ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

納車後わずか20分、走行30kmの走行でハマーEVをクラッシュさせてしまったユーチューバー。「今までアップした動画の中でもっとも高くついた・・・」

投稿日:

納車後わずか20分、走行30kmの走行でハマーEVをクラッシュさせてしまったユーチューバー。「今までアップした動画の中でもっとも高くついた・・・」

| 見た目は軽微な破損に見えても、EVだけにどこにどう影響が出るかわからない |

もしかするとこれでも廃車になる可能性が出てきそう

さて、現在GMCハマーEVはもっとも手に入りにくいクルマのひとつであり、とんでもないプレミア価格にて取引されることでも知られています。

そして今回、あるユーチューバーが(受注開始後、10分で完売した)ハマーEVファースト・エディションの納車を受けることになり、しかしディーラーから出て走行わずか19マイル(30km)、20分後にこの貴重なハマーEVをクラッシュさせてしまうことに。

そこでその一連の様子を見てみたいと思いますが、まずユーチューバー、モンディ氏はメルセデス・ベンツに乗ってGMCのディーラーへとクルマを引き取りに向かいます。

GMC-HUMMER-EV (17)

ユーチューバーははじめてのEVに興奮を隠せない

同氏はポルシェやフェラーリなど数々のスポーツカー、スーパーカーを所有する人気ユーチューバーで、しかしハマーEVは「はじめてのEV」ということで興奮を隠せないもよう。※引き取りに向かう車中でもハマーEVに対する想いを語っている

GMC-HUMMER-EV (13)

そしてディーラーにて自身のハマーEVと対面し各部をチェック。

GMC-HUMMER-EV (15)

なお、モンディ氏は自身のハマーEVに様々なオプションを装着しており、荷台のカバーや、テールゲートに内蔵したスピーカー(こんなモノがあるのか・・・)を紹介しています。

5

そしてこのハマーEVファーストエディションでは選べなかった「グリーン」へとラッピングを考えている等、今後の計画についても触れており、夢が膨らむ一方であるようですね。

GMC-HUMMER-EV (14)

そしてモンディ氏はディーラーにてハマーEVを受け取り・・・。

GMC-HUMMER-EV (12)

まずはローンチコントロール機能を試したのち、悪路へとクルマを持ち込んでその走破性を楽しむことに。

GMC-HUMMER-EV (11)

ただしそこで問題は起こった

けっこうな速度で未舗装路を走りますが、そんな最中に大きな音とともに車体が揺れ・・・。

GMC-HUMMER-EV (5)

フロントほか数カ所をなにかにヒットしたものと思われ、クルマを降りてフロントを見るとなにやら液体が。

GMC-HUMMER-EV (10)

どうやらバッテリー冷却用のラジエター液が漏れており・・・。

GMC-HUMMER-EV (9)

けっこうな勢いでラジエター液が吹き出しています。

GMC-HUMMER-EV (8)

右側リアタイヤは大きく曲がり、サスアームが破損しているもよう。

GMC-HUMMER-EV (7)

ハマーEVはヘビー級だけにその衝撃は大きい?

ちなみにハマーEVの車体重量は(信じがたいことに)4,103–4,282kgもあり、バッテリーのみで小型車一台分の重さがあると言われます。

この重量はある意味で「(乗用車としては)未知の領域」でもあり、サスペンションはじめとするクルマの制御、そして万が一ヒットしたときの衝撃など「想定を遥かに超える」インパクトがある可能性も。

とくに車体裏面をヒットした場合は「車体重量がそのぶん重くのしかかる」ことになり、その破損の度合いもまた通常のクルマとは異なるのかもしれません。

GMC-HUMMER-EV (20)

なお、走っていたのはこういった未舗装路ですが・・・。

GMC-HUMMER-EV (4)

このV字型のくぼみに猛スピードにて突っ込んでしまい、ラジエターを破損してしまったもよう(外れたボルトを見ると、ボルトが曲がっている)。

GMC-HUMMER-EV (3)

見たところそこまで大きな段差でもなく、高い最低地上高を持つハマーEVがこの程度で破損してしまうというのはちょっと意外でもありますね。

GMC-HUMMER-EV (2)

そしてユーチューバーはハマーEVの車体裏面から外れた残骸を拾い集め・・・。

GMC-HUMMER-EV (6)

曲がった後輪のまま自走してディーラーへ。

GMC-HUMMER-EV (19)

ちょっとしょんぼりなユーチューバー。

GMC-HUMMER-EV (18)

破損箇所としてはラジエター、サスアーム、アンダーボディといったところだと見受けられるものの、車体下部にはバッテリーが収まっており、この破損状況のチェックを行う必要が生じるのは間違いなく、そして破損していればバッテリーを(部分的な交換が難しいとされるので)丸ごと入れ替える必要性も生じ、もしそうなると修理コストが大きく跳ね上がる可能性も。

そうなれば保険会社は「廃車」という判断を下す可能性もあり、このハマーEVは納車から僅かな時間、そして走行距離30キロという時点でそのライフを終えてしまうということになりそうですね。

GMC-HUMMER-EV (16)

納車直後のハマーEVがをクラッシュさせてしまう動画はこちら

あわせて読みたい、ハマーEV関連投稿

ハマーEV
ついにハマー復活!「HUMMER EV」としてフル電動に。1000馬力とスーパーカー並みの加速を持ち、お値段1190万円

| 正直、この性能と機能でこの価格であれば「安い」? |この記事のもくじ| 正直、この性能と機能でこの価格であれば「安い」? |今回のハマーはピュアエレクトリックハマーEVのインテリアも新世代へハマー ...

続きを見る

ハマーEVは「環境に優しい」クルマとなるはずだったが・・・。実際はガソリンエンジン搭載セダンよりも多くのCO2を排出し、環境に負荷をかけるという試算結果
ハマーEVは「環境に優しい」クルマとなるはずだったが・・・。実際はガソリンエンジン搭載セダンよりも多くのCO2を排出し、環境に負荷をかけるという試算結果

| ハマーEVはあまりに大量の電力を消費し、その分の電力の発電に際して発生するCO2はガソリン車よりも多い |この記事のもくじ| ハマーEVはあまりに大量の電力を消費し、その分の電力の発電に際して発生 ...

続きを見る

ハマーEVのテールランプの価格はひとつ45万円だった・・・!おそらくはこれに限らず、最近のクルマのランプ類は高度化かつ複雑化し、かなり高くなっていそう
ハマーEVのテールランプの価格はひとつ45万円だった・・・!おそらくはこれに限らず、最近のクルマのランプ類は高度化かつ複雑化し、かなり高くなっていそう

| たぶん量産車で一番高価なのはポルシェ911のテールランプなんじゃないかと思う |この記事のもくじ| たぶん量産車で一番高価なのはポルシェ911のテールランプなんじゃないかと思う |そしておそらくメ ...

続きを見る

参照:Mondi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5