ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン >その他アメリカ車

アストンマーティンが作ったコンパクトカーは「シグネット」だけではなかった!80年代に製造された「フレイザー・ティックフォード・メトロ」とは

投稿日:2021/12/18 更新日:

アストンマーティンが作ったコンパクトカーは「シグネット」だけではなかった!80年代に製造された「フレイザー・ティックフォード・メトロ」とは

| 当時の経営体制下にてブリティッシュ・レイランドとの協業によって誕生する |

まさかこんなレアカーが存在したとは

さて、アストンマーティンは2011年にトヨタIQをベースに「シグネット」と呼ばれるマイクロカーをリリースしており、これはアストンマーティンなりに「CO2総量排出規制」に対応しようとしたもので、当時「アーバンモビリティに対するラグジュアリーなソリューション」として売りだされています。

当時の新車価格は475万円に設定されており、これはトヨタIQに比較すると「数倍」に相当する数値ですが、これはいったんIQの完成車を英国に運び、分解した後にアストンマーティン仕様へと変更したため。

なお、発売時には(5ナンバーで、500万円以下で購入できるアストンマーティンとあって)大人気になると予想され、購入権は「アストンマーティンオーナーのみ」に絞られたものの、蓋を開けるとさっぱり売れず、よって今だと逆に希少車扱いとなってしまい、たまに出てくる中古車の価格は新車時と同等となることもあるようです。

aston_martin_cygnet_012

え?これがアストンマーティン?トヨタiQベースの「シグネット」にヴァンテージのV8エンジンを押し込んだ公式カスタム登場

| アストンマーティンはシグネットを見捨てなかった | アストンマーティンが「シグネット」にV8エンジンを搭載してグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて公開。 「え?これがアストンマーティン ...

続きを見る

ただしアストンマーティンが製造したコンパクトカーはこれが初ではなかった

ただ、実際にアストンマーティンがコンパクトカーを製造したのはこれが「初」ではなく、実は1980年代に「フレイザー・ティックフォード・メトロ」なるモデルが存在したことが今回オークション出品物から明らかに。

このモデルはシグネットよりもさらに台数が少なく26台しか製造されなかったそうですが、そのうち3台がアメリカに輸入されたと言われています。

aston-martin-frazer-tickford-metro (2)

このフレイザー・ティックフォード・メトロは、アストンマーティンとブリティッシュ・レイランドのコラボレーションによって生まれたモデルで、経営がデビッド・ブラウンによってなされていた時代の産物なのだそう。

aston-martin-frazer-tickford-metro (4)

実際の製造は当時アストンマーティン傘下にあったティックフォードが行い、ベースとなったのはその名の通り「メトロ」、そしてこれにレザーやアルカンターラを用いた内装、サンルーフ、クルーズコントロール、ステレオ、電子制御装置などの装備を追加しています。

aston-martin-frazer-tickford-metro (5)

また出た80年代グループBの変態車、「MGメトロ 6R4」。なんと未走行、競売での予想落札価格は3300万円

| 80年代のグループBラリーカーは”なんでもあり”だった | 1985年製、MGメトロ 6R4 グループBラリーカー”未走行車”がオークションに登場予定。もともとこの「MGメトロ 6R4」はグループ ...

続きを見る

外装だと専用デザインのボディキットの装着によってアグレッシブなルックスを実現しており、もちろんアストンマーティンのウイングエンブレムも。

aston-martin-frazer-tickford-metro (3)

搭載されるエンジンは、アストンマーティンのチューニングによる80馬力の1.3リッターエンジン。

aston-martin-frazer-tickford-metro (7)

今回オークションに出品される個体は北米仕様の左ハンドルで、1982年にフェラーリのオフィシャルフォトグラファーを努めたウェンダル・マクブライド氏が所有していた一台だといい、ケアンゴーム・ブラウンの外装とベージュの内装を持っています。

非常に生産台数が少ないこと、走行距離がわずか1万5000キロにとどまることからけっこうな高値になるんじゃないかとも予想されていて、オークション開催元のH&Hクラシックスでは「最高で670万円くらいになるんじゃないか」とも推測しているようですね。

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティンが今度はタワーマンション建設。ペントハウスはプール付き、56億円ナリ

|アストンマーティンが世界の富豪を対象にしたビジネスを本格化?| アストンマーティンがマイアミに高級タワーマンションを着工。 部屋数は391、一番小さい部屋でも「4ベッドルーム」という豪華さ。 それに ...

続きを見る

【動画】なぜ「ブルドッグ」がロンドン市内に?世界に一台のみ、アストンマーティンが世界最速を目指しながらも発売されなかった幻のクルマが路上を走る
【動画】なぜ「ブルドッグ」がロンドン市内に?世界に一台のみ、アストンマーティンが世界最速を目指しながらも発売されなかった幻のクルマが路上を走る

| 思っていたよりもアストンマーティン・ブルドッグは先進的だった |この記事のもくじ| 思っていたよりもアストンマーティン・ブルドッグは先進的だった |コストが高くなりすぎて発売できなかったという話に ...

続きを見る

アストンマーティンDB11
007「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の影響?アストンマーティンの中古車検索件数が75%も上昇、ジャガー、ランドローバーも13%アップ

| やはり「ボンドカー」としての露出は威力絶大だった |この記事のもくじ| やはり「ボンドカー」としての露出は威力絶大だった |今後、アストンマーティンが「ボンドカー」としての提供を続けるかどうかが気 ...

続きを見る

参照:H&H Classics

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, >その他アメリカ車
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5