ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ初?見る角度によって色味が変わるカラーシフト塗装採用の812コンペティツォーネが目撃。オプション価格はやっぱり1000万円以上か・・・【動画】

投稿日:

フェラーリ初?見る角度によって色味が変わるカラーシフト塗装採用の812コンペティツォーネが目撃。オプション価格はやっぱり1000万円以上か・・・【動画】

| フェラーリはこれまでボディカラーに関しては比較的保守的な印象があったが |

年々、顧客がフェラーリに求めるカスタムのレベルも高くなっているようだ

さて、フェラーリやランボルギーニの本社があるイタリアはボローニャ近郊にて活動するスーパーカー系ユーチューバー、Varryx氏。

これまでにも様々なスパイビデオを届けてくれていますが、今回は「これまでに見たことがない」塗装を持つフェラーリ812コンペティツォーネの姿をYoutube上へと公開しています。

そしてその塗装とは「いわゆるカラーシフトペイント」。※商品名だと「マジョーラ」が有名

これは見る角度によって色味が変わって見えるというもので、ポルシェやランボルギーニ、マクラーレンなどいくつかの自動車メーカーが採用しており、しかしフェラーリ純正だとこういったペイントを持つ個体を見たことがなく、おそらくは「初」かもしれません。

参考までに、フェラーリは「カヴァルケード10周年」を記念しいくつかの新色を追加していますが、その中には玉虫色の「ヴェルデ・ヴォルテラ」も含まれ、しかし今回目撃されたペイントはさらにその「上」をゆく七変化を見せてくれるものと思われます。

フェラーリが「カヴァルケード10周年」特別カラー第三弾、玉虫色の「ヴェルデ・ヴォルテラ」を公開!SF90ストラダーレ/スパイダー、296GTB、812コンペティツォーネ(A)で選択可能に
フェラーリが「カヴァルケード10周年」特別カラー第三弾、玉虫色の「ヴェルデ・ヴォルテラ」を公開!SF90ストラダーレ/スパイダー、296GTB、812コンペティツォーネ(A)で選択可能に

| てっきり限定モデルのみに用意されるカラーかと思っていたが、通常モデルのオーダーの際にも選ぶことができるようだ |この記事のもくじ| てっきり限定モデルのみに用意されるカラーかと思っていたが、通常モ ...

続きを見る

そのボディカラーはダークブルーからグリーン、パープルへ

そしてこちらがその「カラーシフト塗装を持つ」フェラーリ812コンペティツォーネ。

この角度から見るとダークブルーもしくはダークグレーのようにも見えますね。

なお、フロントフード上のカーボン製スプリッターのエッジをイエローにペイントし、ブレーキキャリパーやホイールセンターキャップはイエロー、そしてタイヤはイエローのマーキングが入るピレリ・カラーエディション。

Ferrari-812-Competeizione (7)

ただし光が当たる角度によってはボディ表面にパープルが顔を出し・・・。

Ferrari-812-Competeizione (5)

強い光が当たるとパープル、そして影となっている部分はブルー、そしてグリーンっぽいカラーへ。

Ferrari-812-Competeizione (3)

パープルというだけでもかなりインパクトがありますが(フェラーリにパープルはかなり珍しい)、そのうえ「カラーシフト」。

Ferrari-812-Competeizione (4)

フェラーリ812コンペティツォーネはかなり抑揚の効いた、そして込み入った造形を持っているため、カラーシフト効果がより強く発揮されているようにも見えますね。

Ferrari-812-Competeizione (1)

カラーシフト塗装は安くない

上述の通りカラーシフト塗装に対応した自動車メーカーは少なくはなく、比較的早い段階から取り組んできたのがマクラーレンで、このカメレオンペイントのオプション価格は500-700万円くらいだと言われています(今はもっと値上がりしているかも)。

カラーシフト塗装を持つマクラーレン・エルバが競売に!塗装面積が広いだけにその効果は絶大、予想落札価格は3億7000万円
カラーシフト塗装を持つマクラーレン・エルバが競売に!塗装面積が広いだけにその効果は絶大、予想落札価格は3億7000万円

| このカラーを持つマクラーレン・エルバははじめて見た |この記事のもくじ| このカラーを持つマクラーレン・エルバははじめて見た |そもそも、エルバの売り物自体が非常に少ないボディカラーは高額な「カラ ...

続きを見る

そしてランボルギーニも同様のペイントを導入しています。

【動画】そのオプション価格620万円!ランボルギーニの工場から出てくる「カメレオンカラー」のカウンタックLPI800-4の破壊力が強すぎた
【動画】そのオプション価格620万円!ランボルギーニの工場から出てくる「カメレオンカラー」のカウンタックLPI800-4の破壊力が強すぎた

| まさかランボルギーニ・カウンタックLPI800-4でこのカラーを選ぶ人がいようとは |この記事のもくじ| まさかランボルギーニ・カウンタックLPI800-4でこのカラーを選ぶ人がいようとは |実際 ...

続きを見る

ポルシェだと「クロマフレア」という名称にてこのカラーシフト塗装を用意しており、これを選ぶと「1000万円以上」のコストがかかるもよう。※ポルシェにおいて、もっとも高価なオプションらしい

【動画】え?このボディカラーが1300万円?合計1840万円のオプションが装着されたポルシェ911ターボSが5320万円で販売中
【動画】え?このボディカラーが1300万円?合計1840万円のオプションが装着されたポルシェ911ターボSが5320万円で販売中

| 最近のポルシェは「最低でも数百万円」のオプションを考慮しておかねば購入できない |この記事のもくじ| 最近のポルシェは「最低でも数百万円」のオプションを考慮しておかねば購入できない |もっとも高価 ...

続きを見る

フォードだと「ミスティクローム」と呼ばれ、やはり1000万円オーバーのオプションです。

今回のフェラーリ812コンペティツォーネのペイントにつき「どれくらいの」価格なのかはわかりませんが、「推して知るべし」なのでしょうね。

世界に一台、見る角度によって色味の変わる「ミスティクローム」塗装を持つフォードGT。そのオプション価格は1100万円

| それでもこの外観、「世界に一台」の希少性が手に入るなら安いかも | フォードGTにオプション設定される、「見る角度によって色味が異なって見えるペイント」、ミスティクロームを選択したオーナーが登場。 ...

続きを見る

そのほか、フェラーリ本社近郊にはこんなクルマが走っている

そしてVarryx氏はこのほかにも様々なフェラーリを動画に収めていますが、こちらはグレーにイエロー/ブラックのストライプが入る812コンペティツォーネ。

Ferrari-812-Competeizione (11)

リアだとこう。

Ferrari-812-Competeizione (10)

フェラーリらしいロッソの812コンペティツォーネ・アペルタ。

Ferrari-812-Competeizione (9)

こちらは超シンプル、シルバーとカーボンという組み合わせの812コンペティツォーネ。

これら車両は製造が完了し、顧客へと引き渡す前に点検を行っている段階にあるものと考えられ、つまり現在フェラーリは「812コンペティツォーネ(アペルタ)の生産を集中的に行っている」ということになりそうですね。

Ferrari-812-Competeizione (6)

そして謎のSF90ストラダーレ。

SF90ストラダーレにはスペシャルモデル「VS」が追加されると言われますが、現時点ではなんら確定情報がない、という状況です。

Ferrari-812-Competeizione (8)

フェラーリ本社近辺にて、カラーシフト塗装の812コンペティツォーネを捉えた動画はこちら

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5