>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■車/バイクの試乗記、購入検討や比較 ■近況について

メルセデス・マイバッハGLS600 4MATICに試乗!その乗り味は極上、内外装の高級感も抜群だが、一方で目に見えないところには「普通のメルセデス・ベンツっぽい」部分も

投稿日:2021/08/02 更新日:

メルセデス・マイバッハGLS600 4MATICに試乗!その乗り味は極上、内外装の高級感も抜群だが、一方で目に見えないところには「普通のメルセデス・ベンツっぽい」部分も

| ロールスロイス、ベントレーとは明確に異なるキャラクターを持っており、積極的に選びたくなる理由も |

なんといっても「マイバッハ」のネームバリューは大きい

メルセデスミー大阪にてメルセデス・マイバッハGLS600 4MATICに試乗。

ただ、試乗といっても自分で運転することはできず、スタッフの運転による同乗試乗となっています(マイバッハはもともと自分で運転するたぐいのクルマではないので、これはこれでいいのかも)。

メルセデスミーでは新型車やレアモデルのテストドライブが可能ではあるものの、一部の(高額もしくは非常にパワフルな)モデルに関しては「スタッフの運転」という制限が課されているわけですね。

ちなみに今回試乗したのは、先日まで展示車として使用されていたヒヤシンスレッドの個体です。

メルセデス・マイバッハGLSを見てきた!さすがはメルセデスが「芸術品」とまで言うだけあって細部にまで入念な仕上げが施されている
「走る芸術品」メルセデス・マイバッハGLSを見てきた!さすがはメルセデス・ベンツ最高峰、これに乗ったらさぞかし快適だろうな・・・

| この機会を逃すと、おそらくはもう二度とこのクルマを目にすることはなさそうだ | 冷静に考えるとベンテイガに近い価格設定もであり、意外と売れるのかもしれない さて、メルセデス・マイバッハGLS600 ...

続きを見る

ベースはメルセデス・ベンツGLS

このメルセデス・マイバッハGLS 600 4MATICのベースはその名が示すとおりメルセデス・ベンツGLS。

ちなみにGLSは以前に(自身の運転にて)試乗済みですが、同乗ながらも「どう違うのか」について考えてみたいと思います。

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツの旗艦SUV、GLSに試乗してきた!この価格で買えるクルマとしては「最高に贅沢」な一台だと思う

| ポルシェ911カレラと同じ価格でここまで贅沢なクルマを作れるとは | さて、メルセデス・ベンツのSUVにおけるフラッグシップ、「GLS」に試乗。グレードはGLS 400d 4MATIC、ボディカラ ...

続きを見る

室内の高級感は文字通り「ケタ違い」

なお、外装やパワートレーン同様に内装のベースもメルセデス・ベンツGLS。

ただしその高級感はGLSと「桁違い」という印象で、消費者に対してメルセデス・ベンツGLSの2183万円ではなく、メルセデス・マイバッハGLSの「2729万円」を積極的に払いたくなるという気持ちにさせる必要があり、そのために見た目の高級感を大きく向上させているようですね。

L1340527

ちなみにインフォテイメントシステムやアンビエントランプはメルセデス・ベンツGLS、メルセデス・マイバッハGLSともに共通ではありますが、こうやって見ると「とにかく光りまくる」という印象。

L1340526

とにかく光る。

L1340535

スピーカーのエッジまで光る!

L1340533

サンルーフと内装との境界までもが光る!

L1340537

室内後方はこんな感じ。

L1340538

「マイバッハ」の主張は控えめ

なお、「マイバッハ」のロゴは意外と控えめで、センターコンソールのコマンダーや・・・。

L1340532

ペダル(!)、そしてあとは一部メーター表示パターンの中に表示されるくらい。

ちなみにカーペット、フロアマットともにメルセデス・ベンツGLSに比較すると毛足が長いように思います。

L1340558

ただし高級感を演出するための手法としてルーフ内張りはフルレザー。

L1340539

ルームランプ周辺もレザー張り(サンバイザーもレザー張り)。

L1340540

ルーフインナーに取り付けられるハンドルもフルレザー。

L1340542

オーディオはブルメスター(すごくいい音が出る!)。

L1340546

トリムはピアノブラック仕上げのウッドにラインが入るという仕様。

L1340547

ステッチはコントラストカラーが用いられているパート、レザー同色が用いられるパートとがあるようです。

L1340544

実際にメルセデス・マイバッハGLSで走ってみると

そこで実際にメルセデス・マイバッハGLS600 4MATICに同乗して試乗開始。

エンジンの始動や走り出しは非常にスムーズで、とにかく静かで快適という印象(ドライブモードには、コンフォートよりも快適な”マイバッハ”モードがある)。

L1340559

「マイバッハ」ブランドなので当然といえば当然ですが、その快適さは特筆すべきレベルにあり、分厚いガラスにて外部からの騒音の侵入を防ぐことはもちろん、自身の発するノイズやバイブレーションも完全に吸収。

