ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】いったいこれは?ランボルギーニ・ウラカンEVOが謎のエアロパーツを装着して本社付近を走行中

投稿日:2021/10/01 更新日:

いったいこれは?ランボルギーニ・ウラカンEVOが謎のエアロパーツを装着して本社付近を走行中

| フロントとリアはランボルギーニ・ウラカンEVO用「純正アロパーツ風」だが |

リアバンパーの構造的変更がやや大きいようにも思われる

さて、先日は「フェイスリフト(マイナーチェンジ)版」と思われるウルスが目撃されたランボルギーニですが、今回は「謎のウラカンEVO」が目撃されています。

このウラカンEVOは見たところ、(フェイスリフト前の)ウラカンにも用意されていたエアロキットの「ウラカンEVO版」をテストしているようにも見え、しかし現時点では「オプションのテスト」なのか、それとも「新たなるバリエーション追加」なのかは判断がつきかねるところ。

フェイスリフト版、新型ランボルギーニ・ウルスが走行中!新旧比較を行うとけっこう細かい差異があるようだ
【動画】フェイスリフト版、新型ランボルギーニ・ウルスが走行中!新旧比較を行うとけっこう細かい差異があるようだ

| おそらく新型ランボルギーニ・ウルスはかなりアグレッシブなルックスを持つことになりそうだ |この記事のもくじ| おそらく新型ランボルギーニ・ウルスはかなりアグレッシブなルックスを持つことになりそうだ ...

続きを見る

見たところ「後付け可能な」エアロパーツに見えるが

そして今回Varryx氏によって公開された動画を見るに、雰囲気的には「後付け可能なエアロパーツ」。

7

フロントバンパー左右には、純正バンパーにアドオンできそうなエアロパーツ。

ウラカンEVO RWDに装着できるかは不明ですが、ランボルギーニとしてもより多くの販売を期待したいと思われるので、ウラカンEVO/ウラカンEVO RWD共用かもしれません。

5

そしてサイドを見ると、サイドステップにもフロント同様のちょっとした付加物。

4

ただしよく見ると、サイドステップ下部の前から後ろにまで渡る構造を持つようです(下半分の黒い部分全てがこの後付けエアロパーツで構成されている)。

6

参考までに、(フェイスリフト前)ウラカン用のエアロパーツは「リベット留め」となっていて、これはあまり評判が良くなかったようでもあり、今回のエアロパーツについては「リベット」が使用されていないようですね。

41

リアセクションではけっこうイメージが変わる

そしてこちらはリアから「謎のウラカンEVO」を見たところ。

高らかにそびえるリアウイング(結構シンプル)に加え、リアバンパー下半分をそっくり入れ替えているように見えるリアディフューザーが装着されています。

3

ウイングのステーはアルミ製のようにも見えますね。

なお、ステーの下のほうが「先細り」になっているのは、車体側の取り付けスペースが限られているためだと思われ、「加工や置き換えるパーツを最小限に」止めようと思うとこの形状になるのかもしれません。

1

そして最大の「謎」はこのリアディフューザー。

「サイドとアンダー」だけをノーマルのウラカンEVOに取り付けるのか、それともリアバンパー下部をまるごと入れ替えるのかはわかりませんが、けっこう車両のイメージが変わる模様。

2

そしてテールパイプ左右の内側にも「穴」があり、これがいっそう謎を増幅させているわけですが、もしテールパイプのいちが移動したり「左右二本出し」の合計四本になったりするのであれば、それはもうオプションの範囲を超えて「新バリエーションの開発を行っている」と考えていいのかもしれません(もしテールパイプの位置が内側になれば、テールパイプ間にあったナンバープレートの位置も移動させざるを得なくなる)。※現在、ウラカンEVO用としては純正オプションにてアクラポヴィッチ製のエキゾーストシステムがラインナップされているが、これはノーマルと同じ位置からテールパイプが出ている

参考までに、ランボルギーニは「2024年までに、ラインアップの全てをハイブリッド化する」とコメントしていますが、そうなるとウラカンEVO/ウラカンEVO RWDは「2023年で販売終了」ということになり、もしかすると「最終限定モデル」が登場するんじゃないかと考えることもあり、もしかするとそのテストという可能性も「ゼロ」ではなさそうですね。

謎のランボルギーニ・ウラカンが走行する動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカン関連投稿

「ランボルギーニ・ウラカン・カウンタック・オマージュ」?ウラカンにカウンタックLP400プロトティーポっぽいディティールを反映させたらこうなった
「ランボルギーニ・ウラカン・カウンタック・オマージュ」?ウラカンにカウンタックLP400プロトティーポっぽいディティールを反映させたらこうなった

| 相変わらずこのデザイナーは「ツボをうまく抑えた」作品を作るのがウマい |この記事のもくじ| 相変わらずこのデザイナーは「ツボをうまく抑えた」作品を作るのがウマい |できればリアバンパーはもうちょっ ...

続きを見る

初年度分が完売したランボルギーニ・ウラカンSTO。さっそく中古車が登場し、新車価格の「プラス2000万円」という高値をつける
初年度分が完売したランボルギーニ・ウラカンSTO。さっそく中古車が登場し、新車価格の「プラス2000万円」という高値をつける

| ウラカンSTOは「純粋にガソリンエンジンのみで走る」ランボルギーニV10”最後の”モデルとなりそうだ |この記事のもくじ| ウラカンSTOは「純粋にガソリンエンジンのみで走る」ランボルギーニV10 ...

続きを見る

エキゾーストパイプはなんと8本!ツインターボ化されたウラカンをカスタムしてゆく様子が公開に。その暴力的サウンドも収録済み
【動画】エキゾーストパイプはなんと8本!ツインターボ化されたウラカンをカスタムしてゆく様子が公開に。その暴力的サウンドも収録済み

| さすがに(構造的な問題で)リアバンパーを取り付けることはできないようだ |この記事のもくじ| さすがに(構造的な問題で)リアバンパーを取り付けることはできないようだ |アメリカ西海岸ではこの「サン ...

続きを見る

参照:Varryx

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5