ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ >フェラーリ >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ ■中国/香港/台湾の自動車メーカー スウェーデンの自動車メーカー

【動画】フェラーリやランボルギーニだけじゃない!米自動車博物館にて開催される「億」超えハイパーカーの展示内容がスゴすぎた

投稿日:

【動画】フェラーリやランボルギーニだけじゃない!米自動車博物館にて開催される「億」超えハイパーカーの展示内容がスゴすぎた

| いつの間にかスーパーカーやハイパーカーの価格は「億」超えが当たり前に |

更にこの他にも数え切れないほど億超えハイパーカーがあるのが恐ろしい

さて、ピーターセン自動車博物館にて「ハイパーカー展」が開催され、その様子を収めた動画が公開に。

ハイパーカーだけあって展示される車両のすべてが「1億円以上」となっていて、ざっとそのメンツはブガッティ・ヴェイロン、ランボルギーニ・チェンテナリオ、マクラーレン・スピードテール、フェラーリ・ラフェラーリ、デヴェル・シックスティーン、ケーニグセグ・アゲーラ、NIO EP9、パガーニ・ウアイラ、ヘネシー・ヴェノムF5といったあたり。

なお、ブガッティ・ヴェイロンが登場するまで、極めて特殊な例を除くと、いかに高額であってもスーパーカーは5000万円程度に収まっていたものの(ポルシェ・カレラGT、メルセデス・ベンツSLRマクラーレンでも5000万円台だった。エンツォフェラーリはちょっと高価で7850万円)、しかしヴェイロン(2005年発売)以降はドカンとスーパーカーの新車販売価格が高騰して「億」が当たり前となっています。

実際のところ、ここに展示されていない「億」超えハイパーカーでもランボルギーニ・シアンFKP37 / ロードスター、ケーニグセグ・ジェスコ / レゲーラ、マクラーレン・エルバ、フェラーリ・モンツァSP1/2、フェラーリSP3デイトナ、ブガッティ・シロン / ディーヴォ / チェントディエチ、ブラバムBT62R、アスパーク・アウルなど多数が存在します。

ピーターセン自動車博物館「ハイパーカー展」にはこういった面々が展示されている

そこでピーターセン博物館に展示されているクルマを見てみたいと思いますが、まずは価格破壊のきっかけとなったブガッティ・ヴェイロン。

8リッターW16クワッドターボ、1001馬力という規格外の数値とともにデビューしています。

現在は「再評価」の機運が高まり相場高騰中ですね。

2022-02-13 10.13.58

ブガッティ・ヴェイロン・グランスポーツ
ブガッティがレストア第一弾の「ヴェイロン・グランスポーツ」を公開!グランスポーツ2.1と名付けられフルレストアによって生まれ変わる

| ブガッティは「後世に正しい姿で形を残す」ことに注力し始めたようだ | この記事のもくじ | ブガッティは「後世に正しい姿で形を残す」ことに注力し始めたようだ | ブガッティだけに、レストア費用はお ...

続きを見る

そしてランボルギーニ・チェンテナリオ。

ランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念してクーペが20台、ロードスターが20台製造されています。

2022-02-13 10.14.23

この個体は3000万円近いオプションの「エクスポーズド・カーボンファイバー(折り目の見えるカーボンファイバー)ボディが装着済み。

2022-02-13 10.15.07

ランボルギーニ・ヴェネーノ / チェンテナリオ / シアンを合計5台販売しているディーラーがあるとして話題に!ただしそれは氷山の一角にしかすぎなかったようだ・・・。
ランボルギーニ・ヴェネーノ / チェンテナリオ / シアンを合計5台販売しているディーラーがあるとして話題に!ただしそれは氷山の一角にしかすぎなかったようだ・・・。

| いかに希少なハイパーカーといえど、お金があれば買えるようだ・・・ |この記事のもくじ| いかに希少なハイパーカーといえど、お金があれば買えるようだ・・・ |その在庫や登録された生産枠数はハンパなか ...

