ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【動画】ホンダNSX TypeSが「ロングビーチ・サーキット」で市販車最速記録を更新!なおボディカラーは「ロングビーチ・ブルー」

投稿日:2021/09/30 更新日:

ホンダNSX TypeSが「ロングビーチ・サーキット」で市販車最速記録を更新!なおボディカラーは「ロングビーチ・ブルー」

| ロングビーチ・ブルーは初代NSXにも設定され、しかしもっとも売れないカラーのひとつだった |

NSX TypeSがコレクターズアイテムとなるかどうかには注目したい

さて、ホンダ(アキュラ)がNSX Type Sにて、米ロングビーチのストリートサーキットでの市販車最速記録を更新した、と発表。

そのタイムは1分32秒784をマークし、これまでのベストタイムを3秒近く更新していますが、これは偶然にも2019年の市販仕様のNSXが記録したものです。

なお、このNSX Type Sは、初代NSXで採用されていた最も(売れなかったため)希少なカラーのひとつである「ロングビーチブルーパール」で塗装されています。

ブルーのホンダNSX
ホンダNSXの2021年モデルには「初代NSXで最も不人気だった」ロングビーチブルーパールが復刻!ヘリテージカラーはこれで3色に

| あえて不人気だったボディカラーを復刻するところがホンダらしい |この記事のもくじ| あえて不人気だったボディカラーを復刻するところがホンダらしい |その名称の由来はカリフォルニア州ロングビーチから ...

続きを見る

※以下の通り、初代NSXのボディカラーにつき情報をいただきましたので(ありがとうございます!)追記いたします。

初代のくくりの中でも車一台開発出来る位の予算が使われ大改良が施された01年12月以降の後期モデルですが、設定されたこのロングビーチブルーパールは、ルーフがブラックだと50万円、ルーフ同色塗装だと70万円のオプション色でした。

かの上原繁さんがオーダーされるのを最も嫌ったと言われる程手間が掛かった色で、価格決定に際してはロングビーチブルーパールと同じ位の労力を費やしたプラチナホワイトパールの採算が合うか合わないか微妙な所で決定された様です。

また、カスタムオーダー色はブルー北米と欧州、ホワイトパールが欧州で設定された位で、殆どが日本国内のみの設定でした。

車そのものが利益が取れない価格ながら安価な設定としたのには相当頑張った事と思います。

タイプRの場合はカーボンリアスポイラーの同色塗装もカスタムオーダーで可能でしたが、これはより希少です。

有名な黒澤元治氏の所有する二代目NSX-Rはニューフォーミュラレッドのルーフ、スポイラー同色のオーダーになっています。

因みに後期型のホンダNSXは、途中の小改良で発売時から設定のあったスタンダードカラーのミッドナイトパープル、モンテカルロブルーパール、プレミアムカラーのライムグリーンメタリックと、ホイールのシルバークローム塗装オプションがカタログ落ちしており、こちらの方が大変希少です。

NSX TypeSはサーキットでのパフォーマンスもしっかり向上していた

NSXタイプSのパワートレーンは標準のNSXよりもシステム合計で27馬力アップしており、最高出力600ps(447kW/608PS)、最大トルク492lb-ft(667Nm)を発揮します。

レーシングカー「NSX GT3 Evo」に搭載されていたターボチャージャーを改良して装着していることもあって3.5リッターV6ツインターボエンジンそのものの出力も向上していますが、ハイブリッドシステムも強化されており、バッテリーの出力が10%、航続距離が20%向上している、とアナウンスされていますね。

Record Breaker: Long Beach Blue Acura NSX Type S Sets New Long Beach Production Car Lap Record

ホンダが新型NSX Type Sを発表!出力向上、軽量化、足回り強化、そしてスタイリングのアップデート。生産終了が惜しいほどの魅力的なスーパーカーに
【動画】ホンダが新型NSX Type Sを発表!出力向上、軽量化、足回り強化、そしてスタイリングのアップデート。生産終了が惜しいほどの魅力的なスーパーカーに

| 内容を見ていると、もしかしたらNSX Type Sはホンダがフェイスリフト版として用意していたNSXなんじゃないかとも思える |この記事のもくじ| 内容を見ていると、もしかしたらNSX Type ...

続きを見る

さらにNSX Type Sは、よりアグレッシブな形状を持つディフューザーによるダウンフォースの増大、拡大したトラック(トレッド)幅によるグリップの向上、カーボンファイバー製のルーフなどにより軽量化が施され、ハンドリングも向上しているとされますが、今回は実際に数字でそれを証明したということに。

なお、この他のサーキットでのタイムは現時点では公表されておらず、しかしNSX TypeS発表時のコメントだと、前年(2021年)モデルのNSXに比較すると2秒程度はタイムを短縮できると見られているようです。

Record Breaker: Long Beach Blue Acura NSX Type S Sets New Long Beach Production Car Lap Record

今回ロングビーチでの記録を打ち立てたNSX TypeSのステアリングを握ったのはプロフェッショナル・レーシングドライバーのリッキー・テイラー選手。

同選手は、ウェイン・テイラー・レーシングより出走するコニカミノルタ・アキュラARX-05の10号車のドライバーであり、IMSAプロトタイプシリーズで2度のディフェンディングチャンピオンに輝いており、「ロングビーチはとても楽しいコースだが、ミスが許されない難しいコースでもある」とコメント。

Record Breaker: Long Beach Blue Acura NSX Type S Sets New Long Beach Production Car Lap Record

NSX TypeSは大人気につきほぼ完売

なお、新型NSX TypeSは全世界で350台が限定販売されており、アメリカに300台、日本に30台、その他の国や地域で20台を分け合うことになっていますが、アメリカだと300台が24時間で完売してしまい、現在キャンセル待ちが100人ほど並んでいると言われます。

日本においてもほぼ完売状態であり、しかし抽選は行わないとされ、ホンダ側が「NSXオーナー」「ホンダがNSXにふさわしいと思える人物」を選んで購入権を与えるといい、現在ジャーナリストを中心にチラホラと「購入権を得た」という報告があるようですね。

ホンダNSX TypeSがロングビーチ・サーキットにて最速記録を達成する動画はこちら

合わせて読みたい、ホンダNSX TypeS 関連投稿

ホンダが新型NSX Type Sを国内発表!価格は2794万円~、購入には「ホンダによる審査」があるかもしれないようだ
ホンダが新型NSX Type Sを国内発表!価格は2794万円~、購入には「ホンダによる審査」があるかもしれないようだ※なお北米では1870万円~

| いまのところ「抽選」販売は考えていないらしい |この記事のもくじ| いまのところ「抽選」販売は考えていないらしい |日本国内向けの「30台」はこれまでのNSX Type S販売台数からすると、すぐ ...

続きを見る

米ではホンダNSX Type Sが24時間で完売し予約金も入金完了、さらにキャンセル待ちが100人に
米ではホンダNSX Type Sが24時間で完売し予約金も入金完了、さらにキャンセル待ちが100人に。2020年に128台しか売れなかったのに24時間で300台の限定モデルが売れるとは・・・

| やはり人々は「限定」モデルに弱く、近年はクルマを投機対象と見る向きが多いようだ |この記事のもくじ| やはり人々は「限定」モデルに弱く、近年はクルマを投機対象と見る向きが多いようだ |NSX Ty ...

続きを見る

ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた
ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた

| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目NSXは既知の技術やコンセプトだった |この記事のもくじ| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目 ...

続きを見る

参照:Acura

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5