高く、59.6%とのこと。

8

7位 トヨタ

高い信頼性を持ち、維持費が安く、かつ所有期間も長く、「またトヨタのクルマを買う」と答える人が多いうという統計結果が出ているトヨタ。

とくに残存価値が高いのはプリウスで、597.%を維持。

7

トヨタ・ランドクルーザー
米にて「15年以上乗られている車」ランキングの5位まではトヨタ!「また買う」と答えた人がダントツ多いのもトヨタ!これはもうトヨタは「車の魅力や価値そのもので売れている」と言っていい

この記事のもくじ1 | ヒュンダイもまだまだだな |2 「15年以上乗られているクルマ」はこんな顔ぶれ2.1 「長く乗られる」SUVはこんな面々2.2 「長く乗られる」スポーツカーはこんな面々2.3 ...

続きを見る

6位 ランボルギーニ

6位に顔を出したのはなんとランボルギーニ。

もちろんこれはウルスの人気が高いためで、3年後にも60%を維持すると考えられています。

なお、「SUVの発売は(スポーツカーメーカーにとって)ブランド価値を損ねる」と言われてきたものの、ウルスはランボルギーニの中でもっとも高い価格維持率を誇り、むしろブランド価値を上げたと言えるかもしれません。

6

トミカ(フェラーリなどスーパーカー)
オートカー「ポルシェ911GT3の相場が急落」「ハイパーカーは供給過剰」「マクラーレンは自業自得」「2016年以降、スーパーカーの中古価格は30%下落」

この記事のもくじ1 | 不況になればスポーツカーの人気が出る説は本当だったようだが |1.1 スーパーカーセグメントは悲喜こもごも2 スーパーカーの「中古相場」は確実に下落2.1 スーパーカーにとって ...

続きを見る

5位 ロールスロイス

こちらもやはり、ブランド初のSUV「カリナン」が人気で、3年後の価値は60.1%。

ランボルギーニ同様、ロールスロイスもSUV投入によってブランド価値を上げたと言えそうです。

5

4位 アルピーヌ

現在はA110/A110SUVのみの展開にとどまり、販売台数も「予定通りではない」と言われるアルピーヌ。

少し前にはブランド廃止も囁かれたものの、一転して(ルノーの新CEOのもとで)アルピーヌの存続そして強化が決定することに。

ただ、売れないとはいうものの、現存するスポーツカーの中では「ベストなハンドリングを持つ」とする声も多く、多くの車好きの心の琴線に触れているのは間違いなさそうです。

なお、残存価値は61.1%。

4

衝撃!マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのリリースする新型ハイパーカー”T.50”は「アルピーヌA110がベンチマーク」

この記事のもくじ1 | アルピーヌA110が優れたクルマであることは十分理解しているが |1.1 ゴードン・マレーはまず自らがドライバーである1.2 スポーツカーは「基本性能」がすべて1.3 こんな記 ...

続きを見る

3位 アウディ

意外なことに3位はアウディ。

RSQ3の残存価値は63%とされ、やはりSUV(とくにハイパフォーマンスモデル)人気を裏付けることとなっています。

3

2位 ランドローバー

2位はランドローバー、そして発売されたばかりのディフェンダー。

非常に評価の高いモデルであり、先代の相場を見ても堂々たる2位には納得です。

2

ランドローバー・ディフェンダー
新型ディフェンダーが日本市場で「売れすぎ」。受注が止まらず納車待ちが長くなり、納車までにもう一台のランドローバーを持ってもらう「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」が登場

この記事のもくじ1 | 新型ディフェンダーはメルセデス・ベンツGクラス同様に「セレブ御用達車」の仲間入りか |2 文字通り、新型ランドローバー・ディフェンダーは「飛ぶように」売れている2.1 もちろん ...

続きを見る

1位 ポルシェ

「もっともその価値を維持する」クルマはポルシェ・マカン。

現在、マカンはもっとも(新車で)売れるポルシェではありますが、そのぶん中古市場でも人気が高く、価格維持率は64.9%という数字です。

全体的に見てとにかくSUVが強く、かつプレミアムカーメーカーのSUVや、ハイパフォーマンスSUV、代替性のない個性的なSUVの価格維持率が高いということがわかりますね。

1

「高い残存価格を持つブランド(クルマ)ベスト25」を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、自動車のリセール関連投稿

スバルのキー
北米で最も価値(価格)が下がらないのは「スバル」と「レクサス」!その理由を考えてみた

この記事のもくじ1 | ただしスバルとレクサスの「高価格維持」の理由はまったく異なる |1.1 スバルはもともと大きく手を広げることは考えていない2 なぜスバルのクルマはいつまでも高い価値を誇るのか3 ...

続きを見る

アストンマーティン販売苦戦→残価引上げ→即完売。やはりクルマに魅力を感じながらもリセールを気にして購入しない人が多かった?

| アストンマーティンのクルマに魅力を感じる人は多く、しかし「リセール」がネックで購入をためらう? | さて、いつもお世話になっている八光さんがアストンマーティンについて「3年後の残価70%を保証」キ ...

続きを見る

米経済誌が新型リーフに対し懸念。「競争の激化とリセールのあまりの悪さが足を引っ張る」

EV nissan leaf ブルームバーグによると、日産は新型リーフを9/6に発表したものの、その先行きには暗雲も見られる、とのこと。 日産リーフは先進的な装備と自動運転機能(プロパイロット)、より ...

続きを見る

参照:carwow

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), >ポルシェ(Porsche), >ランボルギーニ(Lamborghini), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■自動車各社業績/ランキング等
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5