>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカにて80年代以前のランクル(FJ)相場が急騰中。1000万オーバーの個体も続出

更新日:

東洋経済によると、「FJランクルが大人気」とのこと。
これによると現在アメリカにおいて、とりわけ1980年台前までに製造されたランクルの価格が急騰中で、今や1000万円を超える落札価格も珍しくない、としています。
たしかにランドクルーザーはコレクターも多く、アメリカだと「FJカンパニー」がコレクター向けにレストアやカスタムを行っているのが有名ですね。

加えて記事では「ランクル人気がランドローバー・ディフェンダーや、ジープ・スクランブラーにも飛び火した」としており、たしかに現在ディフェンダーは盗難されやすいリストの上位にランクされているようです。

なお、ランドクルーザーのルーツは1951年にまで遡ることができ、日本車では「同一名称を使用する期間が最も長い車」。
命名については諸説ありますが、競合であると考えられた「ランドローバー(ローバーは海賊船の意味を持つ)」を駆逐するという意味で巡洋艦=クルーザーをネーミングに取り入れた、としています。

なお、なぜ「駆逐艦」ではなく「巡洋艦」なのかは謎の残るところですが、仮に「駆逐艦」だと英語名は「デストロイヤー」なので、もしかすると「ランドクルーザー」ではなく「ランドデストロイヤー」になっていた可能性もある、ということですね。

加えてですが、その意図したネーミングの通り実際に「ランドローバー」を駆逐してしまっており、一時期はランドローバーの販売を壊滅的なところまで追いやったと言われますが、まさに「ランドクルーザーおそるべし」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5