ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他の国の車

【動画】リマック・ネヴェーラが公式にて「市販車最速ゼロヨン記録」更新!路面状態を自動学習してグリップを調整する機能があり、走るたびに速くなるようだ

投稿日:2021/08/17 更新日:

リマック・ネヴェーラが公式にて「市販車最速ゼロヨン記録」更新!路面状態を自動学習してグリップを調整する機能があり、走るたびに速くなるようだ

| さらに、リマックによればもっとゼロヨンタイムは速くなるという |

おそらくはこの他の記録も続々更新してゆくことになりそうだ

さて、リマックが発表したばかりのピュアエレクトリックハイパーカー、「ネヴェーラ」。

これまでにもその速さがなんどとなく報じられてきましたが、今回は1/4マイル(ゼロヨン)における市販車最速記録を更新した動画が公開されており、どんどんその伝説が上書きされているようですね。

まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす
【動画】まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

| エレクトリックスポーツの納車が進んでくると、もはやこれまでの常識を修正する必要がありそうだ |この記事のもくじ| エレクトリックスポーツの納車が進んでくると、もはやこれまでの常識を修正する必要があ ...

続きを見る

しかも最速記録は「市販タイヤにて」

そして今回記録を達成したリマック・ネヴェーラに装着されていたのは市販そして公道走行可能なロード用タイヤ。

ちなみにリマックはネヴェーラのプロモーションのために様々なイベントを開催しており、その販売を加速させようと目論見中。

まだ予定販売台数を完売するにはいたっておらず、その台数を消化すべく様々なユーチューバーにも貸し出しを行っているようですね。

-08-15 22.15.27

リマックCEO「C_Twoが完売したと言われるが、それは正しくない。製造前にハイパーカーを完売させることができるのはフェラーリくらいのものだ」

| ただしあと何台受注枠があるのかはわからない |この記事のもくじ| ただしあと何台受注枠があるのかはわからない |リマックの何がすごいのかリマックC_Twoはまだ受注枠が空いている合わせて読みたい、 ...

続きを見る

そして今回リマック・ネヴェーラをテストしたのはドラッグレース専門ユーチューバー、ドラッグタイムス氏。

まずはイベントにてリマックのスタッフが運転するネヴェーラの助手席に座り徹底的にその特性を把握することに努めています。

-08-15 22.15.20

リマック・ネヴェーラは走るたびに速くなる

その後ドラッグタイムス氏は運転席に移り1,914馬力の真価を確かめることになりますが、3度のドラッグレースを市販のミシュラン・パイロットスポーツ4S装着状態にて走っており、タイヤが温まっていない1本目でも8.74秒を記録。

その後8.61秒、8.58秒とタイムを短縮してついに「市販車のゼロヨンタイム最速」を記録することになりますが、驚くのは合計で11本ものゼロヨンを走っていること。

テスラ・モデルS /モデルYも非常に速いタイムを出すことで知られますが、こちらは3本も走るとコンピューターがエラーを出すとも言われ、それを考慮すると「11本もゼロヨンを走ることができる」のはかなり驚きでもありますね。

2021-08-15 22.15.51

リマックの開発兼テストドライバーであるミロスラフ・ズンチェヴィッチ氏によると、「VHT(路面上のグリップ剤)を使用した初めてのテストで、何が起こるかわかりませんでした。最初のうちは、ヨーロッパで行われた通常の路面でのテストよりも、クォーターマイルのタイムが予想よりも遅くなってしまいました。路面温度が65℃だったこともあり、調整が必要でしたが、当社のトラクションコントロールは、走行ごとに路面を学習し、ホイールのトルクを調整します」とコメント。

つまりこれが走るたびにタイムを短縮した理由だと言えそうですね。

021-08-15 22.16.18

さらにミロスラフ・ズンチェヴィッチ氏は「タイヤのウォームアップ方法を変えて調整した結果、良い結果を得ることができました」と語り、続けて「ドラッグタイムスの経験を生かしたステージングのおかげで、市販車最速加速の世界記録を達成し、自分たちのクォーターマイル記録も更新することができました。しかし、ネヴェーラにはさらなるポテンシャルがあり、この種の路面での経験とテストを重ねれば、さらに速く走れると確信しています」と述べ、今後はゼロヨン最速記録を上書きし、さらにその他記録も「総なめ」にかかるのかもしれません。

リマック・ネヴェーラが公式に「ゼロヨン世界最速」を記録する動画はこちら

合わせて読みたい、リマック・ネヴェーラ関連投稿

リマックが新型ハイパーEV「Nevera(ネヴェーラ)」を発表
【動画】リマックが新型ハイパーEV「Nevera(ネヴェーラ)」を発表!出力1,914馬力、0−100km加速は1.97秒。限定150台、その価格は2.7億円

| その出力や加速はコンセプトモデルと大きな差異はないものの、市販モデルでは空力性能に磨きをかけてきたようだ |この記事のもくじ| その出力や加速はコンセプトモデルと大きな差異はないものの、市販モデル ...

続きを見る

まさかの「フェラーリSF90とリマック・ネヴェーラとの加速競争」がもう実現
【動画】まさかの「フェラーリSF90とリマック・ネヴェーラとの加速競争」がもう実現!あまりのネヴェーラの速さに「狂気の沙汰だ」

| リマックはすでに各メディアを招いて空港にてイベントを開催していたようだ |この記事のもくじ| リマックはすでに各メディアを招いて空港にてイベントを開催していたようだ |リマックの公称値は「理想値」 ...

続きを見る

リマックがネヴェーラの試乗イベント中、公道上にて「142km/hオーバー」で走ったことが判明
リマックがネヴェーラの試乗イベント中、公道上にて「142km/hオーバー」で走ったことが判明。CEO自ら謝罪、そしてドライバーは起訴される可能性も

| 「クリーン」さを売り物にするEV専業メーカーだけにイメージダウンは避けられない |この記事のもくじ| 「クリーン」さを売り物にするEV専業メーカーだけにイメージダウンは避けられない |なにかと堅苦 ...

続きを見る

参照:DragTimes

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5