>アストンマーティン(Astonmartin) >ポルシェ(Porsche)

ポルシェ911RとアストンマーティンV12。NA+MTをクリス・ハリスが試す。ほか911レビュー動画

投稿日:2016/09/19 更新日:

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-22-16-43%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

クリス・ハリスがポルシェ911RとアストンマーティンV12ヴァンテージSを試す動画。
公道、サーキット両方において果敢に攻めていますね。
アストンマーティンV12ヴァンテージSはおそらく最後の「自然吸気V12エンジン」を搭載したアストンマーティンとなる見込み。
試乗している車はマニュアル・トランスミッションですが、アストンマーティンは「マニュアルを作る最後のメーカーになっても」マニュアル・トランスミッションを作り続けると豪語。

一方のポルシェ911Rは911GT3RSのPDKをマニュアルに換装し、よりシンプルな構成にした「純粋な」911。
ポルシェは「GT系には自然吸気エンジンを搭載する」ことを明言しており、当面はターボエンジンの搭載はなさそうですね。
ただしトランスミッションについては「マニュアル・トランスミッションの搭載は商業的に難しい」として継続について不透明な発言をしていますが、現在の911Rの中古市場価格を考慮すると「マニュアルの人気は無視できない」と判断するのかもしれません。

両者とも自然吸気エンジン+マニュアル・トランスミッションというところが共通項ではありますが、エンジン搭載位置はアストンマーティンがフロント、ポルシェがリアと真逆のパッケージング。
そのため双方とも走りにはかなり差があるようですが、動画を見るとアストンマーティンV12ヴァンテージSの方はかなりサスペンションのストロークがあるように見えますね。

https://www.youtube.com/watch?v=HYH43VNLrN0

関連投稿:これがポルシェ911Rの実力だ。アウトバーンで時速322キロを記録する動画

名称未設定-1

ポルシェ911きってのスパルタンモデル「911R」ですが、EVOの試乗にて時速322キロを記録。
ポルシェ911Rは500馬力の4リッターNAを搭載し専用の6速マニュアル・トランスミッションを装備しています。

そのためPDKを搭載するベース車の911GT3RSよりも軽量で重量はわずか1370キロ。
0-100キロ加速は3.8秒、最高時速は323キロですが、その数値に偽りなしというところですね。

なお、この速度だと通常は振動がけっこう出るものですが、全くと言ってよいほど振動がなく、ビタリと安定しているのは驚異的。


関連投稿:ポルシェ911Rのレビュー動画登場。「ベースモデルとは別モノ」

スクリーンショット 2016-03-04 19.59.26のコピー

EVOがさっそく発表されたばかりのポルシェ911Rをレビュー。
さすがに貴重な車であるためか走行こそありませんが、ポルシェの人を交えて細部に渡るまでの解説、そしてベースとなった車に比べて「いかに変わっているか」を述べています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5