>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが東南アジア向けに7人乗りのオシャレなSUV「N7X」を発表!ホンダらしいアクティブさ、ミニバンとSUVとの利点を併せ持つ「売れそうな」クルマだと思う

投稿日:

ホンダN7X

| やっぱりホンダはシャープでアグレッシブなデザインがよく似合う |

ホンダがアジア太平洋市場向けに「N7X」を発表。

これはその名から予想できるとおり7人乗りのクルマで、現段階ではコンセプトカーにとどまるものの、8月には生産が開始される「市販モデルに限りなく近い」位置にあるようですね。

なお、ホンダいわく、このN7Xは「クロスオーバーとミニバン」とのいいとこ取りだと表現しています。

N7XはBR-Vの後継モデル

このN7Xについて、現在ホンダがタイとインドネシアにて生産しているBR-Vの後継モデルとなる模様。

このBR-Vは全長4,456ミリ、全幅1,735ミリ、全高1,666ミリというサイズを持つ7人乗り「アクティブスポーツクロスオーバー」ですが、ポジション的にはヴェゼルとCR-Vとの中間くらい。

つまりはコストパフォーマンス重視の積載効率に優れるクルマということになり、そして今回N7Xへとスイッチすることで、さらにその性格を強めることになるのかもしれません。

Honda-N7X (3)

N7Xは力強いデザインが特徴

ホンダによると、このN7Xのデザイン的特徴は「力強く直立したグリル、強調されたボディライン、ダークプラスチック製のホイールアーチプロテクター」。

この「力強く直立したグリル」というのはひとつのポイントだとも考えられ、現在ホンダが北米そしてアジアで進めようとしているデザインでもありますね。

ホンダは新型フィットや新型シビックにて「薄味でスリムな」デザインを採用しているものの、一部では「押しが弱い」という意見もあり、北米では「マッチョなデザイン」待望論もある模様。

Honda-N7X (2)

CR-V、フィットがRAV4/ヤリスに惨敗のホンダ。無味無臭な都会派デザインを捨て「マッチョになる」ことを検討中

この記事のもくじ1 | 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |1.1 世の中は「アクの強いクルマ」を好む方向へ?1.2 金太郎飴は諸刃の剣城1.3 ホンダのデザインは今後マッ ...

続きを見る

実際に中国やアジアで販売するモデルについては「押出の強いフロントグリル」を採用したモデルも登場しており、ホンダは当面「スリムなデザイン」と「押出の強いデザイン」両方を使い分けてゆくのかもしれません。

Honda-N7X (4)

なぜホンダ・オデッセイはスマート路線から押し出しの強いデザインへ転じたのか?クルマもいまや「インスタ映え」の時代へ

この記事のもくじ1 | ホンダはこれからデザインを大きくシフトさせるかもしれない |1.1 初代オデッセイのイメージは黒豹だった1.2 なぜ6代目の新型オデッセイはイカツいミニバンになったのか1.2. ...

続きを見る

さらにホンダは、このN7Xについて「ホンダの特徴である運転する楽しさを提供し、MPVのプレミアムな快適性と広々とした空間、そしてSUVの多用途性とスタイルを兼ね備える」「クルマのあるべき姿を追求したコンセプトであり、運転のしやすさだけでなく、すべての乗員に最高の快適性を提供し、安心感を与えるクルマ」だとも表現。

Honda-N7X (5)

そして、画像を見る限りでは高い質感を持っていること、訴求力のある(ホンダらしい)ルックスを持っていることは間違いなく、現地ではもちろん、日本でも発売すれば、けっこうなヒットになるんじゃないかとも考えています。

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

この記事のもくじ1 | ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |1.1 ホンダの操業コストはかなり高い1.2 なぜホンダは儲からないのか1.3 こんな記事も読まれています ...

続きを見る

ホンダのキー
名車(迷車?)の多いホンダ!ホンダファンのボクが「これまでの革新的な車」を並べてホンダの起こしたパラダイムシフト、そして問題を探る

この記事のもくじ1 | ボクはホンダの考え方が大好きだ |1.1 「生き残る」ための方法には三種類しかない2 ホンダは自らの生きる世界を切り開く2.1 ホンダは常に価値観をシフトさせてきたが3 チャレ ...

続きを見る

ホンダ・シビック・タイプR
なぜホンダはここまで落ちぶれたのか?頼みの綱のフィットはTOP10圏外、国内シェアは下がり続け10%を切る寸前に

この記事のもくじ1 | 市場に「媚びた」クルマを作るようになってファンに見放されたのかもしれない |2 なぜホンダはこんなことになってしまったのか2.1 ホンダのクルマはもはや面白くない3 トヨタは逆 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5