>ポルシェ(Porsche)

ポルシェ911GT3のMTはPDKと「価格が同じ」。どうなる911Rの中古相場?

投稿日:2017/03/15 更新日:

ポルシェは先日新型(991.2)GT3を発表しましたが、これには「マニュアル・トランスミッション」が存在することが最大の特徴。
日本では車両本体価格、トランスミッションの価格差について公開されていませんが、本国だと「マニュアルトランスミッションとPDKとの価格差はゼロ(つまり同じ)」。

通常、PDKを選ぶとポルシェの場合50〜70万円ほど高くなるのですが、もともとGT3はマニュアルが想定された設計ではないので、そこへマニュアル・トランスミッションを装着することで「想定外」のコストが発生することになり、そのため「MTとPDKとの価格が同じ」になるのは理解の及ぶところ。

なおポルシェでは欧州においてPDK/MT比率については60/40になると予想しているようですが、アメリカでは50/50になるだろうとも予測。
アメリカは全体的に見るとAT比率の高い国ではあるものの、スポーツモデルに関しては積極的にMTを選ぶ傾向にあり、それは逆に他の国に比べてずっと高いほど。

ポルシェ911Rの人気が出たのは「マニュアル・トランスミッションだから」というわけではなく「希少な限定モデルだから」だったと思われ、ぼくとしては911Rの購入者について「MTが欲しかった」わけではなかったんじゃないかと考えています(よって新型911GT3登場後も911Rの価格は大きく下がらないと思う)。
特に日本においてはその傾向が強いと思われ、おそらく新型GT3においてはPDK/MT比率は90/10くらいになるんじゃないかと予測。

実際のところPDKの方がパフォーマンス的に優れており、0-100キロ加速だとPDKだと3.2秒、MTだと3.8秒とかなりの差が出ることに。
重量自体はMTの方が軽くはなりますが、PDKはその差を埋めて余りあるメリットを持つ、と考えています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f