■服や小物、時計、雑貨など ■近況について

5本目のロレックス・コスモグラフデイトナ(116500LNホワイトダイヤル)購入!現在の相場を考慮すると、身に付けずにしまっておくことになりそうだ

投稿日:

ロレックス・デイトナ

| 先日のGMTマスターII(126710BLNR)に続いてデイトナの購入話が舞い込んできた |

このところのデイトナの価格高騰ぶりは凄まじい

さて、1年半ほど前にもロレックス・コスモグラフデイトナを購入したところですが、今回もまた116500LN、しかし前回とは「ダイヤルカラー違い」を購入(5本目)。

前回購入したものはブラックダイヤル、しかし今回はホワイトダイヤルです。

正直に言うと、ぼくはデイトナをそこまで好きではなく、それでもデイトナを購入するのは「将来的に値上がりするのは間違いなく、投資対象として見ているため」で、要は不純きわまりない動機です(よって、実際に身につけることはほぼなく、ずっと冷暗所で保管することになりそう)。

L1360228

ロレックス・コスモグラフ・デイトナはこんな腕時計

もはや説明不要のデイトナですが、もともとのルーツは「コスモグラフ」の名が示すとおり「宇宙」にルーツがあり、ロレックスがNASAの宇宙飛行士向けに開発した腕時計だと言われます。

NASAは1962年にアポロ11号のクルーのためにロレックス、オメガ、ブローバをテストしていますが、御存知の通り選ばれたのは「オメガ・スピードマスター」。

目論見が外れたロレックスは1963年にコスモグラフ(Ref. 6239)を「コスモグラフ デイトナ」へと名称変更すると同時にデイトナ24時間へのスポンサーを開始し、ここから「ロレックス・デイトナの歴史がはじまった」ということになりますね。

3K4A4291

つまり「ロレックス・コスモグラフ デイトナ」は当初から「デイトナ」ではなかったということで(”ル・マン”を名乗っていた時期もある)、もしデイトナが宇宙に行っていたら、今頃デイトナは「デイトナという名前ではなく」コスモグラフをそのまま名乗っており、”ムーンウォッチ”として知られていたのはロレックスであったということに。

なお、ロレックスの公式サイトではNASAのくだりには触れられておらず、「1963年にレースのために生まれた」と紹介されており、「デイトナ」へと名称を変更した後の歴史が起点とされています。

ロレックス コスモグラフ デイトナのディティールを見てみよう

デイトナは「ロレックスにおけるスポーツモデルの代表格」ではありますが、サブマリーナーやGMTマスターIIとは異なり、ケースサイドがフラットではなく「ラウンド」した仕様を持っています(ヨットマスターに近い)。

そのため同じ40ミリケースのGMTマスターIIと比較してもコンパクトな印象があり、エレガントな雰囲気すら醸し出しているんじゃないかという印象。

3K4A4258

ラグの端も丸められており、ここも他のスポーツモデルとは異なる部分ですね。

3K4A4259

ちなみにこちらはGMTマスターII。

3K4A4256

そして特筆すべきはオイスターブレスレットの「工作精度」で、3連リンクの間には剃刀の刃も入らないほどの精度で組み合わせられており、これだけの精密さを持つブレスレットを作ることができる腕時計メーカーは非常に少ないだろう、とも考えています(そして、このヌルっとした動きはほかのメーカーではなかなか出せない)。

3K4A4275

ちなみにロレックスのステンレススティール製腕時計に採用される素材は「904L」、通称スーパーステンレスとも呼ばれる材質で、これはアレルギーを引き起こしにくく腐食にも強いと言われ、しかしその反面加工が非常に難しいと言われています。

ただ、ロレックスはその難しい素材を完璧に扱っており、さらにはそのポリッシュ技術も比類なく、そこに映り込む像の歪みの小ささにも驚かされ、これもロレックスの高い技術を示す証左でもありますね。

3K4A4271

そしてバックル、フォールディングデバイス、セーフティキャッチの剛性感も抜群。

3K4A4264

バックルはキズを付けやすい部分なので要注意なパーツです。

3K4A4266

ベゼルはもちろんセラミック(セラクロム)を用いており、先代モデルに比べるとキズをあまり気にしなくて良くなったのが嬉しい、と思います。

3K4A4253

こちらは腕に装着した状態で、ちなみにぼくの腕周りは16センチくらいなので「けっこう細い」部類。

L1360229

なお、ぼくは衣類の袖先で腕時計が傷つくことを恐れていて、そのため長袖を着るシーズンにはステンレススティール、そしてゴールドケースを持つ腕時計を身に着けないようにしています(この時期に身につけるのは樹脂、チタン、セラミック、アルミケース、そしてステンレススティールでもDLCコーテングなど表面加工が施された腕時計のみ)。

3K4A4314

参考までに、今回購入したのは香港の販売店に注文していたもので、しかしコロナウイルスの影響によって取りに行くことが出来ず、空輸にて送ってもらったものとなります。

L1360223

購入したロレックス・デイトナを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、ロレックス関連投稿

ロレックス・サブマリーナ116610LV、通称「グリーンサブ」を買ってみた!さすがは王者の風格だ

| ロレックス サブマリーナ 116610LV、グリーンサブを購入した | さて、ロレックス サブマリーナ デイトのグリーンベゼル、通称「グリーンサブ(ハルク)」を購入。Ref.116610LVですが ...

続きを見る

ロレックスGMTマスターII 126710BLNRを購入!かつてボクが最初に購入したロレックスもGMTマスターII、そしてその思いは「世界を股にかけるビジネスマンになりたかったから」
ロレックスGMTマスターII 126710BLNRを購入!かつてボクが最初に購入したロレックスもGMTマスターII、そしてその思いは「世界を股にかけるビジネスマンになりたかったから」

この記事のもくじ| GMTマスターIIはボクにとって特別なロレックスでもある |以外にもジュビリーブレスのロレックスはボクにとって「初」ブルー&レッド「ペプシ(126710BLRO)」も選択できたがG ...

続きを見る

セレブ向けロレックス「ヨットマスター40(116655)」を買った!ゴールドでもそれほど「露骨」ではなく気軽に身につけることができそうだ

| 思ったよりも黒っぽい | さて、ロレックス・ヨットマスター40(116655)を購入。直近で購入する予定はなかったものの、しかしずっと欲しいとは考えていて、今回偶然にも定価にて新品を手に入れるチャ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■近況について
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5