>日産/インフィニティ(Infinity)

1994年に「全てブラック」「30台のみ」、そしてGT-Rよりも高い価格で販売されたシルビア270Rが競売に!現在650万を超え熾烈な入札バトル展開中

投稿日:2021/09/26 更新日:

1994年に「全てブラック」「30台のみ」、そしてGT-Rよりも高い価格で販売されたシルビア270Rが競売に!現在650万を超え熾烈な入札バトル展開中

| 現在のJDMブームを考慮するに、信じられないような価格で落札されるのかも |

それにしても当時はなんか異常な時代だった

さて、ニスモ創立10周年を記念して1994年に30台のみが限定販売された「日産シルビア ニスモ270R」がオークションへと登場。

新車価格は450万円に設定され、この価格はR32 スカイラインGT-Rとほぼ同じ(むしろ270Rのほうがちょっと高い)ではあったものの、当時非常に人気が高く、抽選にて当選した人のみが購入できたという希少車です。

ニスモによくあった「中古車ベースのコンプリート」ではなく新車のS14シルビアをベースにニスモが徹底的に手を入れた車両でもあり、生産車のボディカラーはすべて「ブラック」。

ちなみにこの時代の限定モデルは「カラーが選べない」「本社まで出向いて契約しなくてはいけない」「面接がある」「ドライビングスキルのテストがある」といったものが数多く見られ、今の時代からすると「いったい何様なんだ・・・」という感じですね。※ただ、ホンダNSX TypeSの販売方法を見ている限り、この時代から考え方が変わっていないという印象も

-DSC8693

日産シルビア ニスモ270Rはこんな仕様を持っている

まずはシルビア ニスモ270Rの外装を見てみたいと思いますが、ニスモ「エッジ」エアロキットが装着され、ホイールはニスモ製17インチ5本スポークへ。

-DSC8945

ボディサイドには大きく「270R」の文字が入ります。

-DSC8739

トランクにも誇らしげに「270R」の文字。

-DSC8707

グリル上にはニスモ得意のガーニッシュが装着されているようですね。

-DSC8648

フード上には熱を逃がすためのエアベント。

-DSC8631

スカイラインから移植されたフロント4ポット、リアでは2ポットブレーキを装着します。

-DSC8759

シルビア ニスモ270Rのエンジンはフルチューン

そしてこのシルビア ニスモ270Rの真価はエンジンにあるともいえ、SR20DETは専用カムシャフトや大容量インジェクター、大型燃料ポンプ、専用ECUによって220馬力から270馬力へとパワーアップ。

エンジンルーム内だとターボ周辺の遮熱処理やブレースバーの追加も(リアにもブレースバーが追加されている)。

さらにはR33スカイライン用のドライブシャフト、ニスモ製機械式LSDも組み込まれています。

-DSC8823

シルビア ニスモ270Rのインテリアはこうなっている

そしてこちらはシルビア ニスモ270Rのインテリア。

シート形状そものもはS14シルビアと同様ですが、シート表皮は専用の「チェック柄(NISMOのロゴ入り)」へ。

シート形状は現代のスポーツカーの水準からすると、かなり大振りなデザインですね。

-DSC8774

フロアマットもチェック柄(リアシートが残されているのは驚き)。

-DSC8876

ドアインナーパネルにはブースト計(このカスタムはけっこう流行った)。

-DSC8907

ステアリングホイールは「3本スポーク」。

-DSC8771

この日産シルビア ニスモ270Rの走行距離は128,000kmにも及んでいるそうですが、出品者いわく「コンディション良好」。

現在650万円程度まで値上がりしており、熾烈な入札バトルが繰り広げられています。

 参照:Collecting Cars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5