■そのほか車関連のネタなど

クルマを買うならこの色!600万台の調査によって「売るときに値段が下がりにくい色、下がりやすい色」が数値化される

投稿日:2021/04/30 更新日:

ランボルギーニ・ウラカン

| ただし事実が必ずしもそうだとは限らない |

さて、iseecarsがちょっとおもしろいレポートを公開。

これは2017年から2020年までの600万台にのぼる取引情報を調べ、「そのボディカラーのクルマが、新車時の価格に比べ、3年後には中古車市場でどれくらいの価格で売られているのか」、つまり価格維持率を数値化したもの。

「価値を維持できるボディカラーは何色か」といいかえることもできますが、自動車全体の傾向、そしてSUVやオープン、クーペ等のカテゴリ別でも比較がなされており、ここでその内容を見てみましょう。

全ボディ形状共通の人気・不人気カラーはこうなっている

まずは全ボディ共通での「価格維持率」。

「%」にて表示されている数字は「そのカラーの新車時平均価格から、3年経過時の(同一カラーの)中古車平均価格がどれくらい下がっているか」というもの。

これらはカラーごとに算出されていて、たとえば「20.4%」であれば、そのクルマのそのボディカラーについて、3新車から3年経過後の相場が「20.4%しか下がっていない」ということですね。

一見すると奇抜なカラーが上位を占め、ホワイトやブラックが下に沈んでいるのはちょっと意外です。

全ボディ形状のボディカラー別価格維持率

  1. イエロー・・・20.4%
  2. ベージュ・・・22.8%
  3. オレンジ・・・27.1%
  4. グリーン・・・31.3%
  5. グレー・・・36.4%
  6. レッド・・・36.9%
  7. ブルー・・・37.0%
  8. シルバー・・・37.6%
  9. ホワイト・・・38.0%
  10. ブラック・・・38.4%
  11. パープル・・・41.2%
  12. ブラウン・・・42.1%
  13. ゴールド・・・45.6%

SUVの人気・不人気カラーはこうなっている

そして次はSUV。

「グリーン」が2番めに入っており、しかし「グリーンのSUV」というのもなかなか思いつかず、このあたりはアメリカ市場特有のカラーなのかもしれません。

SUVのボディカラー別価格維持率

  1. イエロー・・・30.3%
  2. グリーン・・・32.5%
  3. オレンジ・・・35.7%
  4. レッド・・・38.4%
  5. グレー・・・39.2%
  6. シルバー・・・39.4%
  7. ブルー・・・39.9%
  8. パープル・・・40.0%
  9. ホワイト・・・40.1%
  10. ブラック・・・41.3%
  11. ゴールド・・・42.4%
  12. ブラウン・・・43.4%
  13. ベージュ・・・46.0%

オープンモデルの人気・不人気カラーはこうなっている

次はオープンモデル。

iseecarsによると、もともとオープンカーは他のボディ形状に比較して値落ちが小さく、そして「せっかくのオープンモデルなので、目立つ色に乗りたい」と考える人が多いのか、明るいボディカラーに人気が集中しているようですね。

オープンモデルのボディカラー別価格維持

  1. レッド・・・24.5%
  2. ブルー・・・27.1%
  3. イエロー・・・27.8%
  4. ホワイト・・・31.3%
  5. ブラック・・・33.5%
  6. シルバー・・・37.8%
  7. グレー・・・38.2%

クーペの人気・不人気カラーはこうなっている

次はクーペ。

いずれのリストにも「ブルー」が入りますが、これはアメリカならではの現象だと考えています。

なお、ここでも「イエロー」の人気が高く、しかし注意する点が一つ。

それは、このリストの数字は「売却価格」ではなく「店頭価格」をもとに算出している、ということです。

何が言いたいかということ、(イエローのクルマに4台乗った)ぼくの経験上ですが、イエローは買取価格そのものは高くなく、しかし店頭に出ると高くなることが多いようです。

その理由として「イエローは一般性に乏しいが、よく目立つ」ということで、買い取る側としては「イエローは(ホワイトやブラックに比べて)売りにくく、長期在庫化する可能性があるので安く買い取らねばならない」「しかし客引きとしては機能する可能性が高く、さらに好きな人は高く買うので、無理に安い値付けをせず、できるだけ長期間客寄せパンダとして機能させつつも、高くとも買うという人の出現を待つ」という心理が働いているものと思われます。

よって、買取店に黄色いクルマを持ってゆくと「う〜ん、黄色ねえ・・・あまり買う人がいない不人気カラーだからね・・・」と買い叩かれ、しかしそれが店頭に出ると「希少!人気のイエロー!!」といった感じで高値がつくことになるわけですね。

そのため、今回の統計結果についても、「買取価格」というところを起点とすると、また全然違った結果になるんじゃないかと考えています(ホワイトやブラックは、台数が多く競争が厳しいので店頭価格は安くなるが、回転も早いので、在庫リスクを排除して高い値段で買い取ることができる)。

クーペのボディカラー別価格維持率

  1. イエロー・・・22.2%
  2. ブラック・・・25.9%
  3. ブルー・・・26.5%
  4. ホワイト・・・26.9%
  5. シルバー・・・28.5%
  6. オレンジ・・・29.2%
  7. レッド・・・30.4%
  8. グレー・・・32.7%

誰か買ってあげて!ボクが以前に乗っていたアウディTTが値下げして販売中

カーチス南港(大阪)にて販売中 ぼくは今年の8月までアウディTTに乗っていましたが、そのアウディTTがカーチス南港にて販売中(売却したのはカーチスなので、そのままどこにも流れずにカーチスで販売されてい ...

続きを見る

ミニバンの人気・不人気カラーはこうなっている

最後はミニバン。

さすがに他で人気の「イエロー」は入らず、やはり地味なカラーの人気が高いようですね。

ミニバンのボディカラー別価格維持率

  1. ブルー・・・39.1%
  2. ホワイト・・・39.4%
  3. レッド・・・40.3%
  4. グレー・・・40.4%
  5. ベージュ・・・40.8%
  6. シルバー・・・41.4%
  7. ブラック・・・41.4%
  8. ブラウン・・・41.6%

合わせて読みたい、ボディカラー関連投稿

400万台の売買から判明!「高く売れる」中古車のボディカラーはこの色だ(総合、ボディ形状別、車種別)

この記事のもくじ1 | 北米だと圧倒的にベージュ、ゴールドの人気が高いようだ |1.1 中古車市場全体の「カラー別相場」はこうなっている1.2 スポーツカーではブラウンが一番人気1.3 SUVの人気カ ...

続きを見る

ポルシェが過去から現在まで64色のボディカラーをピックアップし人気投票を開催中
ポルシェが過去から現在まで64色のボディカラーをピックアップし人気投票を開催中!過去にはけっこう意外なボディカラーもあったようだ

この記事のもくじ1 | 現在ポルシェの人気色は「ブラック」そして「グリーン」 |1.1 ポルシェの「メタリック」にはこんなボディカラーがある1.2 ポルシェのメタリックにはこんなカラーがある1.3 ポ ...

続きを見る

メルセデス・ベンツ
世界における人気ボディカラーは1位ホワイト、2位ブラック、3位グレー、4位シルバー、5位ブルー。日本だと白黒人気が圧倒的、BMWやアルファードでは約80%が白黒

この記事のもくじ1 | 日本では意外と「ブラック」も人気だった |1.1 意外や「ブルー」も多かった2 ホワイトは2010年前後から「もっとも人気のあるボディカラー」に2.1 日本だと「白黒」で80% ...

続きを見る

参照:iseecars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5