ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■近況について

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンに入会申請を行ってみた!日本で初のランボルギーニ公式クラブが発足、今後のイベントや展開に期待

投稿日:2021/12/13 更新日:

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンに入会申請を行ってみた!日本で初のランボルギーニ公式クラブが発足、今後のイベントや展開に期待

| ランボルギーニオーナーであればぜひ入会しておきたい |

現時点では活動内容は「検討中」、ただし様々な計画があるようだ

さて、先日発足したばかりの「ランボルギーニ・クラブ・ジャパン」に入会申請を送ることに。

このランボルギーニ・クラブ・ジャパンは「日本初のランボルギーニ公式クラブ」だとされており、ランボルギーニ本社の要望によって誕生したのだそう。

現在ランボルギーニの公式クラブは世界中にいくつかあるものの、今まで日本にはそういった組織がなく、しかしようやく形をなそうとしているわけですね。

参考までに、ぼくは基本的にどこの組織にも属さないことをヨシとしているのですが、ランボルギーニ・クラブ・ジャパンに入会していないと得られない情報や参加できないイベントもあるかと思い、入会を決心しています。※ぼくはなによりも独立性、そしてそこから得られる自由を重視している

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンの入会資格は?

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンの入会については「審査」があり、実際に申し込みフォームに入力してみたところ、車台番号を入力する必要があり、よって「ランボルギーニオーナー」が条件ということになりそう。

その他だと住所氏名、連絡先といった情報を求められるのですが、ぼくの場合は日本語(漢字)で入力するとエラーが出てフォームを送信できず、しかしアルファベットに打ち替えて送信したところ申請が受理されています。

あとは審査を待ち、入会が受理されるかどうか(審査に落ちたら嫌だな・・・)、といった段階です。

入会申請フォームについてはここにURLを貼っていいものかどうか迷ったために非公開とし、入会希望の方はランボルギーニ各ディーラー、もしくはランボルギーニ・クラブ・ジャパンへと問い合わせていただければと思います。

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021へ行ってきた!会場にはエッセンツァSCV12が登場、歴代カウンタックの展示に西川淳と中村史郎のトークショーも

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンの入会特典は?

そしてランボルギーニ・クラブ・ジャパンの会員になると様々な特典があるといい、たとえば「Lamborghini ストアで利用できる特別クーポンや、世界の有名サーキットおよび雪上・氷上で開催されるアカデミア・イベント(ドライバーのトレーニングプログラム)参加費用10%割引、またランボルギーニのクラシックカー専門部門であるポロストリコが提供する各種サービスの割引 (認証、修復、純正スペアパーツ 等)」。

上記はおそらく「世界共通」の特典だと思われ、日本特有の特典については「現在検討中」。

現在のところ具体的な特典がなく、しかしそのかわりといってはナンですが、年会費等の費用を(今の段階では)申し受けていないといい、ひとまず入会を迷っている人も「入会してみても」いいんじゃないかと考えています(特典が発表され、会費のアナウンスがあった場合に、それら特典が自分にとってメリットがあるかどうか、そして改めて入会を継続するかどうか考えてみてもいいかと思う)。

なお、現在は「検討中」ではあるものの、イベントの開催、プロのカメラマンによる画像・動画の撮影、オリジナルグッズの販売等が特典の候補にあがっている、とのこと。

ランボルギーニ・ディアブロ

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンでは数々の動画も公開

ランボルギーニ・クラブ・ジャパンではYoutubeチャンネルインスタグラムアカウントも開設しており、ちょっと前にはシアンの納車動画が公開されて世界中で大きな話題に。

今後も様々なイベントやツーリングなどの動画が公開されてゆくことになりそうですね。

参照:Lamborghini Club Japan

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ, ■近況について
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5