>ランボルギーニ(Lamborghini)

アヴェンタドール後継モデルはこうなる?ゼンヴォのデザイナーが考えた「ランボルギーニ・マタドール」。3リッターV12+2モーター、1400馬力

投稿日:2021/03/02 更新日:

ランボルギーニ・マタドール・コンセプト

| アヴェンタドール後継モデルはV12エンジン+ハイブリッドになるとは言われているが |

スウェーデンのトンデモハイパーカー、ZENVO(ゼンヴォ)オートモーティブのデザイナーにしてエンジニア、フレデリック・スティーブ・クリステンセン氏が「ランボルギーニの次期V12モデル」のレンダリングを作成して公開。

もちろんランボルギーニ公式ではなく、そしてこういった「自動車メーカーのデザイナーが、他の自動車メーカーのクルマを勝手にデザイン」というのも欧州ではよくある事例でもありますね。

ZENVOはこんなクルマ

なお、ゼンヴォ・オートモーティブは「TS」シリーズを展開していますが、これらは基本的に5.8リッターV8エンジンを搭載し出力は1000馬力あたり、そして0−100km/h加速が3秒以下というハイパーカーばかり。

そして価格は「億」オーバーというブッチギリのラインアップを持っており、しかし一番のトピックは「リアの巨大ウイングが、コーナリングにあわせて左右に傾くように動くこと(効果は疑問視されている)」。

これが「トンデモデバイス」ということになり、そしてこのクルマのデザイナーが未来のランボルギーニを考えたということですね。

ZENVOが1177馬力のハイパーカー発表。エアコンなし、オーディオもなし。ただし0-100キロ加速は2.8秒と「世界最速クラス」

| 一応公道走行は可能らしい | デンマークのゼンヴォ(ZENVO)が新たなハイパーカー、TSR-Sを発表。 ZENVOはこれまでも幾つかのモデルを発売していますが、これはサーキット専用モデル「TSR ...

続きを見る

未来のランボルギーニはこうやって考えられた

この未来のランボルギーニ、「マタドール」についてはカウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴ、アヴェンタドールという過去のV12モデルを研究し、そこから特徴的なエッセンスを抽出。

Lamborghini-Matador-Concept (12)

そのうえでゼンヴォやアストンマーティン、ポルシェ、ロータスなどの特徴的なエアロダイナミクスを持つクルマ、そして近代のランボルギーニの持つエアロダイナミクスとをミックスさせています。

Lamborghini-Matador-Concept (1)

ランボルギーニ・マタドールはこんなクルマ

そして出来上がったのがこのランボルギーニ・マタドールですが、ランボルギーニらしいウェッジシェイプを持ち、三角や六角形といったランボルギーニの採用するデザイン言語が採用されています。

Lamborghini-Matador-Concept (5)

テールランプは横方向の「Y」、そしてLEDライトバー。

リアウイングはポップアップ式で、つまりアクティブエアロを備えるということですね。

Lamborghini-Matador-Concept (6)

ボディカラーはグリーン、そしてホイールはゴールド。

これはシアンFKP37のイメージカラー、そしてランボV12ヴィジョン・グランツーリスモの影響が感じられるところです。

Lamborghini-Matador-Concept (2)

ランボルギーニ・ランボV12VGT
【動画】まさかのランボルギーニ「ランボV12ヴィジョン・グランツーリスモ」のレビュー登場!ランボルギーニ史上もっとも「未来」に行ったコンセプトカー

この記事のもくじ1 | この目でランボルギーニ ランボV12ヴィジョン・グランツーリスモを見る機会はなさそうだ |1.1 動画の収録は「秘密の場所で」2 ランボルギーニ「ランボV12ビジョン・グランツ ...

続きを見る

コクピットは非常に小さく、「キャノピー的」なデザイン。

Lamborghini-Matador-Concept (7)

リアウインドウ面積は最小限です。

Lamborghini-Matador-Concept (8)

なお、このランボルギーニ・マタドールのパワーユニットは3リッターV12ツインターボエンジン+2モーター。

ガソリンエンジンは後輪を駆動し、エレクトリックモーターは前輪を駆動するという構成をもち、システムトータルでは1,400HPをイメージ。

Lamborghini-Matador-Concept (9)

リアホイールの後ろ半分はほぼむき出し、そしてリアディフューザーは巨大。

V12ながらも3リッターという小排気量のため、エンジンを前の方に押し込むことが可能となったという設定なのかもしれません。

Lamborghini-Matador-Concept (10)

フロントサスペンションはダブルウィッシュボーンで、まさにフォーミュラカーのような構造です(アストンマーティン・ヴァルキリーにも似ている)。

Lamborghini-Matador-Concept (11)

合わせて読みたい、ランボルギーニのレンダリング関連投稿

未来派ランボルギーニ・カウンタックのレンダリング
未来のランボルギーニ・カウンタック「カーボン01」!超ワイド、アグレッシブすぎるレンダリングが公開に

この記事のもくじ1 | シルエットはオリジナルのカウンタックのまま、ディティールは現代風に |2 カウンタック・カーボン01のボディパネルはフルカーボン2.1 そのディティールは「レトロフューチャー」 ...

続きを見る

ランボルギーニの次期V12モデル、アヴェンタドール後継の予想レンダリング
【動画】アヴェンタドール後継、次期ランボルギーニV12モデルはこうなる?デザイナーによる予想CGが登場

この記事のもくじ1 | ベースとなるのはワンオフモデル、ランボルギーニSC20 |2 アヴェンタドール後継、次期ランボルギーニV12モデルはこうなる?2.1 完成したらこうなった3 アヴェンタドール後 ...

続きを見る

最近にわかに活性化している「ランボルギーニ・カウンタックの現代版レンダリング」。オリジナルに忠実なものから独自発想まで三連発

ランボルギーニ・カウンタックの魂は現代のV12モデルにも引き継がれている Lambocarsにて公開された、「ランボルギーニ・カウンタックの現代版」特集。これはMike Mills氏、Aadil Ha ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f