ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>三菱(MITSUBISHI)

限定台数わずか100台!ランサーエボリューションVI「ゼロファイター」が英競売に出品され話題に。ラリーアート製パーツが組み込まれた特別モデル

投稿日:2022/05/13 更新日:

限定台数わずか100台!ランサーエボリューションVI「ゼロファイター」が英競売に出品され話題に。ラリーアート製パーツが組み込まれた特別モデル

| ランサーエボリューション、スバル(インプレッサ)WRX STIはラリー人気の高い欧州で絶大な人気を誇る |

サンバイザー付きなところが「いかにも日本で納車されたクルマ」っぽい

さて、イギリスにて「ランサーエボリューションVI ゼロファイター」がオークションに登場し、「こんなモデルもあったのか」とちょっとした話題に。

このランエボVIゼロファイターは1999年に日本市場向けに100台のみが発売された限定車で、ラリーアートのパーツが数多く組み込まれている、という特徴を持っています。

最も有名なボディカラーはホワイト地にラリーアートのカラーリング(レッド、ブラック、グレー)が施されたもので、しかしこの個体のボディカラーはあまり見たことがない「アイセルブルー」だと紹介されています。

現在落札まで1日あまりといったところですが、およそ460万円程度まで価格が上昇していて、最後の駆け込みにて大きく値を上げそうな雰囲気もあり、ここでランサーエボリューションVI ゼロファイターとはどういったクルマなのかを見てみましょう。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (17)

ランサーエボリューションVI ゼロファイターはこんなクルマ

このランエボVI ゼロファイターには数々の装備が追加されており、外観だとフロントリップ、サイドステップといった装備も。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (3)

ドアミラーは極小サイズのエアロタイプ。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (5)

フロントフード上には「ZERO Fighter」ステッカーが貼られます。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (6)

トランクフードにもゼロファイター。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (8)

エンジンルームだとラリーアート製のインタークーラーハードパイプキット、エアボックス、スパークプラグカバー、オイルキャップ、ラジエーターキャップ、ブレーキマスターシリンダーストッパー(そういえばこんなパーツもあったな・・・)、バッテリートレイが装着されています。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (12)

ラリーアートのプレートも装着。

ラリーアートは三菱の子会社として1984年に設立され、その後は三菱のワークスチームとしてモータースポーツに参戦する一方、各種パーツの販売も行っていたものの、業績悪化によって2010年3月に活動を終了させていますが、その後2021年末に復活を果たし、2022年1月にはコンセプトカーも発表しています。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (15)

三菱が「新生ラリーアート」パーツ第一弾を発表!モータースポーツ復帰を公表していただけに「ファッションアイテム」のみのリリースに動揺が広がる
三菱が「新生ラリーアート」パーツ第一弾を発表!モータースポーツ復帰を公表していただけに「ファッションアイテム」のみのリリースに動揺が広がる

| まさか新生ラリーアートがこれだけで終わるはずはないと思うが |この記事のもくじ| まさか新生ラリーアートがこれだけで終わるはずはないと思うが |たしかにタイではこういったアクセサリーが好まれるとは ...

続きを見る

タワーバー装着はもちろんですが、ラリーアートらしい「ストラット補強パーツ」も。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (16)

リアにもタワーバー。

トランク内張りは剥がされているようですね。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (14)

ランサーエボリューションVI ゼロファイターのインテリアはこうなっている

そしてランサーエボリューションVI ゼロファイターのインテリアにも数多くのラリーアート製パーツや社外パーツが投入されており、シフトノブ、ペダル、レカロシートなどが装着されています。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (10)

センターコンソールにはカーボン製のパネル、そしてSONY製のカーステレオ、そしてターボタイマーらしきものも。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (13)

メーターパネルもカーボンファイバー。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (11)

ステアリングホイールやシフトブレーキレバーのグリップも交換されており、90年代~2000年代初期の「オートバックスで売っていた」パーツが満載といった感じですね。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (9)

そのほか、このランサーエボリューションVI ゼロファイターにはオーリンズ製DFV車高調、エボ6.5トミ・マキネン・エディションから移植したトランスファーボックス、エボ8MRのリアデフ、エボ8オイルクーラー、エボ9クラッチ&フライホイール、ブレーキディスク&ブレーキライン、社外インタークーラーとラジエター、K&Nエアフィルター、HKSサイレントハイパワーエキゾースト、ブリッツ製スペックRブーストコントロール、燃料ポンプといった装備も取り付け済み。

なお、ぼくは90年代を国産スポーツのチューニングに明け暮れることで過ごしたため、こういったパーツ群を非常に懐かしく感じます。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (2)

さらに2015年には車体下回りのレストアを行い、防錆プライマーとストーンチッププロテクションを吹き付けたと記されており、手厚いメンテナンス履歴を確認できるサービスブックも付属。

Mitsubishi-Lancer-Evo-VI-Zero-Fighter (7)

限定100台のうち、どれくらいが海外に輸出され、そして日本国内にどれほど残っているのかはわかりませんが、間違いなく「今後価値が上昇する」モデルのひとつであり、25年ルールの対象になれば、アメリカにも多くの個体が流れることになりそうですね。

あわせて読みたい、ランサーエボリューション関連投稿

ランサーエボリューション トミ・マキネンエディション
まさかの2000万円オーバー!6月の1530万円に続き、ランエボVI トミ・マキネンが2240万円にて落札される。ただしシリアルは「001」

| もともとランエボはカルト的人気がある上にモータースポーツ直結という性格もあり、今後も価値を上げ続けるだろう |この記事のもくじ| もともとランエボはカルト的人気がある上にモータースポーツ直結という ...

続きを見る

懸賞で当選したランエボでクラッシュ
超希少、ランサーエボリューションIVの限定モデル「FQ-320」を懸賞で引き当てた男。その24時間後には単独事故にてランエボを廃車にしてしまう

| よくあるといえばよくある出来事ではあるが |この記事のもくじ| よくあるといえばよくある出来事ではあるが |いったい当選者の身に何が三菱ランサーエボリューションIX FQ-320はこんなクルマ合わ ...

続きを見る

限定台数わずか30台!ランエボ史上最もハード、ABSもなく110kg軽量化されたランサーエボリューションVI「RSX」が720万円で販売中
限定台数わずか30台!ランエボ史上最もハード、ABSもなく110kg軽量化されたランサーエボリューションVI「RSX」が720万円で販売中

| ランエボの限定モデルの価格上昇っぷりはハンパない |この記事のもくじ| ランエボの限定モデルの価格上昇っぷりはハンパない |当時、ここまで価格が上がるとは誰も予想しなかった生産台数はわずか30台合 ...

続きを見る

参照:Collecting Cars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->三菱(MITSUBISHI)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5