>ポルシェ(Porsche)

改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600が競売に

投稿日:2021/03/27 更新日:

改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600

| けっこう高く評価されていて、現在1700万円超まで価格が上昇中 |

さて、現在「お家騒動」で揺れるゲンバラですが、今回1990年代に製作された「ゲンバラ600GTR」が競売に登場。

もともとは「普通の」911(993)ターボとしてオーナーのもとへと1996年にデリバリーされ、その時点でもX50パワーキット(ポルシェ純正のパワーアップオプション)が装着されていたものの、それでもオーナーは物足りなかったと見え、そこで1997年にゲンバラへとチューニングを依頼することとなったようですね。

ゲンバラが「ポルシェ959にインスパイアされた」ハイパーカー開発のためRUF(ルーフ)と提携
ゲンバラが「ポルシェ959にインスパイアされた」ハイパーカー開発のためRUF(ルーフ)と提携!ポルシェスペシャリストのタッグからとんでもないクルマが生まれそうだ

| ウワサではオフロードの走行も可能なエクストリームなハイパーカーになると言われる | さて、ポルシェを得意としてきたゲンバラは、その不幸な創業者の死を乗り越えて復活をアナウンスしたばかり。ただしゲン ...

続きを見る

コンセプトは”公道を走るル・マン用レーシングカー”

なお、ゲンバラへとチューニングを頼んだ際に求めたのは”公道を走るル・マン用レーシングカー”。

実際のところ公道を走るクルマとは思えないルックスを持っていますが、改造にかかった費用も現実離れしており、ブレーキ、サスペンション、エアロパーツのアップグレード、562馬力へのパワーアップを含む「ゲンバラ・ビターボ570」スペックへとコンバートするのにかかったのは56,375ユーロ(約730万円)。

Gemballa-GTR-600-4475

ただしそこで話は終わらず、わずか12ヶ月足らずでまたオーナーはアップグレードを決意し、そこで装着されたのがGT2用のケブラー製オーバーフェンダー、ル・マン・ビターボ・ヘッドライト、ハニカム構造を持つドア、そしてGT2 EVOリアウイング。

Gemballa-GTR-600-4094

さらに3.6リッター・フラットシックスエンジン本体にも手が入ることになり、GT2用カムシャフト、大型バルブ、強化コンロッド、KKK製タービン、大容量インタークーラーが装着されることに。

Gemballa-GTR-600-4219

足回りもさらにアップグレードされてH&R製ダブルスプリングにGT2用リアアクスルマウントが与えられたほか、ブレーキローターはフロント380ミリ、リア345ミリへと拡大されています(ブレーキキャリパーはレーススペックのブレンボ製)。

Gemballa-GTR-600-4390

改造にかかったトータルは2450万円

なんだかんだで19万ユーロ(約2450万円)も改造に突っ込んでしまったそうですが、この993ターボを購入した金額が約1740万円だったそうなので、「カレラGT一台分」くらいのお金がトータルでかかっている、ということに。

Gemballa-GTR-600-4273

なお、そのオーナーは2002年に走行約27,400キロにて手放しており、おそらく売るときは「二束三文」だったのかもしれません(当時はこういったポルシェの改造に対して市場が否定的だった。ただ、こういったクルマにしてはけっこうな距離を走っているので、オーナーとしては満足だったんじゃないかと考えられ、損失も許容できたのかもしれない)。

Gemballa-GTR-600-4246

このゲンバラGTR600は、さらにその後何人かの手を経ることになり、走行約5万キロの状態で今回オークションに登場したということになりますが、オークション終了まであと4日残して約1700万円まで価格が上がっています。

Gemballa-GTR-600-4243

おそらくは現在のほうが空冷ポルシェやゲンバラに対する評価が高いために(最初に売却した時より)ずっと高い金額で売れるのだと思われますが、オークション終了までには相当な金額まで上がるのかもしれません。

Gemballa-GTR-600-4126

なお、ところどころギャップが見られるものの、全体的には美しい状態を保っており、今更ながらゲンバラの持つ素材や仕上げに対するレベルの高さを思い知らされます。

Gemballa-GTR-600-4290

それにしても立派な羽根だ・・・。

Gemballa-GTR-600-4447

ホイールはセンターロックのようにも見えますが、ちゃんと5本のホイールボルトも使用していますね。

Gemballa-GTR-600-4235

フロントフードはカーボンケブラー製。

Gemballa-GTR-600-4744

ゲンバラGTR600のインテリアはこうなっている

そしてこちらはゲンバラGTR600のインテリア。

レーシングカー然とした外観を持つにもかかわらず、美しいレザーにて覆われています。

補強のためのバーはカーボン製ですね。

Gemballa-GTR-600-4512

アッパーはネイビー、ロワーパートはネイビー。

カーペットはネイビー、そしてフロアマットにはグレーの縁取りがなされ、ヒールプレートも装着されています。

Gemballa-GTR-600-4524

ステアリングホイールのトップのカーボン製。

Gemballa-GTR-600-4626

エンジンスターターはプッシュ式。

当時としてはけっこう画期的だったんじゃないかと思います。

Gemballa-GTR-600-4632

リアシートは「レス」。

そのかわり強固なバーにて固められています。

Gemballa-GTR-600-4706

合わせて読みたい、空冷ポルシェ関連投稿

マラドーナがかつて所有し「街中を178km/hで走って捕まった」ポルシェ911カブリオレ・ターボルック(964)
マラドーナがかつて所有し「街中を178km/hで走って捕まった」ポルシェ911カブリオレ・ターボルック(964)が競売に登場。予想落札価格は最高で2500万円

| マラドーナという付加価値を抜きにしても、964カブリオレ・ターボルックは珍しい | さて、マラドーナの所有していた1992年製ポルシェ911カレラ2(964)コンバーチブルが3月に開催されるオーク ...

続きを見る

リアウイングなしのポルシェ911GT2 RSがオークションに
スイスのオーナーが希少なポルシェを7台放出!その中には「993ターボカブリオレ」など存在そのものが知られていないレアカーも

| さらにこのオーナーはちょっと特殊な仕様でオーダーする傾向があるようだ | さて、RMサザビーズが開催するオンラインオークションに「スイスのオーナーが出品する7台の希少なポルシェ」が登場予定。これら ...

続きを見る

ポルシェ911(964)3.8RS
生産されたのはわずか50台、そのうち3台しか存在しない右ハンドルのポルシェ911(964)カレラRS 3.8が中古市場に!その価格はなんと1億8500万円

| 新車時に購入できたのはポルシェの重要顧客のみ、製造したのはポルシェのモータースポーツ部門 | 非常に希少なポルシェ911(964)カレラRS 3.8が中古市場に登場。その価格はなんと邦貨換算で1億 ...

続きを見る

参照: Collecting Cars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5