ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロータス(Lotus) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】ロータスが新型電動SUV「タイプ132」の最新ティーザーを2本イッキに公開!インテリア、一部外観が明らかに

投稿日:

【動画】ロータスが新型電動SUV「タイプ132」の最新ティーザーを2本イッキに公開!インテリア、一部外観が明らかに

| ロータスだけに、俊敏極まりないSUVとなりそうだ |

ここへきて急激にSUVはそのバリエーションを拡大してきたようにも感じられる

さて、先日から新型SUV、タイプ132のティーザー動画を公開し続けているロータス。

今回はその内外装を捉えた新しい動画を立て続けに二本公開しています。

これまでには自動運転機能を備えることを示すLiDARシステムを見せる動画、心臓部でもあるエレクトリックパワーユニットを見せる「POWER」「HEART」なる動画を公開していますが、ロータスらしく高い運動性能を有するSUVになると見え、ここ最近公開された数本には男性そして女性アスリートが登場し、その引き締まった筋肉質ぶりをアピールしています。

なお、SUVそのものは新しい時代に移行していると見え、「悪路走行」以外の付加価値を持つSUVも多数登場していて、そういったバリエーションの拡大とともにまだまだSUVブームは拡大してゆくことになりそうです。

【動画】ロータスの新型エレクトリックSUV「タイプ132」最新ティーザー動画が公開!今回は電動パワートレインにホイールが公開、その瞬発力をアピール
【動画】ロータスの新型エレクトリックSUV「タイプ132」最新ティーザー動画が公開!今回は電動パワートレインにホイールが公開、その瞬発力をアピール

| ここまで短期間でその商品構成を変化させるブランドはロータスをおいて他にないだろう |この記事のもくじ| ここまで短期間でその商品構成を変化させるブランドはロータスをおいて他にないだろう |ロータス ...

続きを見る

現時点ではどんなSUVになるか全くわからないが

現時点でこのタイプ132がどういったSUVになるのかはまったくわからず、しかし「ロータス・プレミアム・アーキテクチャー」をベースとしたEVになること、後に追加される(タイプ132よりも小型でDセグメントに属する)タイプ134に比較すると余裕のあるサイズを持つことがわかっており、ライバルがメルセデス・ベンツEQCやBMW iX、テスラ・モデルXあたりになると言われていることを鑑みるに、けっこう大きなサイズ、そしてそれなりの価格を持つものと思われます。

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・
ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEV(SUV、セダン含む)の画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |この記事のもくじ| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |中国に建設する子会社の新社屋 ...

続きを見る

一方でアクティブシャッターを持つフロントグリル、カーボンファイバーっぽいアクセントが付与されたホイールなどが与えられることも(ティーザー画像から)わかっています。

そして今回公開されたティーザー画像を見ると、まず目に入るのはコントラストステッチが用いられたスポーツステアリング。

グリップはアルカンターラのように見え、ドライブモードを変更するためのパドルが装備されているようですね(これはちょっと珍しい)。

Lotus-type132

ダッシュボードは限りなくフラット、そして用いられる照明はブルーのようなグリーン。

インフォテイメントシステムは「フローティング」モニターにてコントロールするということがわかっています。

ちなみにシステム起動時には「"複数のスクリーン、サウンド、ライトが織りなす没入感のあるスタートアップ・シーケンス」が展開されると紹介されていますが、以前に(エヴァイヤ向けとして)音楽プロデューサーと共同にて(ロータスが)擬似サウンドを作り込んでいるともアナウンスされており、他のモデル、そして起動音等にもなんらかのフィードバックがあるのかもしれません。

4

ロータスがエヴァイヤ用として「タイプ49をサンプリングした」疑似サウンドを公開
【動画】ロータスがエヴァイヤ用として「タイプ49(F1)をサンプリングした」疑似サウンドを公開!未来的、そして魂を揺さぶるサウンドを聴いてみよう

| サウンド次第では、ピュアエレクトリックカーはガソリン車以上に「楽しい」乗り物となりそうだ |この記事のもくじ| サウンド次第では、ピュアエレクトリックカーはガソリン車以上に「楽しい」乗り物となりそ ...

続きを見る

そしてこちらはリアのようですが、端から端にかけて順番にLEDが点灯。

2

こちらがすべて点灯した状態。

1

ティーザー動画では、走り去るタイプ132の後ろ姿も収められ、ドアミラーの形状を見るに、「ミラー」ではなく「カメラ」が装着されているようですね。

パフォーマンスについても現時点ではなんらかの明示されたデータがあるわけではなく、しかし800ボルト・テクノロジーおよび92〜120kWhの容量のバッテリーパックが搭載されるであろうことが判明しており、一部のモデルでは0-62mph(0-100km/h)加速が3秒未満になる、ということもほのめかされています。

3

ロータスによるタイプ132のティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、ロータス関連投稿

ロータスが新しいデザイン拠点「ロータス・テッククリエイティブセンター」を英国に設立!中国やドイツにも拠点を新設し、一体誰が数年前のロータスからこの現状を想像しただろう・・・。
ロータスが新しいデザイン拠点「ロータス・テッククリエイティブセンター」を英国に設立!中国やドイツにも拠点を新設し、一体誰が数年前のロータスからこの現状を想像しただろう・・・。

| 現在のロータスの親会社、吉利汽車は「ロータスをフェラーリと同じレベルにまで」高めたいと考えている |この記事のもくじ| 現在のロータスの親会社、吉利汽車は「ロータスをフェラーリと同じレベルにまで」 ...

続きを見る

ロータス・エスプリがEVで復活?ロータスが英バッテリー企業との提携を発表し新型スポーツカーのティーザー画像を公開
ロータス・エスプリがEVで復活?ロータスが英バッテリー企業との提携を発表し新型スポーツカーのティーザー画像を公開

| エスプリの噂は過去になんども出ているがいまだ実現はしていない |この記事のもくじ| エスプリの噂は過去になんども出ているがいまだ実現はしていない |エスプリほど復活が待ち望まれるロータスのスポーツ ...

続きを見る

ロータス
ロータスの新型SUV、タイプ132の名称は「ラムダ(Lambda)」に?これが採用されれば1956年以降続く「Eで始まる車名を採用」という伝統の数少ない例外に

| ロータスの車名(市販車)は「SEVEN」という例外を除くと、おそらくはすべて「E」で始まっている |この記事のもくじ| ロータスの車名(市販車)は「SEVEN」という例外を除くと、おそらくはすべて ...

続きを見る

参照:Lotus Cars

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロータス(Lotus), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5