ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) >ポルシェ(Porsche) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

「興奮度・感情移入度」という数字で語れない魅力を表すランキングが公開!ブランド別ではポルシェが1位、テスラが2位、トヨタはワースト3、ホンダは最下位

投稿日:

ポルシェ911

| 現段階ではガソリン車の興奮度のほうがEVよりも高い数値となっている |

車種個別だともっとも高い興奮度・感情移入度を誇るのはBMW X6

さて、自動車購入時に参考にするのが様々な「数値」で、たとえば馬力や燃費、ボディサイズやトランク容量、その他たくさんの数値が自動車メーカーから公表されています。

実際のところ、ぼくらはそういった数値でクルマを判断せざるを得ず、というのも購入検討のクルマをすべて試乗したり、もしかすると目にすることすらできないかもしれないから。

そして数値だけで判断したクルマを購入すると「こんなはずじゃなかった・・・」となることも少なくはなく、しかし「数値だけで判断できない」のは人間も同じかもしれません。

JDパワーはそのクルマの「興奮度」を数値化

そんな中で公表されたのがJDパワーの「興奮度」を表す指標であり、これは「Apeal Study」といい、新車に対するオーナーの感情移入や興奮度合いを測定するものです。

調査項目としては、運転席に座った印象や、アクセルを踏み込んだときの爽快感といった「客観的・絶対的な数字で表現できない」感情つまりエモーショナルな部分について集計しており、その合計が最高で「1000ポイント」となるように配分がなされています。

プレミアムブランドの「興奮・感情移入度」はこうなっている

そこでまずはプレミアムカーブランドの興奮・感情移入度を見てみたいと思いますが、全体的にプレミアムカーブランドにおいてはこの数値が昨年比で改善し(平均で8ポイント改善)、1位のポルシェは6ポイント改善して首位を維持しています。

ちなみに平均値は872ポイントなので、これを越えることができているのは上位5ブランドのみということになりますね。

プレミアムブランドの「興奮・感情移入度」ランキング

  1. ポルシェ・・・888
  2. ジェネシス・・・886
  3. キャデラック・・・885
  4. メルセデス・ベンツ・・・876
  5. BMW・・・875
  6. ランドローバー・・・871
  7. リンカーン・・・870
  8. アルファロメオ・・・868
  9. ジャガー・・・868
  10. インフィニティ・・・866
  11. レクサス・・・863
  12. ボルボ・・・852
  13. アキュラ・・・851
  14. アウディ・・・847

この結果を見るに、ジェネシスが高い数値を叩き出しているのはちょっと意外(実際に見たことがないのでナントモですが、イメージ的にエモーショナルとはいい難い)。

そしてレクサスやアウディの順位が低いことには妙に納得でき、たとえばレクサスは「快適だがつまらないクルマ」、アウディは「A地点からB地点に移動するにはもっとも速く安全な手段ではあるが、楽しくはない」と言われることも。※アウディについては、そんなことはないと思う

参考までにですが、(EVブランドなのでこのランキングに含まれませんが)テスラは887ポイントなのでほぼポルシェと同じ興奮度を獲得しています。

【動画】テスラ・モデルYを見てきた!最近の新型車でここまで人を呼んだ例はあまりない。実車を見ても改めてテスラの強さを思い知らされる

大衆車ブランドの「興奮・感情移入度」はこうなっている

そしてこちらは大衆車ブランドの「興奮・感情移入度」。

こちらの平均は昨年よりも4ポイント減少したため、プレミアムブランドの平均値との差が31ポイントに拡大しています。

ちなみに平均値は841ポイントなので、これを上回るのは11位のビュイックまでです。

大衆車ブランドの「興奮・感情移入度」ランキング

  1. ダッジ・・・882
  2. ラム・・・863
  3. GMC・・・856
  4. シボレー・・・851
  5. キア・・・849
  6. ミニ・・・848
  7. ヒョンデ・・・846
  8. フォード・・・845
  9. ジープ・・・845
  10. 日産・・・845
  11. ビュイック・・・843
  12. 三菱・・・840
  13. マツダ・・・839
  14. フォルクスワーゲン・・・839
  15. スバル・・・833
  16. トヨタ・・・831
  17. クライスラー・・・829
  18. ホンダ・・・824