アイドリングストップからの復帰においても「エンジンが始動したとは気づかないレベルであり、よくここまで静かなキャビンを実現したな、と驚かされます。

L1340549

さらには外部からの衝撃についてもみごとなまでに抑えこまれ、23インチのホイールを装着しているというのが信じられないくらい。

もちろんこれには「カメラで地形を読んで、それにあわせてダンピングを変化させる」メルセデス・ベンツ得意のデバイスがこのフラットライドに貢献していることは間違いありませんが、前後左右の揺れが小さく姿勢が安定しているのもマイバッハGLSの美点ですね。

これまでにも数々の高級SUVと言われるクルマに試乗してきましたが、ロールスロイス・カリナン、ベントレー・ベンテイガはその重心の高さに起因して「揺れ」が気になる場面があり、しかしマイバッハGLSではそれが皆無(に近い)、ということになります。

L1340551

なお、ドアを開けると電動にてステップが出てきますが、けっこうこれは便利な装備(ただ、高さがちょっと微妙ではある)。

加えて視覚的インパクトも非常に大きい、と考えています。

L1340562

逆に気になったのは、グローブボックスはじめ各種小物入れを開けるときの質感、そして「内側」の素材。

メルセデス・マイバッハGLS600 4MATICの「目に見える部分」は非常に高級ではあるものの、逆に「普段目に見えない」部分のタッチや質感は「普通のメルセデス・ベンツ」っぽく樹脂がむき出しとなっていたりして、ここはロールスロイス、ベントレーには「かなわない」部分だと思います(せめてフロック処理であったならば)。

L1340553

参考までに、燃費は1時間の試乗を終えた時点で「リッター2.7キロ」。

町中のみの走行なので仕方ない部分ではあるものの、このあたりはある意味で「さすがマイバッハ」。

ちなみにエンジンは(おそらくメルセデスAMGによる)手組みで、しかしメルセデスAMGだと製造担当者の名が入る部分に「マイバッハ」のプレートが装着されています。

L1340563

マイバッハGLS600はロールスロイス、ベントレーとは明らかに異なるキャラクターを持っていて、このメルセデス・マイバッハGLS600 4MATICのアドバンテージというと「フラットライド」「安定性」「インフォテイメントシステムの先進性」ということになりそう。

逆にロールスロイス、ベントレーはずっと超高級車を作ってきたという余裕が感じられ、いささかアナログ的な印象も。

これについて、メルセデス・マイバッハは、”超”高級車になりきれていない部分を、テクノロジーによってカバーしている」と見えなくもなく、ロールスロイス、ベントレーは「デジタル技術によって無理に取り繕う必要がない」とも言い換えることができるかもしれません。

ただ、マイバッハのネームバリューは絶大であり、その希少性を考慮すると、マイバッハGLSは「買い」。

そして、リセール的にはメルセデス・ベンツGLSより数段優れることも容易に想像でき、よってメルセデス・ベンツGLSより高価であっても、ぼくとしてはマイバッハGLSを選ぶべきだとも考えています。

メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC試乗動画はこちら

合わせて読みたい、メルセデス・ベンツ関連投稿

【動画】もっとも高級なマイバッハ、「メルセデス・マイバッハGLS」のレビューが到着。アノ部分はこうなっていた

| メルセデス・マイバッハGLS600はやっぱり「後部座席に乗ってこそ」のクルマだった | メルセデス・ベンツはつい先日、中国にて「メルセデス・マイバッハGLS 600」を発表したばかり。そして今回、 ...

続きを見る

新型メルセデス・ベンツ Sクラス試乗
【動画】新型メルセデス・ベンツ Sクラス試乗!その快適さや静かさよりも最新のMBUX、「パッシブからアクティブに」なった乗員へのサポートに驚いた!

| これぞまさに新世代のメルセデス・ベンツ | さて、メルセデスミー大阪に新型Sクラスの試乗車が配備されたため、早速試乗に。用意されている試乗車はS400d 4MATIC Long、S500 4MAT ...

続きを見る

【試乗:メルセデス・ベンツGLB】最新のベンツは最良のベンツ!GLSにも劣らぬ快適性を持ち、その価格は512万円。トヨタ・ハリアーとの競合が多いそうだ

| 先代GLAとの比較だと「完全に別次元に」まで進化している | さて、メルセデス・ベンツの最新SUV、「GLB」に試乗。GLBはGLAと同時に発表されていることでもわかるとおり、多くをGLAと共有し ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■車/バイクの試乗記、購入検討や比較, ■近況について
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5