>三菱(MITSUBISHI)

三菱の英国法人が歴史的に価値の高い車両14台を競売へ!ランエボ限定モデルに加え、ジープ、そしてワンオフのカスタムカーも

投稿日:

三菱の英国法人が歴史的に価値の高い車両14台を競売へ!ランエボ限定モデルに加え、ジープ、そしてワンオフのカスタムカーも

| ランサーエボリューションの限定モデルは相当な高値を付けそうだ |

三菱の英国法人がそのコレクションから14台をオークションに出品する、と発表。

その理由は不明ですが、内容を見ると歴史的に価値のあるクルマも見られ、多くのファンによる入札バトルとなりそうです。

ここでその一部を見てみましょう。

Mitsubishi-Auction (2)

日本で最初に自動車の量産を行ったのは三菱だった

こちらは1917年の「モデルA」。

ただし7/10サイズのレプリカとのこと。

実車は日本で最初に量産されたクルマだそうで、30台生産されたうち、現存するのは0台(つまり1台も残ってない)だとされています。

Mitsubishi-Auction (17)

1974年のコルト・ランサー。

この個体は「英国にて、最初に登録された三菱車」と紹介されており、相当な価値がありそうです。

エンジンは1.4リッター、トランスミッションはマニュアル、走行距離は118,613km。

Mitsubishi-Auction (15)

おなじく1974年製、「コルト・ギャラン」。

当時の三菱正規ディーラー、コルト・カー・カンパニーのデモカーだった個体で、グレードは最上位の「2000GL」。

「コルト」とは「若馬」を指しますが、これは「マスタング(小型の野生馬)」を意識したネーミングだとされ、アメリカでは顰蹙を買ったとも聞いたことがあります。

Mitsubishi-Auction (16)

ジープCJ-3B。

ウィリス社からライセンス供与を受けて生産を行っていたもので、1979年~1983年まで生産が行われています。

こちらも現地正規代理店によって輸入された個体なのだそう。

Mitsubishi-Auction (18)

1988年製、「スタリオン」。

走行距離は95,032キロを数えますが、エンジンやターボ含め、リビルトがなされているとのこと。

ちなみに「スタリオン」とは種馬を意味し、やはり馬の名前ですね。

ぼくにとってのスタリオンのイメージはやっぱり「キャノンボール2」。

Mitsubishi-Auction (7)

比較的最近(1992年)の3000GT(GTO)。

走行距離は54,954km。

Mitsubishi-Auction (6)

ランサーエボリューションも多数登場

そして三菱といえばランサーエボリューション。

まずは2001年のランエボVIトミ・マキネン・エディション(本人のサイン入り)。

Mitsubishi-Auction (10)

2007年のランエボIX グループN ワークス・ラリーカー。

Mitsubishi-Auction (8)

2008年、ランエボIX MR FQ-360 HKS。

Mitsubishi-Auction (13)

2015年のランエボX FQ-440MR。

Mitsubishi-Auction (14)

その他にはこんなクルマも

そして今回販売されるクルマは多岐にわたり、こちらは1989年製のギャラン20.GTI(ラリー仕様のレプリカ)。

公道走行が可能だそうです。

Mitsubishi-Auction (19)

1987年のパジェロ(現地では”ショーグン”)。

Mitsubishi-Auction (12)

こちらは2000年モデル(この世代では、最後にイギリスで登録されたパジェロのうちの1台)。

Mitsubishi-Auction (1)

ちょっと珍しい、2017年のL200「デザート・ウォリアー」。

ワンオフのカスタムカーで、トップギアに取り上げられたこともあるようですね。

Mitsubishi-Auction (11)

合わせて読みたい、関連投稿

【三菱コンセプトRA(2008)】2ドア、そして未来のランエボ。もしこのクルマが発売されていたら、スポーツカー市場を根本から覆していただろう

| ある意味で、このクルマは「先を行き過ぎていた | 三菱が2008年にデトロイト・モーターショー(North American International Auto Show=NAIAS)で発表した ...

続きを見る

GRヤリスとランエボVI トミ・マキネンとが加速で勝負
【動画】GRヤリスとランエボVI トミ・マキネンとが加速で勝負!両者ともWRCホモロゲーションモデル、しかし20年の歳月はどう影響?

この記事のもくじ1 | 正直、ランエボの速さはハンパではなかった |1.1 両者の間には「20年」の隔たりが1.2 実際に走ってみたらこうなった1.3 トヨタGRヤリスと三菱ランサーエボリューションV ...

続きを見る

職質で麻薬の売人逮捕→家宅捜査したらスープラ、GT-R、ランエボ等45台の車、銃火器と数億円の現金を発見

この記事のもくじ1 | しかも犯人はかなりの日本車通、そしてカーマニアであるようだ |1.1 逮捕のきっかけは職務質問1.2 こんな記事も読まれています | しかも犯人はかなりの日本車通、そしてカーマ ...

続きを見る

参照:三菱, AutoAuction UK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5