社長

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

| なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない | なかなか業績が上向かず、2期連続で減益となる可能性が高いマツダですが、今回東洋経済がマツダの丸本明社長にインタビューを行い、その内容を公開し ...

■その車関連のネタなど ■ニュース

「グーネット」子会社のタイヤ・ホイール販売大手、オートウェイの社長が逮捕。偽BBSホイール販売、JWL虚偽表示による不正競争防止法違反

| 低品質ホイール、偽ブランドの販売 | さて、朝日新聞によると、「安全基準を満たしていると偽って粗悪なタイヤホイールを販売した」カドでカー用品販売大手「オートウェイ」社長、仕入れ担当あわせて3人が逮 ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD) ■ニュース

カルロス・ゴーン氏の4.6倍も!世界の自動車会社CEOはこんなに稼いでいた!なおトヨタ社長は2億円

| 海外ではカルロス・ゴーン氏のニュースにはほぼ無反応 | さて、日本ではかなり大きな扱いとなっているカルロス・ゴーン氏の不正問題ですが、欧米ではほぼ話題となっていないようです。 アメリカではほぼスル ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

トヨタ社長「自分はお坊ちゃまではなく、”超”お坊ちゃま」。その真意とは?

| トヨタ社長「自分はお坊ちゃまではなく”超”お坊ちゃま | プレジデント・オンラインに、トヨタ自動車の豊田章男社長に関する記事が掲載されており、これによると豊田章男社長本人いわく「自分はお坊ちゃまで ...

>マツダ(MAZDA)

訃報。ロータリーエンジンを世界で初めて実用化したマツダ「ロータリーの父」そして元社長が亡くなる

2017/12/28    , ,

| ロータリーエンジンを世界ではじめて実用化した人物が亡くなる | マツダ「ロータリーエンジンの父」、山本健一氏(95歳)が11月20日に永眠された、との報道。 山本健一氏は旧海軍の技術者将校であり、 ...

>フォード(FORD) >その他アメリカ車 ■その車関連のネタなど

意外な選択も多い?W.バフェット、ザッカーバーグ、イケア創業者など億万長者の乗る車5選

| 億万長者はどういった車に乗っているのか | 億万長者はどんな車に乗っているのか?という調査内容の一部が公開に。なお、フォーブスが毎年公開する長者番付では「億万長者=ビリオネア」が過去最高の人数を記 ...

■自動車各社業績/ランキング等 >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU)

北米マツダの社長が20年ぶりに日本人に。「スバルをベンチマークにリピート率を引き上げる」

mazda 東洋経済にて、「マツダ、最重要の米国で挑む「ブランド改革」という記事が掲載に。 これによると、まずマツダの北米法人の代表に日本人が就くのは20年ぶり、とのこと。 現在のところマツダについて ...

>マツダ(MAZDA) >その他ポルシェ関連/ニュース

マツダ社長「走る歓び」のないマツダ車に存在意義はない”。その経営スタンスを語る

日経ダイヤモンドに「マツダが欧州プレミアムブランドと勝負するために必要なこと」という記事が掲載に。 これによると”「走る歓び」のないマツダ車に存在意義はない”とのことで、小飼社長独自のスタンスについて ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari)

ランボルギーニ創業者生誕100年の年にフェラーリF1元代表がランボCEOになるという現実

昨年末の噂の通り、ステファノ・ドメニカリ氏が次期ランボルギーニCEOに就くことが決定。 正直ぼくはステファノ・ドメニカリ氏に対してあまり良い印象は持っておらず、「フェラーリF1で勝てずに追放された人」 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5