ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型ポルシェ・マカンEVはこうなる?ティーザー画像をベースにした予想レンダリングが公開。これが新時代のエレクトリック・ポルシェの顔つきだ

投稿日:2022/11/21 更新日:

新型ポルシェ・マカンEVはこうなる?ティーザー画像をベースにした予想レンダリングが公開。これが新時代のエレクトリック・ポルシェの顔つきだ

| 残念ながら新型マカンEVの発売は2024年まで「延期」 |

おそらくは現行「ガソリン」マカンとはかなり印象の異なるクルマになりそうだ

さて、先日は「トップレンジの出力は603馬力」という新しい情報がもたらされた新型ポルシェ・マカン”EV”。

ガソリンエンジン搭載版のマカンの駆動方式が4WDのみであるのに対し、マカンEVでは後輪駆動が用意されるというコメントも出されており、そのスタイルのみではなく性質も(ガソリン版のマカンと)大きく異なることになるのかもしれません。

そこで今回、ロシアのカーメディアKolesaが(先日リリースされたマカンEVのティーザー画像をもとにした)マカンEVの予想レンダリングを作成していますが、例によって「当たらずとも遠からずなんじゃないか」という印象。

ポルシェがマカンEVのスペックを公開!トップレンジでは「603馬力、1,000Nm」を発生し、ちょっとしたスーパーカーなみの性能となるもよう
ポルシェがマカンEVのスペックを公開!トップレンジでは「603馬力、1,000Nm」を発生し、ちょっとしたスーパーカーなみの性能となるもよう

| エレクトリック化によってこれまでのクルマの常識が大きく変わることになりそうだ |この記事のもくじ| エレクトリック化によってこれまでのクルマの常識が大きく変わることになりそうだ |これまでの「パッ ...

続きを見る

マカンEVの発売は2024年まで延期

ポルシェが最初にマカンEVについて言及したのは22019年2月のことで、その際の予定では「2021年に発表、2022年中に生産開始」。

ただしつい最近の報道だと、ポルシェ属するフォルクスワーゲングループのソフトウエア開発会社、カリアッドによる車載ソフトウエア開発が遅れており、そのためマカンEVの発売は2024年にまで延期されたと言われます(ポルシェも遅れについては言及しており、ただし現時点では具体的な発表時期などにもついては触れていない)。

さらに言えば、カイエンのEVバージョン、718ボクスター/ケイマンの後継モデルに当たるエレクトリックスポーツカーの発表もこの影響を受けて発表が延期されることになり、同じくフォルクスワーゲングループに属するベントレー、アウディのEVもやはり発売が延期される、とも。

ポルシェ
ポルシェが「マカンEV」の開発と発売の遅れを正式に認める!なお718後継、カイエンEVも同時に遅れる可能性があり、アウディ、ベントレーなどVWグループ全体に開発遅延

| どうやらフォルクスワーゲン自前のソフトウエア会社の開発業務に遅れが出ているようだ |この記事のもくじ| どうやらフォルクスワーゲン自前のソフトウエア会社の開発業務に遅れが出ているようだ |ポルシェ ...

続きを見る

新型マカンEVはこんなクルマに?

それはさておき、今回公開された新型マカンEVの予想レンダリングを見てみると、ヘッドライトはタイカンやミッションRコンセプト、そして最近目撃されたピュアエレクトリック版718ボクスターと同じ「横長」。

ポルシェは電動化への以降とともに「カエル顔」をついに捨てるということになりますが、これはこれでけっこうイイ、と思います。

フロントバンパー内の開口部はおなじみ「長方形ベース」で、こちらは現行911やカイエンなど、ガソリン車と同様のイメージをもたせています。

2

新型ポルシェ718ボクスター「EV」はこうなる?目撃された試作車をもとにした予想レンダリングが登場、このスタイルで登場するなら本気で欲しい
新型ポルシェ718ボクスター「EV」はこうなる?目撃された試作車をもとにした予想レンダリングが登場、このスタイルで登場するなら本気で欲しい

| おそらくは「実物とそう遠くない」予想CGだと考えて良さそう |この記事のもくじ| おそらくは「実物とそう遠くない」予想CGだと考えて良さそう |ついにポルシェのスポーツカーレンジも「カエル顔」を捨 ...

続きを見る

おそらくボディサイドについては新しい特徴が与えられることはないと思われ、しかしフェンダーアーチは(ティーザー画像を見る限り)このレンダリングよりもちょっとだけ立体的になる可能性も。※ドアハンドルはおそらくフラッシュマウントを採用するものと思われる

そしてサイドウインドウのグラフィックは慎重に(プロトタイプでは)隠された状態ですが、もしかするとこれはマカンとは異なる「新しい」形状が付与されるもしれません。

1

リアはおそらくマカンよりも「クーペ」風スタイルを採用するものと思われ、しかしこの予想レンダリングのようにLEDライトバーを採用するのは間違いなさそう。

なお、テールパイプがなくなることでリアバンパー周りの処理も大きく変わってくるんじゃないかと思われますが、このあたりはポルシェも厳重な偽装を(プロトタイプにて)行っているので予想しづらい状況となっています。

新型マカンEVについては、アウディとポルシェとが共同にて開発したPPEプラットフォームを採用することになり、800Vアーキテクチャ採用、そして270kWh以上の急速充電に対応し、バッテリー5%の状態から80%までに充電するのにかかるのはわずか25分。

porsche-macan-ev  (6)

トップレンジは上述のとおり603馬力、トルクはなんと1,000Nm、駆動方式は4WD、前後重量配分は前後で48:52だと言われます。

そのほか不等長コントロールアーム式フロントサスペンション、マルチリンク式リアサスペンション、最大22インチホイールの採用、さらに2バルブダンパーを採用して快適性を向上させ、高速走行時には車高を下げて空力特性を改善するといった情報も。

加えて最大5度の舵角を持つリアアクスルステアリング、リアには電子ロック式ディファレンシャルを装着するといい、オンロード、オフロード両方において高い走破性が期待されます。

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェ・マカン
ポルシェはマカンEVを現行マカンと同レベルの「年間8万台」規模で生産する計画を持っているようだ!早ければ年内にもプリプロダクションモデルの生産が開始

| 内燃機関版のマカンからエレクトリックマカンの切り替えは「想定よりも早く」進むかもしれないし、そうでないかもしれない |この記事のもくじ| 内燃機関版のマカンからエレクトリックマカンの切り替えは「想 ...

続きを見る

【動画】新型ポルシェ・マカンEVが欧州の公道にてテスト中!どうやらいま流行のスプリットヘッドライトを持つようだ
【動画】新型ポルシェ・マカンEVが欧州の公道にてテスト中!どうやらいま流行のスプリットヘッドライトを持つようだ

| ヘッドライトが薄型になることはわかっていたが、まさかスプリットヘッドライトとは |この記事のもくじ| ヘッドライトが薄型になることはわかっていたが、まさかスプリットヘッドライトとは |加えて全体の ...

続きを見る

参照:Kolesa

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5