>プジョー(PEUGEOT)

プジョー308がフェイスリフト。コンセプトカーでおなじみの「あのツートンカラー」が実際に販売されている件

投稿日:2017/06/01 更新日:

プジョーが308のフェイスリフトモデルを公開。
ぼくは最近までプジョーを購入対象として考えたことがありませんでしたが、3008の試乗以来、プジョーにはかなり興味が湧いています。
その理由としてはやはり斬新な内外装、とくにインテリアで、このデザイン的機能的先進性はずば抜けている、と考えています(単にデザインの好みの問題ではあり、ぼくは未来っぽい内装が好き、というだけでもある)。

フェイスリフト版プジョー308に採用される1.6リッターエンジンは10馬力向上した上に6%の省燃費化が達成できているとされ、かなり経済性が向上している模様。

ただしぼくが興味を持っているのは308「GTi」で、これは308の中ではもっともスポーティーなグレード。
出力は200馬力、0-100キロ加速6秒という高いパフォーマンスを誇り、画像のとおりブラックパーツにレッドのブレーキキャリパーやアクセント、19インチホイール、さらにはトルセン式LSDを装備(タイヤはミシュラン・パイロット・スーパースポーツ)。

内装はやはり先進的であり、こういった内装の車に毎日乗れるのはさぞ幸せだろう、と思います(内装の画像は標準グレード)。

今回公開された308Gtiのボディカラーは、プジョーがコンセプトカーにて好んで採用する大胆なツートンカラーですが、これは「マグネティックブルー」と「ペルラ・ネラ」とアナウンス。

なお、さすがに市販車でこのボディカラーを採用することはないだろう、いやしかしオフィシャルフォトでこの画像を公開しているということは実際に発売するのか、と思ってプジョー・ジャポンのホームページを見てみると、(308GTiは日本に入っていないようですが)なんと208GTiで(色違いの)ツートンカラーが存在し、つまりは「日本国内でもこのツートンカラーを販売している」ということに。

さすがに街中はもちろんディーラーでもこういったカラーの試乗車は見たことがなく、実際にこれで路上を走るととんでもないインパクトがあるだろう、と感じさせるコンビネーションですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5