続きを見る

ケーニグセグ・アゲーラ。

5リッターV8ツインターボエンジン(940馬力)を搭載し、後にアゲーラRにて「世界最速」ギネス記録を樹立していますが、さらにその後には1360馬力、車体重量1360馬力という、つまり「パワーウエイトレシオ1:1」というOne:1も発表。

2022-02-13 10.17.52

こちらの個体もやはりフルカーボンボディですね。

2022-02-13 10.17.58

ケーニグセグ・アゲーラRSの世界記録車
ケーニグセグが2017年に世界最高速「447.2km/h」を記録したアゲーラRSをラッピングして展示することに。「卓越したエンジニアリングと人の偉業を表現」

| ケーニグセグは近いうちにジェスコにて「世界最速」へと再挑戦するものと思われる |この記事のもくじ| ケーニグセグは近いうちにジェスコにて「世界最速」へと再挑戦するものと思われる |現在の「世界最速 ...

続きを見る

パガーニ・ウアイラ。

2011年にメルセデスAMG製の6リッター・ツインターボエンジン(730馬力)を搭載して登場。

ロードスター、BCなどのバリエーションを含む100台のみが生産されることになり、現在は「完売」し、その受注分を生産しているという状況です。

2022-02-13 10.15.13

基本的にすべての車両が顧客の指定による「オーダーメイド」となり、この個体は米不動産王、マニー・コシュビン氏が所有するエルメスとのコラボレーションモデルですね。

2022-02-13 10.15.48

【動画】あの大富豪婦人はこんな人だ!「アタシがパガーニ・ウアイラ・エルメスを紹介しちゃうわ。内装はこのバーキンと同じ色よ」

| 夫婦揃ってこれだけのインパクトを持つ人達はそうそういない | パガーニ・ウアイラ・エルメスはじめ、ブガッティ・ヴェイロン・レンブラント、マンソリーチューンのヴェイロン、マクラーレン・セナ、マクラー ...

続きを見る

マクラーレンF1をイメージしたセンターシートレイアウトを持ち、エアロダイナミクスを極限まで効率化することで最高速403km/hを達成したマクラーレン・スピードテール。

生産台数は比較的少なめの106台に絞られ、そのためかここ最近のマクラーレンの中でも最大のプレミア価格で取引されるシリーズとなっています。

022-02-13 10.18.28

米低反発マット王が注文したマクラーレン・スピードテールが競売に!内外装とも「黒オレンジ」完全2色の仕様を持つ個性的な一台
米低反発マット王が注文したマクラーレン・スピードテールが競売に!内外装とも「黒オレンジ」完全2色の仕様を持つ個性的な一台

| ここまでシンプルな塗り分けを持つマクラーレン・スピードテールも珍しい |この記事のもくじ| ここまでシンプルな塗り分けを持つマクラーレン・スピードテールも珍しい |その仕様、程度の良さから「相当な ...

続きを見る

メジャーメーカー以外の「億超え」ハイパーカーも

そして「定番」となったメジャーメーカーの億超えハイパーカーの他、新興ハイパーカーメーカーのクルマも展示中。

ただしここには展示されていない新興ハイパーカーも多数あり、タキオン・スピード、Czinger 21Cなどはその代表例かもしれません。

こちらはヘネシーF5で、米チューナー「ヘネシー」が自社で開発したハイパーカー。

6.6リッターV8ツインターボエンジンを搭載し1800馬力以上を発生するというおそるべきモンスターであり、今年中にはギネス「最速」記録を書き換える可能性が高そうです。

2022-02-13 10.18.09

【動画】ヘネシー・ヴェノムF5が高速走行テストを実施!数ヶ月内は最高速チャレンジを行うとコミットし、時速500キロの突破を狙う
【動画】ヘネシー・ヴェノムF5が高速走行テストを実施!数ヶ月内は最高速チャレンジを行うとコミットし、時速500キロの突破を狙う

| 現在の「世界最高速」はブガッティ・シロンの490km/h |この記事のもくじ| 現在の「世界最高速」はブガッティ・シロンの490km/h |ヘネシーとブガッティとは「犬猿の仲」でもあるすでに250 ...

