ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

意外と早く発表されそう?アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のティーザー動画を公開

投稿日:2022/06/06 更新日:

意外と早く発表されそう?アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のティーザー動画を公開

| 修正後の計画だとヴァルハラは「2023年発表」と言われていたが |

可能な限り早く新型車の開発にかかったコストを回収せねば再び経営難に陥るというウワサも

さて、アストンマーティンは無事にそのハイパーカー「ヴァルキリー」を発売し納車を進めているところですが、その次に待っているのはヴァルキリーの下に位置するハイパーカー「ヴァルハラ」。

さらにアストンマーティンはミドシップ化したヴァンキッシュを発売する計画を持っていて、これらによって「ミッドエンジン三兄弟」ラインアップを構築する予定だと言われます。

そして今回、アストンマーティンはヴァルハラのティーザー動画を公開しており、そのタイトルは「The Mastery of Driving(運転の熟達)」。

ここでその内容を見てみましょう。

ヴァルハラのディティールも明らかに

まず、今回のティーザー動画はアストンマーティンの様々なモデルのコクピットが映し出され、たとえばF1マシンや・・・。

2022-06-05 21.55.54

かつてのレーシングカー、そして・・・。

2022-06-05 21.56.04

現代の市販車。

2022-06-05 21.56.22

これらとヴァルハラを関連付けており、つまりアストンマーティンのこれまでの歴史の集大成がヴァルハラであるということを示したいのかもしれません。

2022-06-05 21.57.44

そしてヴァルハラの姿も公開されることに。

ちょっと前に発表されたプロトタイプと同様の外観を持つようで、これが市販スペックと考えて良さそうですね。

2022-06-05 21.58.33

ヘッドライトはフラッシュサーフェス。

2022-06-05 21.56.09

エンブレムは(ほかのアストンマーティンほどでないにせよ)厚みがあるようで、「ほぼ厚みがない」ヴァルキリーのエンブレムとも少し異なるもよう。

2022-06-05 21.56.56

アストンマーティン・ヴァルキリーのエンブレム流出!厚さ40ミクロン、重量0.4グラム。「ステッカーはふさわしくない」という理由で超高級腕時計と同じ精度で製作される

| これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 |この記事のもくじ| これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 |ヴァルキリーに「ステッカーはふさわしくない」「チタン製」エンブレムというオプションも ...

続きを見る

(これがほかのクルマのメーターでなければ)アクセル開度も表示されるようですね。

2022-06-05 21.58.18

ヴァルハラはここまで来るのに紆余曲折があった

なお、ヴァルハラはもともとヴァルキリー発表後まもなくその計画が発表され、ヴァルキリーのV12エンジンに対してV6ツインターボエンジンを搭載することが計画されていたハイパーカー。

実際にV6エンジンの開発はかなりの段階まで進められていたものの、アストンマーティンは経営不振からそのオーナーが交代し、さらにはメルセデスAMGが大幅に出資比率を上げ、これによってメルセデス・ベンツの意向が強く反映されることになってしまいます。

2022-06-05 21.57.20

そこで大きな影響が出たのが「新設計のV6エンジンの開発凍結」で、この60年ぶりの新型エンジンを開発途中で捨て去り、代わりにメルセデスAMGのV8エンジンが積まれることとなったわけですね。

アストンマーティンが”ヴァルハラ”に搭載するV6エンジン公開!実は「この60年ではじめての、自社設計によるエンジン」だった!

| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |この記事のもくじ| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |アストンマーティンは今後「ミドシップにも注力」新型エンジンはハイブリッドシステム ...

続きを見る

ただ、メルセデスAMGのV8といっても、通常のV8ツインターボではなく、AMG GTブラックシリーズ用に開発された「フラットプレーンクランク」V8エンジンが与えられることになり、さらにはトランスミッションとフロントアクスルにエレクトリックモーターを搭載して950馬力を発生することに。

アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のスペックを発表!エンジンはAMG製V8、前後にモーターを搭載し950馬力を発生する4WD
アストンマーティンが新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のスペックを発表!エンジンはAMG製V8、前後にモーターを搭載し950馬力を発生する4WD

| モーターを前後に一つづつ搭載するミドシップハイパーカーはなかなかに珍しい |この記事のもくじ| モーターを前後に一つづつ搭載するミドシップハイパーカーはなかなかに珍しい |さらにはアストンマーティ ...

続きを見る

これによって多くの部分の設計を変更しなくてはならなくなってしまい、そのため発売が遅れるとアナウンスされていたわけですが、現在公開されているスペックを見る限り、おそらくは「待つだけの甲斐があった」クルマとなりそうです。

2022-06-05 21.57.15

アストンマーティン・ヴァルハラのティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティン
アストンマーティンCEO「ヴァルハラ計画は死んでいない。2024年にフラットプレーンクランクV8を積んで登場。新型ヴァンキッシュは同じエンジンで2025年発表」

| アストンマーティン・ヴァルハラ、ヴァンキッシュは当初の計画よりも2年遅れ、そしてパワートレインを変更して登場 |この記事のもくじ| アストンマーティン・ヴァルハラ、ヴァンキッシュは当初の計画よりも ...

続きを見る

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ
アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ!それに伴い発売も1年遅れて2023年に

| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化ということになりそう |この記事のもくじ| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化とい ...

続きを見る

【動画】世界に存在するのはたった4台!アストンマーティン・ヴァルハラはこんなクルマだ

| 骨の髄までハイパーカー |この記事のもくじ| 骨の髄までハイパーカー |現存するヴァルハラは世界に4台アストンマーティン・ヴァルハラのインテリアはこうなっているこんな記事も読まれています さて、女 ...

続きを見る

参照:Aston Martin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5