ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

アストンマーティンのV12最終限定モデル「V12ヴァンテージ」に新情報!「限定台数299台、価格は4600万円、650馬力、カーボンボディ、来週にも限定公開」

投稿日:

アストンマーティンのV12エンジン

| これでアストンマーティンのV12モデルが「最後」になると思うとちょっと寂しい |

意外と価格は抑えめ、ただし台数はけっこう多めに用意するようだ

さて、先日アストンマーティンがティーザー動画を公開した「V12ヴァンテージ」。

こちらについては「V12エンジン搭載モデルのファイナルバージョン」だと目されていましたが、どうやら「それで間違いない」もよう。

つまりこのV12ヴァンテージ以降は「V12エンジン搭載車が発売されない」ということになりそうですね。

【動画】アストンマーティンがV12ヴァンテージの発売を予告!V12エンジン搭載モデルの最終記念限定モデルとなるもよう
【動画】アストンマーティンがV12ヴァンテージの発売を予告!V12エンジン搭載モデルの最終記念限定モデルとなるもよう

| どんどんV12エンジンが消滅してゆくのは悲しい限り |この記事のもくじ| どんどんV12エンジンが消滅してゆくのは悲しい限り |V12スピードスターと共通するスペックを持つハードコアモデルとなる可 ...

続きを見る

VIP客に対してはプレビューイベントを開催予定

そして今回出てきた情報によれば、アストンマーティンはこのV12ヴァンテージを2022年3月に公開するといい、しかしそれに先立って来週にはVIP顧客に向けてプライベート・プレビューが開催される、とのこと。

なお、最近の「超」限定モデルにおいては、高級リゾート地などでプライベートプレビューを行うケースが増えてきましたが、もちろん顧客は世界中から馳せ参じることになり、しかしこの手の限定車を購入できる人、購入資格が与えられる人は「そういった時間もお金もじゅうぶんにある人」ということになりそうです。

搭載されるV12エンジンは650馬力を発生

V12ヴァンテージに搭載されるのはおなじみ5.2リッターV12ツインターボですが、V12ヴァンテージでは650馬力程度に制限されるといい、これは「1億円オーバー、88台のみ限定」のV12スピードスター(下の画像)に配慮したためかもしれません(このクルマと同じ700馬力に設定するわけにはゆかない)。

aston-martin-v12-speedster (3)

アストンマーティンが88台限定、1億円超のV12スピードスター発表!700馬力、フロントスクリーンなし、最高速度は300km/h

| ヘルメットなしには乗ることができない |この記事のもくじ| ヘルメットなしには乗ることができない |「スピードスター」は一つの流行アストンマーティンV12スピードスターのインテリアはこうなっている ...

続きを見る

そのほか伝えられる情報としては、価格は30万ポンド(日本円で約4600万円)、限定台数は299台、トランスミッションは8速オートマティック(V12モデル最終版ということでマニュアル・トランスミッションを期待していたが)、ボディパネルはフルカーボン(それを考慮するとこの価格は高くない)。

なお、V12エンジンの最終限定モデルにDBSスーパーレッジェーラではなくヴァンテージを選んだのは「サイズがコンパクトで軽量だから」という理由があるようで、これを考慮するに、V12ヴァンテージはそうとうにコンパクトなサイズにまとめられると考えて良さそうですね。

アストンマーティンはコロナ以降、大きく方針を変更

アストンマーティンはこれまで「ガソリンエンジンやマニュアル・トランスミッションを作り続ける地球最後のメーカーになる」と宣言していたもの、コロナウイルスの蔓延による経営不振、そおれによる経営者の刷新によって方針が大きく変わっています。

具体的にはアストンマーティンの所有者が投資家のローレンス・ストロールへと入れ替わり、CEOはメルセデスAMGからやってきたトビアス・メアース氏へ。

そして新生アストンマーティンはメルセデスAMG色が強くなり、開発を進めていた自社製V6エンジンのリリースを「中止」し、かわりにメルセデスAMG製のV8ツインターボへと置き換えられるほか、これと組み合わせるトランスミッションは(エミッションのコントロールのため)ATオンリーとなる予定。

アストンマーティン
アストンマーティンが2022年にもMT廃止を決定!「MT導入は愚かな判断だった」「MTはもう不要」「MTでは環境規制に対応できない」

| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |この記事のもくじ| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |実際のところ ...

続きを見る

加えて、ガソリンエンジン搭載モデルは今後「サーキット走行専用モデル」にほぼ限定され、市販車は随時エレクトリック化されてゆくという計画も公表されています。

アストンマーティン
アストンマーティンが電動化を加速。「次世代ヴァンテージ、DB11はピュアエレクトリック」。2030年の完全電動化に向けて大きく舵を切るようだ

| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシフト |この記事のもくじ| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシ ...

続きを見る

アストンマーティンV12ヴァンテージのティーザー動画はこちら

参照:TheSupercarBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5