>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

【動画】VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ

投稿日:2021/09/26 更新日:

VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ

| テスラは過去に「保証の範囲以上にバッテリーが減ってしまい」しかし保証対応しなかったことで裁判になったことも |

EVはまだまだ発展途上の製品であり、このまま普及すると自動車メーカーを苦しめることになりそうだ

さて、フォルクスワーゲンは最初のEV、ID.3の納車を欧州で開始して以来すでに1年が経過するそうですが、今回バッテリー・ライフ社が「1年経過後」のバッテリー残量を計算したところ、なんと7.5%も減少していた、とのこと。

なお、この個体は22,644キロを走行しており、しかし最初の3ヶ月で15,000キロを走ったといい、その頃は100WのDC急速充電器で常にフル充電を行っていたそうなので、かなり酷使されていたと言えそうです(その後は11kWhのAC充電に切り替えた、とのこと)。

バッテリーの劣化は最初の1年が一番大きいというが

そして今回バッテリーライフ社が計測した数値だと、2020年9月のエネルギー消費量は129Wh/km、そして2021年9月では122Wh/kmであり、これは7.5%バッテリー密度が減少したということを意味しているのだそう。

バッテリーは(通常)最初の1年でもっとも大きく消耗するとされますが、それにしてもかなり大きな減少幅だと思われ、これがID.3ユーザー一般にあてはまるのか、それともこの個体特有の数値なのかは不明です。

ただ、これがもし「一般的に該当する」数字であり、毎年これに近いペースで劣化してゆくのだとすれば、6−7年で「半分くらい」にまでバッテリー容量が減ってしまうことが予想されます。

フォルクスワーゲンがバッテリーの容量減少についてどのくらいの保証規定を設けているのかはナゾですが、もしこの減少幅が「規定の範囲を超えているのであれば」フォルクスワーゲンはユーザーに対してバッテリーの交換を行う必要が出てくるということを意味し、フォルクスワーゲンは相当な出費を強いられるのかも。

09-20 21.40.20

EVは自動車メーカーを潰してしまうかも

なお、ここ最近のEVに関する話題といえば「リコール」で、GMがシボレー・ボルトを、ヒュンダイはコナEVをリコール。

これらは「販売したEVのほぼ全数」をリコールすると報じられていて、GMの場合は2000億円規模の費用が必要になる、とも。

これに加え、もし「バッテリーの(消耗による)交換」を行う必要が出てくればさらなる出費を要求され、「EVを売れば売るほど」そのリスクが増大するのかもしれません。

現在EV市場は急速に拡大しており、できるだけ速いうちにEVを投入しなければ将来的なシェアを確保できない可能性があり、多くの自動車メーカーが「急いでEVを発売しようとしている」状況ではあるものの、不完全なEVを急いで発売してしまうと、その「ツケ」が近い将来に回ってくることになりそうですね。

021-09-20 21.40.33

フォルクスワーゲンID3が炎上
【動画】充電完了直後のVW製EV、ID.3が発火→炎上。閑静な住宅地で他車を巻き込んで燃え尽きるも、こういった場合の補償が「自分持ち」だとちょっと怖い

| 自動車メーカーとしては、完全に過失が証明されない限りは補償を行わないものと思われる | もし火災の損害額を自分で負担することになると、それはあまりにも恐ろしい さて、オランダにてフォルクスワーゲン ...

続きを見る

フォルクスワーゲンID.3のバッテリー容量を検証する動画はこちら

合わせて読みたい、EV関連投稿

シボレー・ボルトの火災
シボレー・ボルトが「燃える」可能性にて全数リコール!シボレー「ガレージに置かないよう」「他の車と15m間隔を開けて駐車して」「充電中は目を離すな」。今後誰も買わなさそうだ・・・

| これだけ大ぴらに報じられて全数リコール、そしてメーカーが不具合を認めたとなると今後の販売はかなり苦しいだろう | 場合によってはEVは自動車メーカーの首を絞めることになりかねない さて、日本では無 ...

続きを見る

国がEVを推進するのに対して消防署は「EVの事故や火災に対する対処法が不十分」。このままEVが増加すると現場が対応しきれなくなることに

「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務 ブルームバーグによると、米国では、EVやハイブリッドカーが火災を起こした際、どう対処するかの対応マニュアルがまだ十分には整備されていない ...

続きを見る

ポルシェ・タイカンのメーター
EVの火災発生率はガソリン車の2倍!かつEVは深刻かつ大規模リコールが多く、メーカーに大きなダメージを与えている模様。消費者にとっては車両コスト高、任意保険高騰など負担増か

| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車メーカーを苦しめ、社会的にも大きな問題を引き起こす可能性がありそうだ | やはりもうちょっとエレクトリック化はゆっくり進んだほうがいいのだと思う ...

続きを見る

参照:Battery Life

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5