ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車

ついにあのランチア・デルタが蘇る?ランチアが「3つのニューモデル」を計画中との報道、そのうちのひとつが「デルタ」だとも

投稿日:

ランチア・デルタ

| ランチア・デルタが蘇るとしても2027年、そしてEV |

どう考えても、ブランド再生を考えたときに「デルタ」を活用しない手はない

さて、このところ何かと周辺が騒がしいランチア、そしてステランティス。

つい先日は新しいデザイナーを迎えて「過去の威光を取り戻す」と発表しており、しかし今回は2024年から2027年にかけて、シティカー、コンパクトクロスオーバー、コンパクトハッチバックという3種類の新型車を発表する予定だと報じられています。

そしてもちろん、これらのデザインを手掛けるのは新デザイナー、そしてステラティス社のグローバル・チーフ・デザイン・オフィサーであるジャン=ピエール・プルエ氏。

ランチアが新デザイナー任命にて「かつての地位を取り戻す」と発表
ランチアが新デザイナー任命にて「かつての地位を取り戻す」と発表!やはりデルタ、ストラトスの復活を期待したいところだが、まずは一番売れそうな「エレクトリックSUV」からの展開となるのかも

| ステランティスはランチア含む傘下のブランドに10年の猶予と復活のための予算を供与 |この記事のもくじ| ステランティスはランチア含む傘下のブランドに10年の猶予と復活のための予算を供与 |どうやら ...

続きを見る

現在、ランチアのラインアップは「1車種のみ」

なお、現在のランチアのラインアップは「イプシロン」1車種のみ。

1車種だけでブランドが成り立っているというのはにわかに信じがたいものの、イプシロンはこの35年間で300万台程度を販売しており、比較的「好調」な部類に属するのだそう。

ただ、ベースはフィアット500であり、発売されたのは10年前の2011年なので、そろそろ「限界」も見えてくるのかもしれません。

これまでには2015年にフェイスリフト実施、2020年にマイルドハイブリッドバージョンの追加、2021年の再フェイスリフトなどアップデートを繰り返してきたものの、今回の報道によると、ランチアはついにイプシロンの後継モデルを発売するということになりそう。

そしてこのイプシロン後継はプジョー208やオペル・モッカにも採用されるCMP/eCMPプラットフォームの改良版をベースとしており、ガソリン車のほか、ランチア初となるピュアエレクトリックバージョンも用意されると報じられています。

日本導入なるか?オペルがカッコいいEV「モッカ」発表!スマートフォンっぽい斬新なデザインが魅力的

| 新生モッカはプジョー・シトロエンの力を借りて全く新しいクルマへと生まれ変わった |この記事のもくじ| 新生モッカはプジョー・シトロエンの力を借りて全く新しいクルマへと生まれ変わった |「新」モッカ ...

続きを見る

このイプシロン後継の「シティカー」は2024年登場と言われますが、2026年には「エレクトリッククロスオーバー」も登場し、こちらはステランティス傘下のブランドにて使用されることにあるSTLAミディアム・プラットフォームをベースにする模様。

ランチア・イプシロンはけっこう売れていた

なお、現在の自動車事情を考慮するとSUVを先に発売しそうなものですが、イプシロン後継を先に持ってきたのは、おそらく「イプシロンがけっこう売れているから」。

イプシロンは現在イタリア国内でのみしか販売されていませんが、1月~5月の間では22,783台の販売があり、これは驚くべきことに「イタリアで2番めに売れているクルマ」であることを意味し、さらに驚くのは、同期間における、欧州でのアルファロメオ全モデルの販売台数よりも多いということ。

これだけ売れているのであれば、まずはイプシロン後継を、と考えるのにも納得ですね。

021-05-14 14.13.15

ついにランチア「デルタ」復活か?

そして要注目なのが2027年に発売されると言われる「コンパクトハッチバック」。

こちらはあの「デルタ」の名を復活させたモデルになるといい、ランチアの本格的な復活の原動力となるかもしれません。

ちょっと前にはルノーが「5」をピュアエレクトリックカーにて復活させると宣言していますが、デルタも復活するとなると、欧州ではちょっとしたリバイバルブームが起こる可能性もありそうですね。

ルノー5プロトタイプ
ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |この記事のもくじ| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |ルノー5プロトタイプはこんな外観を持っているルノーは新戦略「Renaul ...

続きを見る

なお、ステランティスCEO、カルロス・タバレス氏は、ランチア、アルファロメオ、DS等傘下の14ブランドに対して10年分の投資を確保したと述べており、それぞれのブランドはビジョンを明確にしてロードマップを構築し、長期的に存続できることを証明することになりますが、今回出ている「ランチアのニューモデル」もこういった計画の一環ということになるのかも(デルタ復活は話題性からしても、ブランド再生の近道だとも考えられる)。

そして「2027年」というとまだまだ先のように思えるものの、もしかすると、これは「バッテリー価格が下がり、EVがガソリン車よりも安くなる」と言われる2025年以降に開発を行うことを意味している可能性もありそうです。

ランチアはまず電動キックボードを発売

そしてこの「3つのニューモデル」のウワサをよそに、ランチアは電動キックボードを発売。

街なかでの移動を主眼においた「イプシロン eスクーター」と命名された製品で、同分野のスペシャリストでもあるMTディストリビューション社との共同開発だと紹介されています。

lancia-ypsilon-e-scooter

ランチアいわく「持続可能で、より革新的で、さらにスタイリッシュな」未来の世界からインスピレーションを得た製品だといい、1回の充電で約約18キロメートルの走行が可能です。

前後にLEDライトを装備し、アルミフレームを採用、8インチのホイール装備というスペックを持ち、使用しないときは簡単に折り畳んでクルマに積むこともできる、とのこと。

カラーはイプシロンにあわせた「マリーヌ」と「ゴールド」、そして価格は約38,000円程度だとされるので、(イプシロン人気とも相まって)けっこう売れるのかもしれません。

lancia-ypsilon-e-scooter (1)

合わせて読みたい、関連投稿

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング
ルノー5に続け!ランチア・デルタHFインテグラーレが蘇ったらこうなる?というレンダリング

| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |この記事のもくじ| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |ランチア・デルタ・インテグラーレは日本でも大人気新世代のラン ...

続きを見る

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開
伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開。とんでもなくスパルタンなクルマになりそうだ

| ランチア本家が動かずとも、第三者によって「ストラトス」「デルタ」「037ラリー」が蘇る |この記事のもくじ| ランチア本家が動かずとも、第三者によって「ストラトス」「デルタ」「037ラリー」が蘇る ...

続きを見る

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」
ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」。よって小型車メーカーは上級移行かEV移行かしか道が無さそう

| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは |この記事のもくじ| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは |触媒そのものの価格は大型車でもコンパクトカーでもあまり変わらないこれ ...

続きを見る

参照:Automotive News

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5