ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

ブガッティW16ミストラルのシフトレバーには「ジュラシック・パーク」よろしく、踊る象が琥珀の中に閉じ込められていた

投稿日:

ブガッティW16ミストラルのシフトレバーには「ジュラシック・パーク」よろしく、踊る象が琥珀の中に閉じ込められていた

| 踊る象があまりにリアルすぎてちょっと怖い気も |

ブガッティはこれで一つの時代を終え、同時に新しい時代を迎える

さて、ブガッティは先日「W16エンジンを搭載する最後のモデル」としてW16ミストラルを発表していますが、このミストラルはシロン世代で唯一のオープンであり、ブガッティは”W16エンジンの最後を締めくくるにはオープンモデルしかない”、とも考えていたようですね。

ブガッティのデザイン担当副社長、フランク・ハイル氏によれば、ブガッティの顧客はシロンのオープン版を熱望していたといい、ヴェイロンのモデルライフ末期にリリースしたヴェイロン16.4 グランスポーツ・ヴィテス同様の記念モデルを求める声が多かったといいます。

なお、そういった声がいかに多かったのかについては、「99台」というかなり多めの限定台数を見れば理解することができ、そしてこの99台が「全て完売」していることから確信に変わります。

bugatti-mistral (6)

ブガッティが「2012年に発売され、世界最速のオープンモデル」となったヴェイロン16.4 グランスポーツ・ヴィテスを振り返る!補強箇所やその手法についても解説
ブガッティが「2012年に発売され、世界最速のオープンモデル」となったヴェイロン16.4 グランスポーツ・ヴィテスを振り返る!補強箇所やその手法についても解説

| ブガッティはシロンにおいてオープンモデルを設定しておらず、しかし超焦慮生産モデルとしてロードスターを発売するという噂も |この記事のもくじ| ブガッティはシロンにおいてオープンモデルを設定しておら ...

続きを見る

ブガッティW16ミストラルは単にシロンの屋根をカットしただけではない

なお、このW16ミストラルについては、単純にシロンのルーフをカットしただけではないといい、それは先日公開されたヴェイロン16.4 グランスポーツ・ヴィテスに関するコンテンツでも示されたとおり、オープンモデルは衝突時の衝撃の伝わり方がクローズドモデルとは根本的に異なるため、ほぼ再設計に近いほどの労力を要する、とのこと。

bugatti-mistral (11)

よって(最初からクーペと同時設計されているならともかく)オープンモデルが高価になってしまうのは理解ができますが、このW16ミストラルの登場によって、多くのコレクターがそのラインアップを完成させることができたと考えているのかもしれません。

bugatti-mistral (7)

ブガッティW16ミストラルはどんな小さなところにもコストを惜しまない

このブガッティW16ミストラルは、ガソリン世代最後を締めくくるにふさわしい性能やディティールが与えられており、たとえばそのイメージカラーであるブラック、そしてアクセントのイエローについては、ブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッティが愛したカラーコンビネーションです。

bugatti-mistral (8)

ブガッティ創業者は「ブルー」ではなく「イエローとブラック」のクルマに好んで乗っていた!イエローはブルーの次にブガッティにとって重要な色だった
ブガッティ創業者は「ブルー」ではなく「イエローとブラック」のクルマに好んで乗っていた!イエローはブルーの次にブガッティにとって重要な色だった

| ブガッティのイエローにそんな逸話があったとは全く知らなかった |この記事のもくじ| ブガッティのイエローにそんな逸話があったとは全く知らなかった |ブガッティで「イエロー」を選ぶ人は真のブガッティ ...

続きを見る

そしてもうひとつ特筆すべきディティールが「エットーレ・ブガッティの実の弟、レンブラント・ブガッティが作成した”踊る象”がシフトレバーに埋め込まれていること。

この事実については、W16ミストラル発表時にブガッティ発行のプレスリリースにて言及されていたものの、今回はじめてその画像がMotor1によって公開されており、その様子を確認することが可能となっています。

bugatti-mistral (4)

これを見るとたしかに「踊る象」が琥珀を模したアンバーの樹脂に埋め込まれており、これはまるでジュラシックパークにて登場した、「琥珀に閉じ込められた蚊」を取り付けたジョン・ハモンドの杖のようでもありますね。

bugatti-mistral (3)

ちなみにこの「踊る象」はかつてブガッティ・ロワイヤルのフロントを飾るマスコットとしてレンブラント・ブガッティがデザインしたもので、現代のブガッティにおいても「ヴェイロン・レンブラント」の内装に用いられているほか、数々のブガッティのクルマやアクセサリーにおいても見ることが可能です。

bugatti-chiron-divo-centodieci-luggage-set-schedoni-7

ブガッティがスケドーニとのコラボ発表!車両にフィットするカスタムバッグ3点セット他オーナーの心を刺激しまくるアイテムが登場
ブガッティがスケドーニとのコラボ発表!車両にフィットするカスタムバッグ3点セット他、オーナーの心を刺激しまくるアイテムが登場

| 価格は現段階で非公表なるも、高級車一台分くらいになりそうだ |この記事のもくじ| 価格は現段階で非公表なるも、高級車一台分くらいになりそうだ |ブガッティxスケドーニのラゲッジセット製造にかかるの ...

続きを見る

ちなみにエットーレ・ブガッティの父親であるカルロ・ブガッティは高級家具のデザイナーであり、上述の通り弟は彫刻家。

そしてエットーレ・ブガッティは芸術的な価値を持つ自動車メーカーを立ち上げており、つまりは「創作活動に特化した」一家だったといえそうです。

ちなみにレンブラント・ブガッティは彫刻家ではあっても「動物に特化した」作品を作り続けたといい、動物園にて動物を観察し、多くの動物の彫刻を世に残したようですね。

bugatti-mistral (5)

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

その価格6.9億円!ブガッティ最後のW16エンジン搭載車「W16ミストラル」が発表。過去へのオマージュが散りばめられ、今後100年の使用を想定して製造される
その価格6.9億円!ブガッティ最後のW16エンジン搭載車「W16ミストラル」が発表。過去へのオマージュが散りばめられ、今後100年の使用を想定して製造される

| ブガッティW16ミストラルはもちろんすべて完売済み、納車は2024年から |この記事のもくじ| ブガッティW16ミストラルはもちろんすべて完売済み、納車は2024年から |ヘッドライトの「4本」は ...

続きを見る

ブガッティ・シロン後継モデルにはW16エンジンの搭載「無し」。デザインチームはすでに小型・小排気量絵エンジンの搭載を前提に動いているようだ
ブガッティ・シロン後継モデルにはW16エンジンの搭載「無し」。デザインチームはすでに小型・小排気量エンジンの搭載を前提に動いているようだ

| たしかに公式に「W16エンジンを積むのはミストラルが最後」だと語られている |この記事のもくじ| たしかに公式に「W16エンジンを積むのはミストラルが最後」だと語られている |しかしブガッティが他 ...

続きを見る

ブガッティがそのW16エンジンを「日本の新幹線の中で思いついた」当時から現代までを振り返る!「当時はそんな出力の市販者用エンジンの存在すら想像できなかった」
ブガッティがそのW16エンジンを「日本の新幹線の中で思いついた」当時から現代までを振り返る!「当時はそんな出力の市販者用エンジンの存在すら想像できなかった」

| ブガッティがW16クワッドターボエンジンのたゆまぬ歩みを語る |この記事のもくじ| ブガッティがW16クワッドターボエンジンのたゆまぬ歩みを語る |ブガッティはエンジンのみではなく、それを受け止め ...

続きを見る

参照:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5