ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン >フェラーリ >ベントレー(Bentley)

【動画】フェラーリ・ローマ、ベントレー・コンチネンタルGTスピード、アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの加速競争!豪華なクーペ3台の勝負の行方は?

投稿日:2022/02/23 更新日:

【動画】フェラーリ・ローマ、ベントレー・コンチネンタルGTスピード、アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの加速競争!豪華なクーペ3台の勝負の行方は?

| ラグジュアリークーペどうしの加速競争動画は意外と少ない |

ベントレー、アストンマーティンはけっこう高価だった

さて、これまでにも様々なドラッグレース動画を公開してきたCarwowですが、今回は「フェラーリ ローマ」「ベントレー・コンチネンタルGTスピード」「アストンマーティンDBS スーパーレッジェーラ」という美しいクーペ3台のドラッグレース動画を収録しYoutube上へとアップすることに。

なお、3車の比較はこういった感じとなっていて、驚くべきことに、この中ではフェラーリ・ローマが「最も安い」という信じられない状況に。

2022-02-20 12.56.16

出力はミドシップスーパースポーツ顔負け

これら3車のスペックをざっと見てみると、フェラーリ・ローマはV8ツインターボエンジンを搭載し最大出力は620馬力 / トルク561lb-ft(760Nm)、そして車体重量1570kg。

もちろんフロントエンジン、そして駆動輪は後輪のみ。

2022-02-20 12.55.59

フェラーリ・ローマの試乗イベント
評判抜群のフェラーリ ローマに試乗!ボクにとっては非の打ちどころがない、これまでに運転したフェラーリの中では1、2を争う楽しいクルマ

| フェラーリ・ローマは単なるクルマとどまらず、ライフスタイルそのものである |この記事のもくじ| フェラーリ・ローマは単なるクルマとどまらず、ライフスタイルそのものである |フェラーリ・ローマは内外 ...

続きを見る

ベントレー・コンチネンタルGTスピードはフロントに6リッターW12ツインターボエンジンを搭載し出力は659馬力、最大トルク664pf(900Nm)、車体重量は2,273kg、駆動方式はこの中では唯一の4WD。

2022-02-20 12.54.41

ベントレー・コンチネンタルGTスピード
「もはや直前番長ではない」新型ベントレー・コンチネンタルGTスピード発表!650馬力、最高速335km/h、しかもドリフト可能なモンスタークーペ

| 新型コンチネンタルGTスピードのパフォーマンスはもちろんベントレー史上最高 |この記事のもくじ| 新型コンチネンタルGTスピードのパフォーマンスはもちろんベントレー史上最高 |新型ベントレー・コン ...

続きを見る

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラは5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載して715馬力を発生し、車体重量は1,845kg。

ちなみにこの個体は10台のみが限定にて製造された「コンコルド・エディション」ですね。

2022-02-20 12.56.42

アストンマーティンが超音速旅客機とコラボした「DBS スーパーレッジェーラ・コンコルド」発表!内外装はコンコルドを模した”いまだかつてない”特別仕様に

| 生産されるのはわずか9台のみ |この記事のもくじ| 生産されるのはわずか9台のみ |アストンマーティンDBS スーパーレッジェーラ・コンコルドはこういった仕様を持っているアストンマーティンDBS ...

続きを見る

実際に走ってみたらこうなった

そして実際に走ってみた結果ですが、もっとも重量の重いベントレー・コンチネンタルGTスピードがスタートからリードを広げ、そのままトップをキープしてゴールイン。

そのタイムは11.4秒という、ヘビー級ラグジュアリークーペらしからぬタイムです。

2022-02-20 12.57.37

そしてわずかに遅れてフェラーリ・ローマ。

2022-02-20 12.57.56

最後はアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの11.7秒ですが、出力と重量とのバランスを考慮すると(この中では)やや遅めのタイム。

しかしアストンマーティンはもともと加速を競うたぐいのクルマではなく、運転する楽しさを追求するタイプのクルマでもあり、よってやや後輪をスライドさせる設定のトラクションコントロールを持っていると認識していて、つまりパワーを「意図的に逃がす」傾向があるのではと(実際に運転した)考えています。

2022-02-20 12.56.56

ただ、いったん走り出してしまうとそのパワーを生かして思いっきり加速するのもアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラで、ドラッグレース(1/4マイル)ではなく1マイルという長丁場になると俄然有利になるらしく、軽量なフェラーリ・ローマとともにコンチネンタルGTスピードを引き離すことに成功。

参考までに、ブレーキングテスト(一定の速度から同時にフルブレーキ開始)では3台ともほぼ同じ距離で停止しており、重量級のコンチネンタルGTスピードのブレーキ性能が際立っていると考えて良さそうですね。

2022-02-20 12.54.24

フェラーリ・ローマ、ベントレー・コンチネンタルGTスピード、アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの加速競争動画はこちら

参照:carwow

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, >フェラーリ, >ベントレー(Bentley)
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5