>スバル(SUBARU)

【動画】どうにもデザインへの批判が収まらない新型スバルWRX。一人のデザイナーが「気に入らない」部分をフォトショで修正してみた

投稿日:2021/09/15 更新日:

どうにもデザインへの批判が収まらない新型スバルWRX。一人のデザイナーが「気に入らない」部分をフォトショで修正してみた

| ただし、正直言うと変更前、つまりスバル純正のデザインほうが良いような気がする |

そもそもデザインの良し悪しは数値で測れず、感覚による判断なのでどうにも難しい

なぜか現在、そのデザインが批判にさらされている新型スバルWRX新型(ぼく自身はかなり高く評価している)。

今回、カーデザイナーのスケッチモンキー氏がそういった声に対するリアクションとして「どうすれば新型WRXはもうちょっと格好良くなるのか」を考え、そのデザインをフォトショップにて調整することとなっていますが、同氏は以前に新型BRZについてもデザインの手直しを行い、動画を公開したことがあります。

新型スバルBRZの再デザイン
参考【動画】オレならスバルBRZをこうデザインする!新型BRZを自分の考える仕様に"再デザイン"した男

| いずれにしても、新型SUBARU BRZのデザインがイケてることに変わりはないようだ | さて、様々なクルマを「もしもこうだったら」「こうあるべき」という観点から再デザインするカーデザイナー、スケ ...

続きを見る

とにかく樹脂製クラディングの評判がよろしくない

なお、新型WRXで一番不評なのが、この(フェンダーアーチに取り付けられた)樹脂製クラディング。

ただ、ぼくがもっとも高く評価するのもこの樹脂製クラディングなのですが、その理由はいくつかあって、まずはこれの装着にてボディカラー部分の面積が減り、さらにはタイヤやホイールハウスと同化して見えるため、タイヤやホイールの貧相さや、タイヤとホイールハウスとの隙間を「誤魔化す」ことができるため。

10

加えて実用的な理由により、「よく擦りがちなフェンダーアーチの修理コストが安くなる」、さらには今後登場するであろうWRX STIについても、「オーバーフェンダー化が(ボディパネルを変更することなくワイド化できるので)容易」になると考えていて、かなり素晴らしいソリューションだと捉えているわけですね。

さらには、ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプトのように、この部分だけを「別カラー」にペイントすれば、ほかのクルマでは実現できないようなエキゾチックな印象を演出することもでき、なかなかに面白いパーツだとも考えています(ボディカラーがブラックの場合だと、このクラディングをガンメタに塗るとカッコ良さそうだ)。

11

実際にデザインを調整してみたらこうなった

なお、今回スケッチモンキー氏が手を付けるのは車体後部。

つまり、評判のよろしくない樹脂製クラディング、レヴォーグとあまり変わらないフロントよりも「リア」を問題視しているわけですね。

6

そして同氏の主張は「テールランプが大きすぎ、リアディフューザーが間延びしているので平坦な面積が大きく、トランクリッドスポイラーのあと付け感が強い」。

そこでリアディフューザーの天地を圧縮して平坦な部分を縮小し、さらにその部分を小さくするためにテールランプを上に移動させることを計画。

ただ、ぼくは「無駄な面積があっても、上下に深い」新型WRXのディフューザーはけっこうカッコいいんじゃないかとも考えています。

4

スケッチモンキー氏はテールランプを上下に圧縮し、さらに左右ランプ間も光らせて「バー状」デザインにしてワイド感を協調たほか、トランクフードの後端を「ダックテール状」へと変更していますが、たしかにこの部分は(新型BRZでもそうなのに)なぜダックテールじゃなかったんだろうな、という感じですね。

5

そしてこちらが変更前で・・・。

3

こちらが変更後。

2

変更内容は非常に小さくわかりにくいため、並べてみた状態がこちら。

テールランプとディフューザーが縮小されたことで、ボディカラー同色面積が増えており、それによってクルマが膨張したように見え、正直言うとぼくは「変更前のほうがいいんじゃないか」とも考えています(個々のパーツを大きくダイナミックに見せるのが、スバルのデザインの持ち味でもある)。

ちなみにタイヤ/ホイールはサイズ(幅も)が大きくなって車高が若干落とされ、これらは歓迎したい部分ですね。

1

新型スバルWRXのデザインを修正してみた動画はこちら

合わせて読みたい、「デザイン修正」関連動画

フェラーリ296GTBのデザインは評判がイマイチ?「テールランプがサングラス」「オーバーデザイン」
【動画】フェラーリ296GTBのデザインは評判がイマイチ?「テールランプがサングラス」「オーバーデザイン」。そこで一人の男が296GTBのデザインを修正してみた

| フェラーリのV8ミドシップモデルについては、「458の時代で終わりを告げた」と見る向きが多いようだ | やはりフェラーリのデザインはピニンファリーナでないとダメなのか さて、フェラーリは296GT ...

続きを見る

新型ランボルギーニ・カウンタックで唯一批判される「リアウイングがない」をバーチャルにて解決した男!LP400S」風のウイングやホイールが装着されたCGが公開
【動画】新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4で唯一批判される「リアウイングがない」をバーチャルにて解決した男!LP400S」風のウイングやホイールが装着されたCGが公開

| おそらくは実際に「ランボルギーニに対し、ウイング装着を希望する」オーナーが出てきそう | やはり多くの人がカウンタックと聞いて思い浮かべるのはLP400S以降の姿かもしれない さて、ランボルギーニ ...

続きを見る

元フェラーリのデザイナーがフェラーリ296GTBを斬る!「素晴らしいデザインだが、自分ならこうする」
【動画】元フェラーリのデザイナーがフェラーリ296GTBを斬る!「素晴らしいデザインだが、自分ならこうする」。よりフェラーリらしい修正デザインを公開

| フェラーリ296GTBのデザインは賛否両論あるようだ | とくにヘッドライトについては議論の対象となっている さて、デザイン的評価が分かれる新型フェラーリ「296GTB(ぼくは肯定的)」。一部の人 ...

続きを見る

参照:TheSketchMonkey

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スバル(SUBARU)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5