続きを見る

そしてこちらはリマック・コンセプト・ワン。

30代にしてリマックをはいかに収めることとなったメイト・リマック氏が最初に自身の会社「リマック」から発売したハイパーカーですが、ピュアエレクトリック、4WD、そして1000馬力オーバーという仕様を持ち、0−100km/h加速をわずか2.5秒で走ることで有名に。

これ以降エレクトリックカーに対する認識がひっくりかえったと言ってよく、実際のところリマックはこのコンセプト・ワンを10台製造したのみで「世界で最も速いクルマを作る自動車メーカー」「世界でもっとも先進的なエレクトリックカーメーカー」という評判を獲得することになり、ポルシェやヒュンダイなどの出資を受け、そしてピニンファリーナほか多くの自動車メーカーにその技術を供与しています。

なお、リチャード・ハモンド氏が番組収録中に1台を破壊してしまったので、現存するコンセプト・ワンは「多くても9台」ということになりますね。

2022-02-13 10.19.33

現存するのは世界に7台、リマック「コンセプト・ワン」が1.8億で中古市場に。もしかすると今後もっとも値上がりしそうなクルマ?

| もしリマックがブガッティを買収すれば、コンセプト・ワンの価格は天井知らずに |この記事のもくじ| もしリマックがブガッティを買収すれば、コンセプト・ワンの価格は天井知らずに |「2台目のリマック」 ...

続きを見る

こちらは中国のエレクトリックカーメーカー、NIOの発売するEP9。

ニュルブルクリンクを6分45秒9で走り、「自動運転車」の最速記録をも保持するハイパーカーですが、(実際に個人向けに販売されているのかを含め)けっこう謎の多いモデルです。

2022-02-13 10.19.07

中華ハイパーカー、NIO EP9がニュル最速タイムを記録。ウラカンのタイムを6秒も縮めたと主張

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテがニュルブルクリンクにて市販車最速のラップタイムを記録したのち、SCG-00 3がこれを12秒ほど短縮する記録を更新していますが、これは「公道走行不可能なサー ...

続きを見る

動画を見ると、エレクトリックカーならではの「ガソリン車ではありえない」構造を持つようです。

2022-02-13 10.19.02

ちなみにNIOは「ハイパーカー第二弾」を開発中と言われますが、今のところ正式発表はナシ。

2022-02-13 10.19.12

そして最後はドバイよりデヴェル・シックスティーン。

シボレーのV8エンジンを2つ並べたV16エンジンを搭載し、最大で5000馬力を発生するというクルマです。

2022-02-13 10.16.36

メーカー名はDefining Extreme Vehicles Car Industry LLC、これを略してDEVELとなりますが、デヴェルいわく「顧客がクルマを選ぶのではなく、クルマが顧客を選ぶ」。

現在イタリアにて(おそらくはMATが)開発を行っており、実際に発売される可能性が高そうです。

2022-02-13 10.17.33

【動画】5000馬力、最高速515km/hのハイパーカー、デヴェル・シックスティーンがイタリアにて公道テスト中!まさか本当に発売することになるとは・・・。
【動画】5000馬力、最高速515km/hのハイパーカー、デヴェル・シックスティーンがイタリアにて公道テスト中!まさか本当に発売することになるとは・・・。

| さすがにこのトンデモスペックだと計画倒れになるんじゃないかと考えていたが |この記事のもくじ| さすがにこのトンデモスペックだと計画倒れになるんじゃないかと考えていたが |14年かけてここまで来た ...

続きを見る

この個体はフルカーボンボディを持ち、そのほかにも「いたるところカーボン」仕様となっていて、もう車というよりは「地上を走る戦闘機かロケット」という感じですね。

2022-02-13 10.16.48

ピーターセン自動車博物館に展示される「億」超えハイパーカーを紹介する動画はこちら

参照:ProducerMichael

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->パガーニ, >フェラーリ, >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニ, ■中国/香港/台湾の自動車メーカー, スウェーデンの自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5