この結果も納得できたり意外な部分もありますが、キア、ヒョンデが高いスコアを獲得しているのはちょっとびっくり。

もともとヒョンデ、キア、そしてジェネシスはこういった各種調査・統計の内容を熟知しているといわれ、それに対応したクルマづくりを行っていると報じられていますが、「その甲斐あった」のかもしれません。

一方、北米で売れまくっていると言われるスバルのポイントが低く、そしてトヨタとホンダに至っては非常に低い数値となっています。

参考までに、「買って後悔した」クルマのランキングのワースト1はトヨタC-HRでしたが、こういった統計を見ると、「大丈夫かトヨタ・・・」と考えてしまいますね。※ホンダ車は買って後悔したランキング上位には入ってない

トヨタのキー
米にて「買って後悔した(満足度が低い)クルマのランキングが公開!トップはトヨタC-HR、そして10位内の9台が日本車とアメ車で構成される

| 日本車というと「高い信頼性によって支持を集めている」と理解していたが |この記事のもくじ| 日本車というと「高い信頼性によって支持を集めている」と理解していたが |トヨタのクルマは「一瞬、高い人気 ...

続きを見る

その他にはこんな傾向も

そのほかにもいくつか興味深い結果がでていて、たとえばガソリンエンジン搭載車の「興奮・感情移入度」は平均846、PHEVは835、EVでは832。

なお、上述の通りテスラのスコアは887という高得点ではあるものの、これを「EV」の集計に入れてしまうと、EV全体の「興奮・感情移入度」が引き上げられてしまうため、テスラはここから除外されているのだそう。

モデル別に見てみると、もっとも高い満足度を誇ったのはBMW X6だとされ、自動車メーカーとして「最も多くのクルマをランキング上位に送り込んだ」のはヒョンデグループ(ジェネシスG80 / GV80、ヒョンデ・パーリセード / サンタクルズ、キア・カーニバル / EV5 / EV6)、そしてBMW(BMW X6、ミニ・クラブマン、ミニクーパー)、次いで日産(インフィニティQX60、日産ムラーノ / ヴァーサ)、ステンティス(ジープ・ワゴニア / グランドワゴニア、ラム1500)、メルセデス・ベンツ(GLA / EQS)。

トヨタからはレクサスIS500、フォルクスワーゲングループからはポルシェ911のみが上位にランクインされています。

合わせて読みたい、自動車のランキング関連投稿

レクサス
JDパワーによる「自動車ブランド満足度調査」トップは高級車部門でレクサスがトップ、大衆車ではミニが首位。コンシューマーレポートでは高評価のヒョンデ、ジェネシスは下位に沈む

| なぜかコンシューマーレポートは韓国車を高く評価する傾向がある |この記事のもくじ| なぜかコンシューマーレポートは韓国車を高く評価する傾向がある |韓国車が特定の調査に向けて対策をしているのか、そ ...

続きを見る

ポルシェ718ボクスター
「自動車ブランドへの忠誠心」ランキング公開!テスラがダントツの首位、そしてポルシェは昨年に比べ顧客からの支持を大きく失う

| テスラの首位は理解できるが、ポルシェの下落はちょっと理由がわからない |この記事のもくじ| テスラの首位は理解できるが、ポルシェの下落はちょっと理由がわからない |テスラは独自の市場と客層を形成し ...

続きを見る

スバル
米コンシューマーレポートが2022年版「自動車ブランド格付けランキング」公開!1位はスバル、2位はマツダ、そしてトップ10は日独のメーカーで占められる

| スバルは”飛び抜けたところ”はないが、総合的なバランスが非常に高い |この記事のもくじ| スバルは”飛び抜けたところ”はないが、総合的なバランスが非常に高い |逆に「何かが飛び抜けている」メーカー ...

続きを見る

参照:JD Power

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), >ポルシェ(Porsche), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5